犬山城

更新日:2018年12月7日

1469年に織田広近が建てた砦がその始まりとされています。天守に関しては1537年または1601年に建てられたと言われており、現存する天守の中では最古のものになります。

江戸時代は尾張徳川藩の付家老・成瀬家の居城であり、明治になって廃城処分となりましたが天守は残され、現在国宝に指定されています。木曽川沿いの小高い丘上に佇むその美しい姿は中国の黄河沿いに佇む名城に倣い「白帝城」とも称されます。

基本情報

読み方 いぬやまじょう
別名 白帝城
住所 愛知県犬山市犬山北古券65-2
電話番号 0568-61-1711
公式サイト http://inuyama-castle.jp/
城郭構造 平山城
天守構造 複合式望楼型 3層4階地下2階
築城主と築城年 織田広近 1469年
主な城主 成瀬氏・織田氏
廃城年 1871年
営業時間 9時~16時30分
定休日 年末年始
入場料 一般500円 小中学生100円
駐車場
アクセス 名鉄犬山駅または犬山遊園駅より徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●犬山城を一言でいうと訪れてみた良かったということです。それは、やはり国宝に指定されているだけのお城であるということが言えると思います。戦国時代に建てられたお城がそのままの形として今日に残っており、その天守閣に入ることができるというのはとても面白いことだと思います。コンクリートで建てられた天守閣とはもちろん異なり、階段を登る度に軋む音が良いと思います。この様な空間は他のお城では味わえないので訪れて良かったと思えます。天守閣にたどり着くまでには城下町も整備されています。子供さん連れでも喜ばれることと思います。こちらの犬山城が良いところは、天守閣からの眺めがとても良いこともその理由の1つです。まさに気持ちの良い見晴しであり、訪れた観光客の中には、その爽快な眺めを目の当たりにして思わず綺麗!と口にされる方もいらっしゃいました。

20代女性

●●犬山城は川沿いの丘の上に建つ砦のようなお城です。日本に現存する最古の天守とのことで、重厚な趣あふれるお城でした。まず、天守閣に至るまでは丘の急斜面を登らなければなりません。大きな木々がうっそうと立ち並ぶ中に犬山城がそびえる姿は、大きくはなくとも威厳に満ちあふれ、「城に訪れた感」がひしひしと伝わってきます。天守は日本最古というだけあり、柱組みや石造りに時代が感じられます。多くの人に触れられてきたのを感じさせる木の照りも素晴らしく、昔の建物らしく階段の急角度が丘を登って来た足に重い負担になりますが、それさえも天守を征服する快感に変わります。最上階まで登り終えると、そこから見えるのは城下町の景色!川の流れも眼下に広がり、非常に気分が高揚します。ただ、欄干は低く若干床が外に向かって斜めになっているので、調子に乗って身を乗り出すのは辞めた方が良さそうです。ガイドの方の案内も親切で、歴史を感じる素晴らしいお城でした。

30代男性

●●犬山城は、岐阜県と愛知県の県境、犬山市に現存するお城です。木曽川沿いの山の頂上に建築されており、晴れた日の城内からの眺めは格別です。天守閣の外周を歩くことができるのですが、古い木床なこともあって少し怖かったです。城内部は小さな作りですが、昔ながらの木組みの築法や敵を撃退するための返し戸など、非常に凝った作りになっており一見の価値あり。難点は、入り口が極端に狭いことでしょうか(汗)。頭をぶつけそうなほど狭く急な階段が広がっていたため驚きました。また、周辺は城下町の観光名所として知られており、古風な民家や茶屋、食事処が数多く存在しています。休日には地元の家族連れや観光客などでいつも賑わっています。専用の駐車場も完備されており、1日楽しめる観光名所ではないでしょうか。個人的には、特産の漬物である守谷漬がお勧めですね。

●●国宝犬山城は、天守閣がそのまま現存している貴重なお城で、お城に入ると当時の雰囲気を体感することができます。日本最古のお城なだけあって、中はそのままの急な階段になっていますが、それがまたいいです。石垣や石落としなどをみると、当時の戦いの様子が目に浮かんできて、歴史を感じました。まさにお城や歴史が好きな人にとってはたまらない魅力的なお城だと思います。天守閣の中が近代的に造りかえられているお城が多い中、犬山城は決して派手ではないですが、そのままであることが何より素晴らしいです。天守閣の上からの眺めも素敵で、木曽川の雄大な流れや犬山の街並みをみることができます。名古屋城ほど観光客も多くないので、静かにゆっくりとお城を楽しむことができました。

30代女性

●●私は名古屋在住なので、犬山城には数回行きました。とってもきれいなお城で、しかも木曾川が真下にあるのでロケーションもばっちりです。写真を撮りたい人には最適の場所ですね。最初はのんきに上っていたのですが、けっこう中の階段が急で息が切れてしまいました。あがり切って絶景を楽しんでいた時、ふと下を見たのが運のつき。もんのすごい勢いで木曾川が流れているのが分かるんです。その瞬間、わけもなく恐怖に襲われて「もう降りる―」と叫んでしまいました(笑)。べつに高所恐怖症じゃないのに、リアルに足がすくんでしまいました。見ないとわからないかも。犬山城周辺は観光する場所もたくさんあり、温泉もあるので名古屋から1日観光するにはちょうどいい距離じゃないかと思います。小さくても無骨な形がいいお城ですよ。

●●犬山駅から徒歩15分のところにあるこじんまりとしたお城です。お城の規模はそれほど大きくはありませんが、日本で現存する最古の天守を持つお城で、歴史を感じることができるのがおすすめです。入り口までは、クネクネとした道を歩きます。入り口を入ると目の前にはものすごい傾斜の階段が現れます。これらは、敵の侵入を防ぐために昔の人が考え出した知恵なのです。床は隙間から下が見えたり、ミシミシと音を立てますが、この古さこそが犬山城の魅力です。当時の雰囲気がそのまま味わえるお城は、なかなかありませんよ。一番上まで上ると素敵な景色を楽しむことができます。目の前には雄大な木曽川が流れていて、天気が良ければ御嶽山も見ることができます。天守の欄干は、とても低いのでスリル満点です。犬山は温泉もあり、他にも観光する場所がたくさんあるので、おすすめですよ。

●●犬山市北部、岐阜県との境目に流れる木曽川ほとりに佇む古城。犬山城内部には一般客が入ることができる。一番上の階までには内部の階段を上っていき、最上階のベランダのような箇所に着くと、そこからは犬山市内及び岐阜県側の眺めを楽しむことができる。周りに高い建物があまりないため見晴らしが良い。犬山城内部には戦国時代のオブジェが並んでおり、こちらも見ごたえたっぷり。犬山市内には所々昔の風情ある建物や景色、文化が残っているため、犬山城とともに訪れるのもおすすめ。遠足で訪れる子供が多く、地元の人々にとってはただのお城という位置付けで見られることもあるものの、レプリカが多い城の中で現存する数少ない城とのこと。基本的にいつでも落ち着いた眺めを楽しめるものの、木曽川の川の色が綺麗だと城も相まって綺麗な景色を楽しめた。

40代男性

●●私にとってずっと訪れてみたかったお城といえば、こちらの犬山城です。どうしてかというとそれは言わずと知れた国宝に指定されているお城だからです。犬山城には公共交通機関を使ってアクセスしましたが、何不自由なく現地にたどり着くことができました。最寄駅からはほど良い距離で道中には城下町もあって雰囲気を盛り上げてくれました。城下町を歩きながら天守閣に向かって歩くというのがまた気持ちのよいものであったと思います。天守閣はというと決して大きくはないのですが、創建当時のままということでここまで来てよかったと思える姿でした。実際に天守閣の中に入ってみるとかなり急な階段があって、ミシミシという音も聞こえてまさに当時の天守閣を味わうことができます。それだけ魅力のお城であって、観光客も多いです。決して訪れてみて損をしないお城であったと思います。

40代女性

●●木曽川沿いから犬山城へ向かったため、お城の建物以上に、高さを感じました。建物の中は、柱や梁などが古いため、重厚感があります。そのため少し薄暗く感じます。階段も大変急で、手すりを離すことはできませんでした。最上階の4階ですが、今まで通ってきた1階~3階と違って、一気に開けた感じがしました。一間になっていて、赤いじゅうたんが印象的でした。歴代の城主の肖像画が飾ってありました。お城を守ってきたという歴史を感じます。4階には、今でいうベランダのようなものが付いています。子供は保護者同伴でないと行くことができません。しかし、木で作ってあり、なんとなく外側が少し下がっている感じがし、私は怖くて出られませんでした。木曽川の川岸に建っているので、そこからの眺めは、きっと素晴らしいと思います。ベランダのようなものへ出なくても、窓から見た景色は、十分に楽しめました。

●●愛知県犬山市にある犬山城をご紹介します。個人的には、日本のお城の中で、一番好きなお城です。とにかく、小さいながら、高台に凛として、そびえています。秋に出かけられるとさらにいいです。黄色い落ち葉が落ちていたり、近くには川まで流れています。天守閣に登ると、田んぼの広がる平原が見渡せます。安土桃山時代のお殿様が見たであろう景色が想像できるような気持ちになります。現代にいながら、タイムスリップしたような気にさせてくれるお城です。近くには、明治村があり、こちらも古き良き日本をほうほつとさせてくれます。明治村をまわられて、明治を感じつつ、疲れますが、犬山城まで足を延ばすと、更に、ノスタルジックになり、日本がいとおしくなるのです。是非、お勧めします。名古屋から、名鉄でこの明治村、犬山城まで行くことができます。

50代男性

●●さすが国宝犬山城だと思いました。わたしは、ふもとの猿田彦神社と三光稲荷神社を参拝して御朱印を頂いてから犬山城を見学させていただきました。修繕はされていますが、現存する日本最古のお城ですので入り口もせまく階段も急になってます。展示品を見ながら階段を上がって行くと、そんなに高くないイメージでしたが天守閣に登ると高いですね。わたしは、高所恐怖症なので天守閣の窓から外に出ることは出来ませんでしたが普通の方はとても気持ち良いのではないでしょうか。身長の高い方などは、頭を打たないように注意が必要です。天守閣までの見学を終えお城から出て少し公園のようになっている茶店で抹茶をいただき、お城の当時を妄想して少し楽しみ城下町のお土産屋さんなどを散策しました。当時の呉服屋さんだったお屋敷を見学させていただいたりと楽しめました。

50代女性

●●木曽川沿いの、こんもりと小高い山の上にそびえ立つ美しいフォルムは、日本の中に数ある名城の中でも、ひと際、美しいお城ではないかと思います。国宝に指定されており、白帝城と呼ばれる別名も、その姿そのものだと、しみじみ思わされます。1469年に織田氏が建立し、天守は1537年とも1601年ともいわれる建立だそうですが、現存する天守の中では最古のものだということで、実際に階段や廊下を登ったり歩いたりすると、感慨深いものがあります。また、天守閣の最上階にある廻縁(まわりえん)を歩くと、すこし怖いですが、濃尾平野の見事な展望が楽しめます。気持ちのいい風に吹かれて見渡すと、遠く彼方に名古屋城や、様々な建物の姿も見ることができます。本当に何度も訪れたい、お城の1つです。まだご覧になっていない方は、ぜひ1度、訪れてみてください。

●●国宝のお城は現在5つしかないそうですが、その中の一つが犬山城だということは、あまり知られていないかもしれません。確かに姫路城の華やかさや松本城のような規模はないかもしれませんが、山城である犬山城には景色の良さがあります。すぐ北側に木曽川が流れ、川の反対岸から望む犬山城はとても美しいので車で行かれる時などはぜひ見に行ってみてください。もちろん、天守閣に登って最上階から見る景色も最高でした。ゆったりとした川の流れと遠くに見える山々を見ていると時間を忘れてしまいそうでした。注意するのは近場にそれほど駐車場がないこと、電車で行くと最寄りの駅から15分位かかること、そして、お城にはつきものですが階段が急なことなどでしょうか。小さなお子様やお年寄りには少し大変かもしれません。でも、駅からの道筋は城下町になっていて、お店などもあるので、季節のいい時ならお散歩がてら楽しめるのではないかと思います。

60代~男性

●●愛知県犬山市にそびえ立つ、戦国のお城で有名。犬山城へは名鉄犬山線の「犬山遊園駅」から徒歩15~20分です。木曽川の水面に映る逆城を見れる機会もあります。主道路から旅館が続き、城下には、土産店があります。城内は、茶店や観光マップなどが設置されるスペースを抜け中御門跡をとおるとものすごく急な城の階段が現れます。戦国の城なので当然でしょうが身長165cmの私でもところところ頭をぶつけてしまうこともあります。当時の人は現在より小柄であったこと、ところところに武器の隠し棚みたいな作りになっていることが戦いの空間に我々をいざないます。天守閣に上がるとさっと汗が引くさわやかな風と木曽川周辺、岐阜、名古屋までぐるっと見渡せる絶景に目を奪われます。この眺望を見ているうちに天下を目指したくなる気持ちも理解できるかもしれません。他の大きな城でもなく、武骨で機能美の小城ですが、何回か足を運びたくなる、一度は見て感じてみたい城のひとつである。

60代~女性

●●犬山城は日本の名城100の一つであり、天守閣が現在でも残っている12の城のうちの一つでもあります。歴史的には、織田信長の叔父が築城し、その後は、織田家、豊臣家、徳川家と時代と共に城主が変わり、江戸時代に入ってからは徳川家の家臣である成瀬家が城主を務めたことから、明治時代に入った後も成瀬家が個人所有の城として保存してきたものです。小高い丘の上に建てられたこの城は、後ろに木曽川が流れている地形を利用し、守りが固められています。犬山の古い町並みから見えるこのお城は、ほんの数分山道を登り到着し、靴を脱いで上がった中は、はしごのような階段が4階まで続き、石落としの窓や、石垣の様子なども見て取れます。最上階の4階には歴代の城主の肖像があり、その部屋から外に出ると、ぐるりと回れる縁側があります。欄干は非常に低く、スリルたっぷりですが、木曽川や、犬山の景色が実に見事に広がります。春の桜の季節は、特に素晴らしいです。

●●ゴールデンウイークに訪れました。天守閣に上がる階段がとても急で、なかなかハードなものを感じました。しかし、登り切ったところでみられる眺めは格別なものでした。また、犬山城周辺は、城下町として整備されています。そして、食べ歩きやショッピングを楽しむのには絶好のスポットだとも思いました。観光客も多く、ピークの時には、天守閣への階段を登るのに1時間くらいかかるそうです。でも、そのくらいの時間をかけて登っても、時間をかけただけの価値があるところだと思います。すぐそばには、犬山温泉の観光ホテルがあります。そこにも宿泊したんですが、のんびりと時間を過ごすには良いところだと思いました。電車を利用して訪れたんですが、付近の駐車場は、ピークの時には満杯になってしまうそうです。電車で訪れたほうがゆっくりと楽しむことができるところだと思います。

ページの先頭へ