岩崎城

更新日:2018年12月7日

築城の詳細は不明ですが、おそらく織田信秀(信長の父)により築かれたのではないかと言われています。1529年に松平清康が侵攻し奪取、その後、清康が横死すると丹羽氏清が入城し、以後、丹羽氏の居城となりました。

豊臣秀吉と徳川家康の間で行われた小牧・長久手の戦いで緒戦となった「岩崎城の戦い(1584年)」で需要な役割を果たし、1600年の丹羽氏次の移封に伴い廃城となりました。1987年に模擬天守が展望塔として建てられました。

基本情報

読み方 いわさきじょう
別名 ×
住所 愛知県日進市岩崎町市場67
電話番号 0561-73-8825
公式サイト こちら
城郭構造 平山城
天守構造 模擬3層4階
築城主と築城年 不明
主な城主 織田氏・松平氏・丹羽氏
廃城年 1600年
営業時間 9時~17時
定休日 月曜日(祝日の場合は開館)
入場料 無料
駐車場
アクセス 「御岳口」バス停より徒歩3分
「岩崎おんたけ口」バス停より徒歩3分
「岩崎」バス停より徒歩3分
「六坊」バス停より徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●岩崎城は自然のたけの山の中にあり、まず空気がきれいです。夏に岩崎城に行くと蚊がものすごく飛んでいます。ですが、岩崎城歴史記念館の隣から見る景色はとても最高です。駐車場もあって、お出かけには最適です。こじんまりしたお城なので、お城マニアにはすごくいいと思います。わたし的には、夜に岩崎城を見るのがすごくオススメだと思います。わたしは幼稚園の時にも爆弾おにぎりを持って、自分で作った鎧かぶとを着て岩崎城に行きました。その時も、味があってすごくいいお城だなあと思った記憶があります。家族でくるのもお子さんの社会勉強にもなっていいと思いました。わたしは結婚してからもまた行きたいと思います。地元にこんな自然のなかにあるお城があることが誇りです。見晴らしがいい景色が好きな人は是非、来てみるととてもいいと思います。

30代男性

●●岩崎城は愛知県日進市にある城です。現在は公園になっており模擬天守が建っています。平坦な土地が広がる場所で少しだけ高い丘の上に建つで平山城です。この城の有名な話は、小牧長久手の戦いでしょう。織田信雄・徳川家康連合軍と羽柴秀吉軍との戦いで、岩崎城は家康側の氏家氏が守っており、そこへ羽柴軍の池田恒興らが奇襲をし落城させた。(岩崎城の戦い)これが長久手の戦いでの決戦の火蓋を切る戦いとなり、その後色金山一帯で起こる大きな戦いへとつながっていきます。と歴史的な価値も見せる岩崎城ですが、現在ではそんな姿は微塵も感じさせない、住宅街にある公園の中に建つちょっと変わった大きい建物(歴史資料館)みたいになってます。周辺の人は公園への利用のために訪れることが多いようです。駐車場も整備され春には桜もきれいに咲き、市民の憩いの場所となっています。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●名古屋市の隣、日進市にあります。幹線道路沿いにあるため、車を走らせていると、突然この城が現れ、一瞬戦国時代にタイムスリップしたように感じます。織田信長の父・信秀により築城されましたが、小牧・長久手の戦いの時には、徳川家康側の丹羽氏の居城として、羽柴秀吉の進攻阻止にあたり落城したことで有名です。当時の城郭は残っていませんが、昭和60年代に、住民の尽力によって復元され、城址公園として整備されています。高台にあるため、城からの展望は一見の価値があります。園内には、歴史記念館、二の丸庭園や、当時の遺構として土塁・空堀等があり、静寂の中、散策をしながら、往時を偲ぶのは最適です。また、周囲には、小牧・長久手古戦場公園をじめとする史跡が散在しており、併せて訪れることをお勧めします。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ