朝日新聞 名古屋本社

更新日:2018年12月7日

名古屋本社では、夕刊の制作の時間帯に合わせた会社見学をすることができます。見学では、ビデオの視聴で会社の概要を学んだあとは、新聞の紙面の内容を決める編集局の見学をすることができる内容となっています。また、新聞づくりを体験する時間も設けられており、製作した新聞は見学記念新聞としてもらうことができます。

基本情報

読み方 あさひしんぶん なごやほんしゃ
住所 愛知県名古屋市中区栄1-3-3
電話番号 052-221-0362
公式サイト こちら
見学内容 編集局の見学や新聞作り体験など
見学料金 無料
見学可能日時 平日:11時~、13時~
見学可能人数 2~15人
対象年齢 特になし
予約方法 電話
お土産 見学記念新聞
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 60分
駐車場
アクセス 【電車】地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅7番出口より徒歩5分
JR名古屋駅より徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●私は教員として生徒の社会見学の引率として体験してきました。こちらは1時間程の見学コースが予め設定されております。まず本社入口で記念撮影。そして簡単な会社説明の後で社内をぐるっと見学しました。この時はお昼過ぎの時間に参加しまして、編集部では忙しく夕刊の記事を作成しておりました。テレビモニターがあちこちに設置してあり、各放送局の映像が映し出され、こういったメディアの情報も随時確認しているとの事。そしてこの時はカメラマンが帰社しているとの事で、普段使用しているカメラについて説明してくださいました。この方はよくナゴヤドームに出向き、中日戦での写真をよく撮っているとの事で、とても長い望遠レンズのついたカメラを実際に覗かせてくれました。そして最後に記念新聞のプレゼント。本日の夕刊の記事に入口で撮った写真を当てはめて記念新聞を作ってくださいました。とても貴重な話が聞けて勉強になりました。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●新聞社内の見学をしました。最初に映像で会社や仕事内容を見ました。その後、編集局の社内見学をしました。見学者を案内する方が丁寧に仕事の様子を教えてくれました。社会部などの記者さんが取材をして記事に起こす様子や突発的な事件事故の情報を時間と戦いながら記事にしている様子を見ることができました。社内は忙しくバタバタとしているのかと思いましたが、意外と静かでした。仕事に集中をして読者にわかりやすい記事作成をしているのだと思いました。そして、実際にパソコンを使って記事を紙面にする体験をしました。これがとても面白かったです。見出しをつけたり、出稿される記事を入れ込んだりと新聞紙面はこんな風に作っているのだということがわかりました。これは見学をして体験してみないとわからないことです。自分で作成した紙面は記念としてもらいました。私は新聞を読むことが好きでしたが、この見学に参加をして、今までとは違う角度からさらに興味深く新聞を読むようになりました。一緒に参加をした子供もとても楽しかったようで、参加後は新聞を自分から読みたがるようになりました。将来は新聞記者になりたいと言っています。いい経験をさせてもらいました。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ