にっぽんど真ん中祭り

更新日:2018年12月7日

名古屋市で8月末に行われる「よさこい」のイベントで、通称「どまつり」ともいいます。北海道で行われる「YOSAKOIソーラン祭り」に参加する、名古屋の学生チームが平成11年(1999)に開始。今や毎年210万人を動員する有名な祭りに発展しました。観覧席なども設置しつつ、観る人も全員参加することを目指しているとか。全国の「総踊り文化」の火付け役ともいえるでしょう。

基本情報

読み方 にっぽんどまんなかまつり
開催日時 8月末の3日間
開催場所 愛知県名古屋市・安城市・春日井市・東海市(久屋大通公園など計20会場)
電話番号 052-241-4333(にっぽんど真ん中祭り文化財団)
公式サイト http://www.domatsuri.com/
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】名古屋駅・栄駅・大須観音駅などから徒歩数分

口コミと評判

20代男性

●●にっぽんど真ん中祭りは愛知県でもっとも規模の大きいお祭りで、名古屋の栄で複数日にわたりあります。昔ながらの和太鼓やソーラン節から色々団体やグループのダンスパフォーマンスが栄の各地で一斉に行われて、すごい熱気と盛り上がりがあります。特に中央の舞台でのパフォーマンスは非常に目立つのでダンスなどもクオリティが高く圧倒されます。パフォーマンスなど意外にも、名古屋や各地のご当地露店、祭りならでの屋台もたくさんあり1日中楽しめます。一番の特徴はストリートや道路で普通にパフォーマンスなどがあるので、一緒に参加してたのしめるも醍醐味です。沢山の団体やグループにより成り立ってる祭りなので、熱意と本気さが伝わる祭りになっています。

20代女性

●●まだ歴史の浅いお祭りでしたが、名古屋市の中心地である栄が開催地の中心ということもあり、参道を埋め尽くすほどのかなりの人が集まるお祭りでした。よさこい踊りのコンテストは非常に活気があり、それぞれのチームが個性的でド派手な衣装に身を包み、これまたド派手で個性的な躍動感あふれる踊りを披露していました。学生を中心とした若々しいチームから子どもが中心の可愛らしいチーム、年配の方たちが中心のチームと様々なチームがいるので長時間見ていても飽きることなく、踊りに参加していなくても見ているだけで充分楽しめました。ただ、愛知県の夏は噂に聞くとおり非常に蒸し暑く、水分をこまめにとりながら、冷房の効いた店舗を覗きながらでないと熱中症になってしまいそうでした。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●8月後半あたりの3日間で開催される名古屋を代表するお祭りです。開催されてまだ18回なので古くからのお祭りではなく新しいお祭りです。内容はとにかく賑やかです。栄周辺の道路を通行止にし参加型パレードが華やかに行われます。バサラや盆踊り、太鼓など形は様々でどのチームもかなり完成度が高く見ていて本当に楽しいです。パレードの審査もあるので、踊る側のモチベーションもかなり高い気がします。写真コンテストも行われているのでカメラが好きな方は絶対に楽しいと思います。にっぽんど真ん中祭りではグルメも楽しめます。久屋大通公演ではグルメパークが開催され、日本各地のご当地グルメがたくさん出店されています。お祭りを楽しんで、美味しいご飯を食べれて本当に最高です。私は名古屋に引っ越してきて、このお祭りを知ってから毎年参加しています。ただ、すごい人混みなのである程度覚悟は必要かと思いますがオススメです。

40代男性

●●「にっぽんど真ん中祭り(どまつり)」とは、1999年より開始された名古屋版よさこい踊りの祭りです。名古屋市内を中心に十数ヵ所に演舞ステージがあり、参加チームはそのうちの6箇所を巡ります(審査ステージ・メインステージは全チーム演舞します)。また、他に通りを通行止めにして、進みながら演舞する「パレード」も勇壮におこなわれます。参加チームは名古屋市内や近郊のチームが多いですが、中には遠方からの参加チームもあり、東北地方からの参加もあるなど、歴史の浅さの割には名前の知られた祭りであると言えます。各チームは、派手な衣装と統一された小道具、オリジナル曲などを用意して参加します。オリジナル曲には、「参加する地元にちなんだ民謡等を含める」ことが条件とされており、楽曲の事前審査もあります。あとは、フルコーラスでなくとも必ず鳴子を持って踊ることが参加の際のルールで、比較的ハードルは低いです。祭は金曜日の前夜祭(昨年の優秀チームが演舞)、土曜日と日曜日は参加チームの演舞、日曜の夜は今年の優秀チームの演舞があります。どの参加チームの演舞も勇壮な踊りを見せてくれますが、特に勇壮な踊りを見たい場合は日曜の夜ということになります。ただ、お気に入りのチームを見つけ、6箇所の演舞を見て回る、という楽しみ方もオススメです。参加者も観客も一緒になって楽しむのがどまつりの魅力です。是非、自分なりの楽しみ方を見つけ、ご覧になってみてください。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●名古屋の繁華街の中心地である栄周辺で行われるお祭りです。日本古来のお祭りと言うよりは、”カーニバル”、”ダンスコンテスト”と言ったほうが、イメージしやすいでしょうか。開催期間中は、ものすごい人ごみで、メインストリートは歩くのも体力を必要とします。人ごみを避けようと、細い道を選んで歩いていると、”仮装集団か?”と思われる一団をよく見かけます。もちろん、踊りの参加チームなのでしょうが、異様な光景でした。高速道路の高架下の公園なども、ダンスチームが衣装の準備や、ダンスの練習にいそしんでいます。私などはいい歳なので、ちょっと疲れてしまう祭りでした。来年来るとしたら、久屋大通公園一か所にじっとしているほうが賢いかな、と思います。注意点としては、名古屋・栄近辺の食べ物屋は、土日は大変混雑しています。ファーストフードやコーヒーショップも10人待ちがざらです。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ