INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館

更新日:2018年12月7日

こちらでは紀元前から現代までの幅広い歴史の中から、今まで使われてきたタイルを多く展示し、装飾タイルについて学ぶことができます。展示室では、その時代にあった雰囲気のデザインがなされているため、館内自体がとても芸術的な造りとなっております。また、ものづくりなどが体験できる場所もあるので、実際に触れることもできます。

基本情報

読み方 いなっくすらいぶみゅーじあむ せかいのたいるはくぶつかん
住所 愛知県常滑市奥栄町1-130
電話番号 0569-34-8282
公式サイト こちら
営業時間 10時~17時
休館日 第3水曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
入館料 大人600円 高大生400円 小中学生200円
年間パス なし
駐車場
アクセス 知多バス「INAXライブミュージアム前」バス停から徒歩2分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●知多半島の常滑市にあるトイレの便座で有名なINAXの博物館です。便座で有名な企業だけに、世界中のトイレや日本のトイレの歴史などか展示されていてとても面白いです。また体験コーナーなどもあり予約制ですが、光る泥だんごを作ったり他にも様々な体験できます。またミュージアム内には各国各文化の特徴的な柄のタイルが飾られていて、まるで美術館のようでとても綺麗です。何度行っても楽しめる場所だと思います。建物自体も比較的新しく綺麗なので利用しやすいです。便座のメーカーなのでトイレは最新でとても綺麗です。是非利用してみてください。しかし常滑駅からは少し距離があるので車で行った方が便利だと思います。常滑市自体陶磁器で有名な街なのでいたるところに常滑焼のお店があります。海が近く山も近くにあるとてものびのびとした場所です。最近ではAEONMALLやコストコが近くにオープンしたので車があればかなり楽しめます。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●世界のタイル博物館は、日本で唯一タイルに特化した博物館です。世界各国の美しいタイルが並んでいました。古代のタイルなのにとても美しく宝石のようなものもありました。私は、主人と娘と行ったのですが、娘は夢の国のように感じるほどキレイだと言っていました。タイルにも世界各国それぞれだし、時代によってもいろいろな物があることを初めて知り、私も勉強になりました。同じ敷地内に他にも、タイルを焼くための窯の資料館があったり、タイルでモザイクアートが楽しめる施設があったりしました。私たちは、土・どろんこ館というところで、光るどろだんご作りを体験しました。粘土の球を削り真丸くピカピカに磨く作業は、童心に返りすごく楽しめました。子供も大人も、光るどろだんご作りは楽しめると思います。もちろん、自分で作った光るどろだんごは持ち帰ることができるのでいいお土産にもなりました。同じ敷地内におしゃれなレストランもあり、予約もできるのでランチに困ることもなくよかったです。またぜひ行って、次はモザイクアートにチャレンジしたいと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●中部国際空港そばのホテルに宿をとり、常滑観光をした際に立ち寄りました。「体験・体感型ミュージアム」と銘打つだけあって、なかなか充実した博物館だと思いました。そもそも常滑といったら「焼き物」の街。博物館の敷地内にある「窯」は風情があるなと思っていたら、建築は1921年(大正10年)とのこと。歴史を感じさせます。メソポタミアから現代に至るタイルの数々を展示したという「世界のタイル博物館」も見応えがありました。残念だったのは、ちょっと遅目の入場だったので、ワークショップや体験教室に参加できなかったことです。どうやら「やきもの散歩道」で時間を取り過ぎてしまったようです。いろいろチェックしてみると、常滑はソニーの故・盛田氏の出身地という酒造があったり、巨大な招き猫の像、それに明太子工場が見学できる「めんたいパーク」等があったり見どころが少なくありません。中部国際空港からは、サミット開催で話題の伊勢志摩方面に向かう高速船もありますし、海上空港ならではの観光基地となっているのだと実感した次第です。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ