小牧市温水プール

更新日:2018年12月7日

7つのプールと3本のスライダーが楽しめる愛知県小牧市のレジャープールとして人気の「小牧市温水プール」。スリルと爽快感を味わいたい方には全長105mある「ウォータースライダー」にぜひチャレンジしてみてください。浮き輪に乗って左右にバンクする「渓流スライダー」はトンネルに入り、建物の外へと伸びたスロープから屋内着水プールへ流れ落ちます。

基本情報

読み方 こまきしおんすいぷーる
住所 愛知県小牧市野口2394-3
電話番号 0568-78-0102
公式サイト こちら
営業期間 通年
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日
営業時間 10時~20時(日によって異なる)
入場料 大人520円 小中学生210円
年間パス なし(回数券ならびに定期入場券あり)
駐車場
アクセス 味岡駅から市巡回バスで20分

混雑予想と攻略法

執筆中です!

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●小学生のときによく行っていた温水プールです。35歳になって、それこそ20数年ぶりに訪れました。施設は当時と何もかわっていないという印象でした。しかし、込み具合がすごい!夏だしそこそこ混むだろうと思い、15分前に行ったのですが、すでに長蛇の列!しかも、券を買う列と、プールの列がバラバラなので、行く方は手分けして並べるようにしたほうがよいかと思います。更衣室は昔と変わらず。プール自体もそれほどかわっていないように思いました。このプールは家族づれ、小学生~中学生が多いという印象を受けました。スライダーのような滑り台は、小学生からでないとできないので注意です。幼児は流れるプールと、海をイメージしたプールで遊ぶとよいと思います。それだけでも楽しい。大人も子供も。一応幼児用の浅いプールもありますが、こちらは滑り台を少し滑ったら子供は飽きてしまうだろうと思いました。

30代女性

●●焼却施設の廃熱を利用した市営の温水プールです。こちらのプールは、市営とは思えぬほどプールの種類が充実しています。流れるプール、スライダー、波の出るプール、浮き輪に乗って滑る渓流スライダーは子供だけでなく、大人も楽しめます。もちろん普通の競泳用プールもあるので、体力作りのためにもくもくと泳ぎたいという方にもおすすめです。夏場は、大変人気なので、混雑時には入場制限が行われます。ネットで混雑状況を確認することができますので、確認をしてからお出かけすることをおすすめします。休日ですと夕方が比較的入場しやすいようです。プールに入ることができない小さなお子様やその保護者の方には、受付・エントランス前に待合スペースがあります。ガラス張りになっていて、プールの様子を見ることができます。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●入場料が大人520円、子供が210円と格安の市営プールながら、短いものと長いスライダーに、2人で浮き輪にのって滑り落ちる渓流スライダーに、波の出るプールや流れるプールなど施設がとても充実しています。また、室内の温泉プールの為、一年中楽しむことが出来ます。特に、夏の期間は大人気で、入場券を買うのに並ぶことも多いです。中のプール内も混雑しています。ですので、夏の期間は、15:00時以降の入場がすいてくるのでお勧めです。夏限定で、流れるプールが広くなり、室外に出て、滑り台も楽しめます。象さんの滑り台がついた小さなお子様でも楽しめるプールもあります。プールを楽しんだ後は、飲食できるスペースもあります。監視員の数が多いので、子供連れでも、安心してプールを楽しむことができます。駐車場も、温水プールの前以外にも、歩いて行ける距離にたくさんあるので困ることがありません。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●こちらは、隣接するごみ処理場の排熱を利用した温水プールで、室温は32度、水温は30度に保たれており年間を通して営業しています。競泳用25メートルプール、夏場には外まで続く流れるプール、波のプール、子供用プール、サウナと2種類のスライダーまであり、大人520円、小人210円で楽しめるという、非常にお財布に優しい施設です。夏休みなどは非常に混みあいますが、それ以外は比較的空いており、のんびりと水の中をウォーキングしている方を多く見かけます。90センチまでの浮き輪は持ち込めますし、ビート板は自由に使うことが出来ます。市の施設らしく、50分泳いだら休憩時間となり、入水の前にはラジオ体操があります。休憩するベンチや、イスなども内外に置かれています。小牧市在住の方向けには、水泳教室や、アクアビクス教室なども開催されていて、これらは競泳用プールで行われています。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ