東山動植物園

更新日:2018年12月7日

1937年に約60ヘクタールの広大な敷地の名古屋市東山動植物園として開園しました。名古屋にある大人気の動植物園です。日本を代表する動物園である「上野動物園」や「旭山動物園」と同じように非常に多くの来園者を集めています。

人気のコアラやゾウ、キリン、ライオンや希少なクロサイ、スマトラトラなどの哺乳類、コンドルやワシ、フクロウ、ペンギンなどの鳥類など約500種13400頭羽の動物を飼育しています。自然動物館ではカメやワニ、カエルやオオサンショウウオなどの爬虫類や両生類がおり、世界のメダカ館ではメダカの生態をじっくりと観察することができます。

基本情報

読み方 ひがしやまどうしょくぶつえん
住所 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
電話番号 052-782-2111
公式サイト こちら
営業時間 9時~16時50分
休園日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)、年末年始
入園料 500円(中学生以下無料)
年間パス 2,000円
駐車場
アクセス 地下鉄東山線東山公園駅3番出口より徒歩3分
地下鉄東山線星ヶ丘駅6番出口より徒歩7分

混雑予想

普通の平日で混雑するということはほとんどありません。週末もストレスを感じるほどの混み具合になることはあまりないと思います。連休などの繁忙期でも、午前中の早い時間に訪れると混雑を比較的避けることができるのでおすすめです。

攻略法

冒頭の通り、日本では毎年2番目か3番目に多くの来園者を集めている動物園です。敷地面積はなんと約59ヘクタールもあり、遊園地や植物園・東山スカイタワーなどが併設されています。

大きなゾウやキリン、迫力のあるライオンやトラ・ピューマなど、非常に多くの動物が飼育されています。敷地がとてつもなく広いので、大混雑となることは稀ですが、もしゴールデンウィークや夏休みなどといった繁忙期に足を運ばれる場合は、事前に見たい動物がどこにいるかなどをチェックしておくと良いかと思います。

口コミと評判

20代男性

●●1年ほど前、名古屋市にある東山動植物園に行きました。ここの最寄駅の駅構内に、自分がいつも使っている音楽スタジオがあり、その練習ついでに、女の子の友達と行ってきました。友達がビーバーとか小動物が好きなので、主にそっち系を長く見てきました。

自分の印象に残っているのはアメリカンビーバーという生き物で、外見もかわいかったのですが、その生態に興味を持ちました。

当日読んだ解説文によれば、アメリカンビーバーは、土や泥で小川をせき止めて池を作り、そこを自分のすみかにするそうです。我々が子供の頃によくやった遊びを、ビーバーもやるんですね。

しかもそれで生活してるんだから、何だか可愛いなと思った記憶があります。アメリカンビーバー以外にも、かわいくて面白い生態の生き物が東山動植物園には沢山います。ぜひ今度行ってみてください!

●●大学2年生の頃、名古屋旅行のときにお世話になりました。話しに聞くに、昔は東洋最大の動物園だったとのこと。その情報に期待して実際に行ってみたが園内にあまり人がおらず、意外と寂れている印象でした。見学に行ったときは爬虫類展なるものがやっていて、そこでは普段お目にかかることのできない珍しい爬虫類をたくさん見ることができました。そのほかは特に珍しい動物がいるわけでもなく、良い意味でも悪い意味でもごく普通の動物園という感じでした。最後に動物園敷地内に高くそびえる東山動物園スカイタワーに登りました。値段も大人300円とそこまで高くなく、人もあまりいなかったのでなかなかのんびり楽しむことが出来ました。窓からはテレビ塔やナゴヤドームなどの名古屋ならではの有名スポットを眺めることが出来ました。名古屋に来たら是非とも足を運ぶことをおすすめします。

20代女性

●●夫と2歳児と行きました。駅から徒歩5分内と楽に行けて、入園料も大人500円と比較的安く楽しめる施設だと思います。動物園の他に小さいながら遊園地も併設されている他、園内をぐるりとまわるモノレールや、別途入場料はかかりますが展望台や植物園もあるので1日いても飽きないです。動物園は象やライオンといったメジャーな動物の他に何故かペンギンがいたりメダカ専用のコーナーもあったりとバラエティに富んでいると思います。夏場はナイトズーと言って通常夕方には閉まってしまう動物園が夜8時くらいまで開放されていて普段見れない動物達の夜の生活も楽しめるようになっているので、日中暑くて幼児を連れてでかけられない家族連れには特におすすめします。動物園内の各所に座れるようなスペースがあるのは嬉しいですが、飲み物や食べ物が売っているのが入口付近に密集しているのでもし何か買う予定があれば早めに買っておくことをおすすめします。

●●名古屋と言ったら、東山動物園!名古屋に出張があるタイミングを狙って、休みをとって遊びに行ってきました。東山といえば、コアラというイメージだったのですが、コアラ以外も充実していました。印象に残っているのは、トラ、マレーバク、オオアリクイ、カバなどです。園全体は昔ながらの動物園と言った感じですね。ところどころ施設が古かったりもしますが、それも味があっていいと思います。ボランティアのおじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃって解説をしていました。こういうところも素敵だなとおもいます。家族がお弁当持って来ている様子が微笑ましかったです。地下鉄からすぐなのでアクセスが良いのもよかったです。何回も通いたい動物園ですね。

●●園内はとにかく広くて、植物園やふれあい動物園、遊園地なども併設されています。私は一歳の子供を連れて行ったので2時間ほどしか入れませんでしたが動物園すら全ては見て回れなかったので、大人同士や大きい子供連れなら1日中楽しめると思います。動物はライオンなどメジャーなものからビーバーやフラミンゴなどマイナーなものまでいますが、ライオンや今話題のゴリラなどは順番待ちだったり人だかりになっています。他の動物を見るだけで十分楽しめますが、それらの動物を見たい方は早めに来園して先に見た方が良いと思います。食事は以前来たときは野外の出店のような所しかなかったように記憶していますが、最近屋内で食べられるファーストフードや広い休憩所が出来ていました。また現在フードコートを建設中のようでこれからさらに充実するようです。お弁当も良いですが、夏は外で食べるのも暑いしありがたいです。

30代男性

●●名古屋で動物園といったら、ここ東山動物園を指すと思います。市が運営しているので大人は500円・中学生以下はタダ・65歳以上は100円と安く施設も充実しています。中で、お昼を食べることも可能ですがもちろん弁当等の持ち込みも出来ます。椅子も多くあるので食べるところには困りません。ただ、車で来られる方は動物園近くの駐車場は高く天気が良い時はすぐに無くなるので注意が必要です。もちろん駐車場は多くありますが近くの駐車場から無くなるのでお金を払って遠くに駐車するリスクがあるので車より公共交通期間で来園することをお薦めします。動物園は、地下鉄の駅から近いので名古屋市内在住で駅近くに住んでいる方は地下鉄で来たほうが便利がいいと思います。また、東山動物園は夏は夜の開園することがあります。昼の動物園も楽しいいですが夜の動物園もまた違った面白さがあるのでお薦めします。

●●ものすごく好きというわけではありませんが、一般的な動物園がほとんどない東海三県のなかで、貴重な存在である名古屋のこの東山動植物園。ゾウやキリン、ライオンやコアラなどといった人気の動物たちもそろっているので、ここに来れば一通り動物園を満喫することができるかと思います。もしここがなければこの地方の子どもたち、大人たちはオーソドックスな人気動物たちを見る機会がなくなってしまうかもしれないので大切な場所です。東海地方の子どもたちの遠足ではここを訪れる園もとても多く、子どもたちは本当にここに来ることを楽しみにしています。おススメはコアラのソフトクリーム。普通のソフトクリームにお菓子などをくっつけてコアラの顔を模していますがとても人気があります。ふれあい動物園もあるのでヤギにエサをやったり、うさぎやモルモットを抱いたりすることもできるのでいつも子どもたちは大満足です。

●●地下鉄を降りて徒歩数分の、名古屋にある植物園です。同じ敷地内に動物園もあり、園内は1日では足りないほど楽しむことが出来ます。食事も園内で取ることが出来るので、必要な荷物も少なかったです。6年前に付き合いたての当時の彼女(現在の妻)と遊びに行きました。動物園はコアラの赤ちゃんが生後数か月の時期でとても可愛かったです。植物園は薔薇の通り、ハウスの中で自分の背丈以上の大きなサボテンがあったりと珍しい植物が多かったです。この数年後にその彼女(現在の妻)と結婚をする際に、引き出物を決める展示会に参加をしました。その展示会では『東山植物園で採れたハチミツ』というものがありました。舐めてみて、あの植物園はこんな味がするんだ、付き合いたての頃を思い出しました。これから思い出作りをされようとする方に、お勧めの場所です。

30代女性

●●3歳の息子、5歳の娘と私の両親と5人で春に行きました。とても広い動物園でした。せっかく来たので、全ての動物を見たいと思い歩きましたが、正門から一番遠いサルや動物たちとふれあえる施設がある「こども動物園・ばら園エリア」に着いた時には、3歳の息子と60代の両親は疲れ切っていました。そのため、有料ですが園内を走ているモノレールに乗る事になり、帰りは楽に正門まで戻ってくることが出来ました。モノレールからは眺めも良く、少し並びましたが、休憩も出来たので、乗って良かったと思いました。園内は、とても綺麗でカフェテリアもありました。動物を見学するときも、見学スペースが広いのか特に混雑して見にくいという印象もなく、子供たちもゆっくりと観察することが出来ました。遊園地も併設されているので、子供たちが小学生になったら一日中飽きずに遊べる場所だと思いました。

●●東山動物園に併設されており、同じ敷地内にあります。動物園の方は、地下鉄東山動物園駅で降りるのが近いですが、植物園は地下鉄星ヶ丘駅で降りた方が便利です。こちらの入口のほうが、空いており、スムーズに入場することができます。園内には、温室、洋風庭園、バラ園、和風庭園などがあり、世界中の様々な植物を鑑賞することができます。桜の回廊には、100種1000本の桜が植えられており、3月上旬から4月上旬にお花見を楽しむことができます。5月中旬から6月中旬は、バラ園のバラが見ごろになります。坂を上ったところにあるお花畑は、段々状に四季折々の花が植えられており、圧巻です。花だけでなく小高い場所にあるので風景も楽しめますよ。とにかく敷地が広大なので、一日かけてゆっくり自然を楽しむことができる場所です。植物園周辺には、売店や飲食店があまりないので、お弁当を持っていくことをおすすめします。

●●子供と一緒に行きました。ゾウ舎が新しく、子ゾウもいるためとても可愛いです。またキリンのエサを食べている様子が近くで見られたり、ライオンを近くで見られたりと色々な工夫があり楽しめます。子供がゴリラが大好きなのですが、ゴリラの家族が見られてとても満足していました。その他にも、コアラやアシカ、シロクマ、ペンギンなど沢山の動物を見ることができます。整理券を事前にもらえば、キリンやゾウなどにエサをあげる体験ができるようでした。エサやり体験をしたい場合には、時間を調べてから行くと良いと思います。また、自然の動物館(ナマケモノなどの動物や爬虫類が見られました)や世界のメダカ館(淡水魚が見られました)の屋内展示があるので、雨が降ってきても楽しめます。お昼ごはんは園内に売店などが充実しているため、買って食べても良いですし、屋外にテーブルや椅子があるスペースがあるのでお弁当を持参して食べても良いかと思います。

40代男性

●●東山動物園は愛知県の名古屋市にある動物園です。植物園も併設されてますが、個人的には動物園がおすすめです。特に、平日にお休みを取れる方は断然平日がおすすめです。平日は来園者も少なく、動物たちを心置きなく観察することができます。入場料も安いので、若いカップルの節約デートにも最適です。

そして、施設内にある東山スカイタワーも個人的にはかなりお気に入りの場所です。タワー自体の高さはそれほど高くないのですが、そこから見える夜景が意外と綺麗で驚きました。カップルシートも常設されていますので、ここもカップルにおすすめです。機会があれば是非行ってみてください。

40代女性

●●我々名古屋市民にとっては非常になじみ深い施設です。何しろ、中学生以下は入園料が無料ですので、市内の学校に通う子供は一年に必ず一度は行く場所ですから。また、お弁当の持ち込みもできますので、広い敷地内の好きな場所でピクニック気分も味わうことができます。

カップルでも、家族連れでも、子ども同士でも、気軽に楽しめるところが大きな魅力です。もちろん、動物園としてもそのボリュームは充分だと思います。名古屋で育った人ならば、それぞれにお気に入りの場所があるのではないかと思います。

ちなみに私はバードケージという場所がお勧めです。さらに、植物園も併設されているので四季折々の植物も楽しむことができます。 名古屋にお越しの際には、というよりも名古屋に新しく住むことになった方にはぜひ出かけてほしい場所です。

●●名古屋市内の東山動植物園はみんなの憩いの場所です。丘陵地に広がる動物園と植物園は学校行事の遠足や、家族でのお出かけにぴったりで、1日中楽しく遊ぶことができます。動物園には大人気の象やキリン、ライオンやアシカ、コアラ館もあり大変充実していますが、おすすめなのは世界のメダカ館。日本固有のメダカや淡水魚、また田園や小川の風景が再現されており、心あたたまる日本の風景が広がっています。また植物園には岐阜・白川郷の合掌作りの家や、重要文化財にも指定されている「前館」(現在休館中)などもあり、散策にぴったりです。名古屋市民に大人気なのが遊園地です。16個のアトラクションはどれもノスタルジーに満ちた懐かしい乗り物ですが、親子で揃ってる楽しむことができ、乗り物券も回数券で購入することができます。日曜祝日以外の日にはパスポート券も用意されています。お弁当を持って、1日のんびりと遊びにでかけるのはいかがでしょうか。

●●実家から近い動物園です。結婚してからはほとんど行く機会もなかったのですが、自分が子供の頃にはよく両親に連れてってもらったものです。結婚してから、子供が出来るとその子供を連れて両親が連れてってくれました。子供が保育園のときにも遠足は毎年東山動物園でしたので、ほんとによく行きました。動物も種類がとても多く、中でもコアラがいるのがすごい嬉しいです。暗い施設の中で木にくっついてのんびりしているコアラを見るととても癒されます。キリンや象やライオンや鳥や猿、ほんとに多くの動物が見られます。動物園は大人になってから行っても楽しめる施設だと思います。何よりとても近くで動物の顔が見れることが嬉しいです。小動物のコーナーもあり、時間によって抱っこなんかも出来るところがあります。うさぎやモルモットなどの動物です。ヤギも触れたと思います。なかなか動物に触ることは出来ないので動物園に行く時は触れ合えるコーナーもかかせないです。

50代男性

●●秋に孫娘を連れて来園しました。丁度、例の「イケメンゴリラ・シャバーニ」が話題になっていた頃で大勢の人がゴリラ舎を囲んでいました。特にゴリラさんのことを目当てに入園したわけではありませんでしたが、ゴリラ舎の外の柵にシャバーニの写真がかけてあるのを孫が見つけて「あっ、これ知ってる」と言ったので私も気がつきました。ゴリラ舎の中でガラス越しに見ていると、シャバーニたちが外に移動したので他の観客と一緒に追いかけてもう一度見ました。東山動物園は、もう50年ほどの大昔に小学校の遠足で来たことがありましたので、私にはとても懐かしい処です。その頃見上げたコンクリート作りのティラノサウルスがいまだ健在でしばらく立ち止まって見ていました。さすがに老朽化しているようで傍には寄れませんでしたが感無量でした。コアラが来たこともずい分昔のニュースで知っていましたが、見るのは今回が初めてです。それほど混雑もしていませんでしたので孫と一緒に「動け、動け」と言いながらしばらく眺めていました。久しぶりの動物園は大人にも心躍らせてくれる何かがありますね。

50代女性

●●電車や車でアクセスしやすいところに位置する東山動物園、どのエリアもとても見応えがあり、楽しめます。中でも、密かに、お勧めしたいのは、世界のメダカを集めたエリアと、オオサンショウウオやカエルなどを集めたエリアです。動物園なのに、なぜ?という気もしますが、実際に足を運んでみるとその疑問が一瞬で吹き飛び、展示されている生き物たちを眺めていると引き込まれてしまいます。小さい子供であれば、メダカが大好きですし、なかなかメダカを見る機会がありませんので、メダカだけのエリアに何十分もいてしまうくらい、魅力あふれる展示がなされています。オオサンショウウオは最近密かに人気ありますね。各地の水族館でも展示が増えていますが、寝ているのか起きているのかわからないユーモラスな表情に、癒される人も多そうです。是非一度いかがですか!

●●名古屋駅から乗り換えなしで行くことができ、入場料も安いので気軽に行くことができます。また、かなりの種類の動物が飼育されているので、動物好きにはたまらないと思います。私のおススメは、王道ですが白クマです。広いスペースでゆったり過ごしている白クマはいつまで見ていても飽きません。園内については、一日中かけても回りきれないほど広い動物園なので、ある程度見たい動物を絞ってから見に行ったほうがよいと思います。私は最初無計画のまま行き、欲張って全部の動物を見ようとしましたが、歩き疲れて断念したことがあります。休憩スペースなどもあるので、そちらで休憩をしつつ余裕を持って回るのがよいかと…。また、カフェテリアもありますが、食事どころはあまりないのでお弁当を持参してくのが良いと思います。芝生があるので、シートをひいてランチするのも遠足気分でなかなか楽しいです。

●●地元に住んでいるため、10代20代の頃はよく遊びに行きましたが、50代になって久々に女友達と訪れてました。8月の夜、1週間程度、ナイトズーを開園していたためです。夜の動物たちはどんな行動をしているのか。楽しみでしたが、いかんせん、人出が多くて、動物よりも人間観察をしていた方が長かったように思います。イケメンゴリラで全国区となったシャバーニも、タッチの差で見ることができず(涙)。そこで少し人混みを離れようと、園内の一角にある東山スカイタワーに上がってみましたが(こちらも並びましたが)、これが大正解でした。ちょうどお盆の時期だったこともあり、各地で花火大会が開催されていたのですが、タワーの展望台からその花火が見られたのです。地平線の上に、あちらこちらから上がる、おもちゃのような小さな花火。亡くなった方たちは、空の上からこの風景を見ているのかなと、慰められるような思いで眺めていました。東山動物園は動物だけじゃない、いろんな楽しみ方ができます。

60代~男性

●●連休に6歳と3歳の孫(男)をつれて東山動物園に行きました。地下鉄の駅からすぐなので気軽に行けるのが有り難いです。園内は広く、ゆったりしているので、よほど人手が多くない限り子供のペースでゆっくり動物を見ることができます。  私自身がゾウやキリン等の大型動物が好きなので孫たちはお爺ちゃんの好みにしたがってついてきてくれました。孫の体力に合わせて休憩を取りながらゆっくりと歩きました。  初めて見る動物に一瞬戸惑った顔つきをしていましたが、だんだん慣れて来ると喜んではしゃぐようになりました。東山動物園は動物の種類が多いので一日で見て回るのは難しいくらいです。どうしても見たい動物をチェックし、残った時間で他の動物を見るようにしたらいいと思います。  お昼の弁当も棚の下で三人仲よく食べました。孫たちのいきいきした目を見ることができて、本当に楽しい東山動物園の一日となりました。

60代~女性

●●名古屋市東部にある東山動植物園は、戦前からある施設で、動物園、こども動物園、植物園、遊園地などがあり、とても広いのですが、入場料が、高校生以上500円、中学生以下は無料という、大変お財布にやさしい施設です。動物園は、現在少しづつリニューアルがされていて、動物の様子が身近で眺められるようになりました。特に、オオカミは、数頭が家族で暮らし、自由に走り回れるスペースに放されていて、ガラス越しに目の前で見ることが出来ます。ゾウ園も新しくなり、広々とした場所で、ゾウたちがのんびりしているのを眺められます。そして、一番の人気者はコアラです。この東山動物園で生まれたコアラもいて、繁殖などで出入りもありますが、常時数頭がここで暮らしています。普段はあまり動かない印象のコアラですが、食事時間の13時頃を狙っていくと、とても活発に動き回るコアラの様子を見ることが出来ます。

●●いろいろなサボテンを見ることができました。万葉の散歩道はきれいな花や草木を楽しみながらゆっくり散策することができるのでお勧めのスポットです。人が少ないのでのんびり景色や花を楽しむことができます。万葉の散歩道には万葉集から選ばれた句がいくつもあり景色や句を楽しみながら歩くことができます。温室では南国のいろいろな花を楽しむことができました。秋に行くとライトアップと紅葉を楽しむことができます。スカイタワーを利用するのもおすすめです。上からきれいな景色を楽しむことができます。岐阜県から移築された合掌つくりの家もあり中を見学することもできます。バラもたくさん咲いているのでいろいろなバラを楽しむことができました。山のようなところが植物園なのでハイキングも同時に楽しむことができました。のんびりしたいときにお勧めのスポットです。

ページの先頭へ