藤橋城

更新日:2018年12月7日

1989年、岐阜県藤橋村(現、揖斐川町)に外観を彦根城をモデルにして建設された「西美濃プラネタリウム」が「藤橋城」と名付けられました。

この付近に「杉村砦」と呼ばれる砦があったと伝えられていますが、この「藤橋城」との間には直接の関係はみられません。内部は一階のプラネタリウムだけでなく、二階は星の展示室、三階は歴史と民俗の展示室、最上階は展望室になっています。

基本情報

読み方 ふじはしじょう
別名 西美濃プラネタリウム
住所 岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見332番地1
電話番号 0585-52-2611
公式サイト こちら
城郭構造 不明
天守構造 不明
築城主と築城年 藤橋村 1989年
主な城主 揖斐川町
廃城年 ×
営業時間 10時~16時30分
定休日 月曜日・火曜日・12月~3月
入場料 一般500円 小中学生250円 4歳以上100円
駐車場
アクセス 自家用車もしくはタクシー

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●ここは、本当はちょっとした砦があったのではないかという伝承しかありま戦士お城自体も近年たてられた観光用のスポットです。かなり山奥にひっそりとあるというような感じでありますが、お城自体は結構しっかりしています。中はお城とは思えないような施設になっており、1回にはプラネタリウム、2回は星に関しての展示室、3回は歴史的なものという感じでお城というにはちょっと中身は違っているような感じを受けるものです。とくにプラネタリウムは他のお城にはない斬新な感じがしましたね。少し古いですが、十分な内容でした。ちょっと先には徳山ダムという大きなダムもありますので、そういったところにドライブに行ったり観光をするついでによるには十分いいところではないかと思います。山奥にあるちょっと不思議な城といった感じなのがこのお城です。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●立派な作りですが、実際には存在しなかった城であり、内部はプラネタリウムになっていました。プラネタリウムの規模も、そんなに大きくはないのですが、かなり良い機械が導入されていて、なかなかの物でした。星もキレイでしたが、ナレーションの方が心地よい声で丁寧に解説されていて心地よかったです。上層階には、宇宙に関する物や、地元の歴史に関する物など、色々と展示されていました。お城の周りには古い民家を移築した資料館があり、そちらも見学できました。謎のカッパの銅像や、変わったデザインの吊り橋などもあり、珍スポットとも言える場所です。しかし、食事や休憩するスペースもあり、地元の食材を使った物が食べれたりして道の駅の様な所です。ドライブで立ち寄るには良い場所だと思います。

40代女性

●●藤橋城へは、春や秋のちょうどいい時期になると出かけます。城のすぐ下に広がる広い芝生の上では、沢山の家族連れが、ピクニックなどをして、のんびりゆったりと過ごしています。お城もお城のまわりも大変綺麗にしてあって、気持ちよく過ごせます。藤橋城自体は、それほど大きくありませんが、小さな子供とくるっと回るには丁度良い大きさで、子供達はとても楽しめていました。藤橋城の1階から2階部分は、なんとプラネタリウムになっているんです。初めて見た時は、子供も私たちもびっくりしましたが、意外に楽しめました。上映回数はあまり多くないので、時間は調べて行かれた方がいいと思います。簡単な食事が取れる食事処もありますよ、秋に行くと、紅葉がとても綺麗なので、私の実家の父と母も連れて、一緒に芝生でピクニックをすることめあります。休日にゆっくり過ごすには最高の場所ですよ。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ