岩村城

更新日:2018年12月7日

岩村荘に地頭として赴任してきた遠山景朝が鎌倉中期頃、砦を築いたことに始まります。以後、代々岩村家の居城となり段階的に改修、拡大されてきました。

武田、織田の激しい攻防の後、江戸時代には岩村藩が置かれ、諸藩の政庁ではもっとも高い城であった為、日本三大山城の一つに数えられています。維新後、1873年には廃城令により石垣を残して解体されました。

基本情報

読み方 いわむらじょう
別名 霧ヶ城
住所 岐阜県恵那市岩村町城山
電話番号 0573-43-2111
公式サイト ×
城郭構造 梯郭式山城
天守構造 ×
築城主と築城年 遠山景朝 1221年
主な城主 遠山氏・森氏・大給松平氏・丹羽氏
廃城年 1871年
営業時間 ×
定休日 ×
入場料 ×
駐車場 あり・無料
アクセス 岩村駅から徒歩40分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●日本三大山城というだけあって、登るのが結構大変です。城跡へ続く道自体は、適度に整備がされており、決して岩肌がむき出しという状態ではありませんが、ところどころで、足場が少々悪かったり、デコボコしている部分もありました。歩いて登ると、山頂まで20分は掛かると思いますので、小さいお子さんや、ご高齢の方は、自力で登るのはちょっとキツいかもしれません。その場合は、山頂付近の駐車場まで車で行くのもいいかもしれませんが、山登りの途中で見られる、門の遺構や、石垣などは見られずに終わってしまいますので、要検討です。天守を始めとする、お城の建物は一切残っていません。山頂も、石垣やあったり、昔お城があった場所が広場になったりしているだけなので、天守や建物が見たい方には向いていないと思います。しかし、山頂の空気と景色は見事です。いつか、復元などしてもらえたらなあと感じます。

30代男性

●●10月の下旬、長野から名古屋に向かう際に車で行ってきました。本丸までのルートは2つあります。今回は時間があまりなかったので、本丸すぐ近くの駐車場まで行けるルートにしました。もう一方のルートは、麓から徒歩で登るルートで30分程、山道を歩くそうです。700年の歴史のある岩村城は、日本100名城であり日本三大山城ですので行く前から期待していましたが、苔むした石垣の高さ、大きさ、美しさは本当に素晴らしいものです。柵が殆ど無く、標識も最小限なので迫力があり景観を邪魔しません。そのため、若干危険だなと思うこともあり、小さいお子様がいる場合は石垣など十分に注意が必要だと思いました。麓には城下町が広がり昔の町並みを残していますので、そちらで観光されるのもおすすめします。ちなみに、本丸近くの駐車場まで行くルートですが、山頂付近は道幅が大変狭いですのでスレ違いには十分注意して下さい。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●私は今愛知県に住んでいますが実家は岐阜県にあり地元の岩村城を書かせて頂きます。私は先祖を調べる時、織田信長がどうしても関わってしまった事から岩村城についても少々調べました。私の実家の土地に城跡があると聞いていましたが、岩村城の城主であった森長可が建てた岩村城の出城の跡だったようです。森長可は織田信長公の家臣だった人です。そこで岩村城、今は残念ながら建物は建っていませんが、その地に立ってみました。この城の歴代の城主の人で畳の上で亡くなった人はいないという実に波乱万丈な人生を送られた方ばかりの城ですが、それは、この城が実に重要な土地にある城だったか?という事も言えると思います。建物は建ってないと言いましたが希望もあり、地元の青年部の方が方言である、あんじゃないという言葉、大丈夫だよという意味。を入れてタオルなど作って販売されていて、岩村城を再建しよう!という活動をされています。素晴らしい活動だと思います。最近では岩村城の城下町もテレビで紹介されたりしていて観光客の方も大勢来て下さるようになったそうです。その城下町には各家の玄関先にのれんがかけられてますが、女の人の名前が書いてあるのです。岩村城…女城主という地方では有名な言葉がありますが織田信長公のおば様が岩村城に嫁がれ男の子が産まれたのですが城主が亡くなり子供は幼少だった為、実権をふるった出来事から女城主と言われるようになったそうです。しかし女城主というのも敵である武田に狙われて大変だったのでしょう…内通してしまい激怒した織田信長公が城を奪い女城主といわれたおば様を、さかさはりつけにしたという悲しい歴史があります。そんな歴史から今では、のれんに、その家の奥さんの名前を書き飾るという、ちょっと素敵な風情のある城下町となっています。私にとっては先祖の事もあり、とても親しみのある岩村城です。今は城跡しかありませんが、女城主という地酒などあり町をもり立てようと頑張ってる地元の人達、そんな岩村城の歴史に思いを馳せながら又行ってみたいと思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ