安土城

更新日:2018年12月7日

戦国時代の町並みを再現し、当時の文化を紹介する施設「伊勢・安土桃山文化村」内に織田信長が建てた安土城が建築史家・宮上茂隆氏の復元案にそって原寸大で復元されています。

実際の安土城はわずか三年で消失し、文献もあまり残っていませんが、この復元案は城址の実測、資料性の高い「安土日記」等の限られた史料、安土城後にその影響を受けた城郭を参考に研究されて造られたものです。実際の安土城址は特別史跡となっている為、天守の再建をすることは出来ず、この地に再現されています。

基本情報

読み方 あづちじょう(いせあづちももやまぶんかむら)
別名 ×
住所 三重県伊勢市二見町三津1201-1
電話番号 0596-43-2300
公式サイト こちら
城郭構造 不明
天守構造 不明
築城主と築城年 伊勢戦国時代村 1993年
主な城主 株式会社伊勢安土桃山文化村
廃城年 ×
営業時間 3月17日~11月15日:9時~17時
11月16日~3月16日:9時30分~16時
定休日 要問い合わせ
入場料 1人500円
※別途入村料(一般2,500円 中高生1,200円 小学生900円)が必要
駐車場 3000台・無料
アクセス 「伊勢安土桃山文化村」バス停より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●小学校の遠足で行きました。見た目からそのまま安土桃山時代の村を表現していて、非常にわくわくしながら入園しました。まず、演劇を見ることができるのですが、キャストが非常に面白い方ばかりで愉快でした。さらに安土桃山時代の生活も学ぶことができたので非常に参考になりました。次に、お化け屋敷のような忍者屋敷に入りました。少し怖かったですが、通常のお化け屋敷と違って古風な雰囲気がよく出ていました。また、にゃんまげくんというキャラクターがいるのですが、とてもかわいくて、一緒に写真を撮りました。全体的に古風な感じなのでメリーゴーランドやジェットコースターなどがある遊園地というわけではありませんが、日本の歴史に触れながらいろいろなアトラクションを見ることができるので家族連れ・カップル・友人同士で言っても十分楽しめると思います。

20代女性

●●私が伊勢安土桃山文化村に行ったのは、小学生の頃の遠足と趣味のコスプレイベントに参加した時です。伊勢安土桃山文化村は、働いている方の格好もその時代に合うような格好でとても似合っているなと思いました。お侍さんの格好をして働いてるお兄さんも格好良く、写真を撮らせて欲しいと頼んだら快く引き受けてくれました。ポーズもとってくれたりと、楽しく働いている方と交流を取る事ができます。中にある飲食店も、みたらしなどもありその時代で食べているかのような気持ちで食べれます。味も美味しかったので、また行った時には食べたいと思いました。池のようなところには、鯉も泳いでおり見ていて楽しめました。見学では、やはり安土城の大きさに圧巻されます。お城が好きな方にはオススメです。また、からくりの迷路などがあり大人になってからも楽しめたので、子供が出来たら一緒にからくり迷路で遊びたいと思いました。

30代男性

●●自分は織田信長が好きなので、織田信長ゆかりのある城廻りをよくしています。その中でも滋賀県にある「安土城趾」にも行ったことがあり、思い出深かったせいか、三重県にも「安土城」があると城好きに聞いたので行ってみました。三重県にある安土城は、「伊勢安土桃山文化村」という村にあり、歴史好きには名前だけ聞くだけでも好きになってしまいそうです。伊勢安土桃山文化村は1つの山がテーマパークになっており、山の頂上に復元された原寸大の安土城があります。テーマパークには、絶叫系の乗り物があるわけではないのですが、忍者ショーやお芝居を観ることができたりします。自分は何度か行っているのですが、土日祝日でもお客さんがあまり居ていないので、ストレスなく楽しむことができます。テーマパークから歩いても安土城に行けますが、バスも運行しています。安土城内は1階ずつに信長の生涯を再現した舞台があります。滋賀県にある信長舘は入ることができませんが、ここはテーマパークに入場料を払うだけで、安土城も入ることができます。信長好きには是非とも行ってください。

30代女性

●●安土城は、伊勢・安土桃山文化村という時代劇風のテーマパークの中にあり、当時の天守閣が見事に復元されていました。このお城はテーマパークの敷地の中でも少し離れたところにあるため、園内を無料で走るバスに乗っていくと便利で、楽々行くことができました。お城の中は織田信長の時代の様子がジオラマを使って描かれており、ジオラマはリアルに作られていて、迫力がありました。ちょうど歴史を勉強している娘にとっては当時の雰囲気を知るいい勉強になり、興味深くみていました。7階にある黄金の間は、広さはそんなにありませんが、一面が全て金箔で覆われていて黄金に輝いていました。その中に、伊勢・安土桃山文化村のキャラクターである「ニャンまげ」の金箔の像があったのは可愛かったです。屋上の展望台に行くと、遠くの伊勢湾まで見渡せて絶好の眺めでした。古の雰囲気のあるお城ではありませんが、子供も大人も楽しめるお城だと思います。

40代男性

●●伊勢神宮のある伊勢市から夫婦岩で有名な二見町へ向かっていくと前方の山の上にそびえ立つ城が見えてきます。こんなところに城が⁇何城⁇しかも城跡という感じではなくピカピカの天守閣に、もしや本当のお殿様がいるのでは?と思ってしまいそうなリアルな城です。実は「安土桃山文化村」という戦国時代テーマパークの中に作られた城なのです。しかしながら安土城をすべて原寸大で復元したというこの城、決してチャチなものではありません。1階から5階は桶狭間の合戦や稲葉城、小谷城の攻防、本能寺の変など織田信長の歴史の要となる場面がわかりやすく展示されています。6階には伊勢湾や伊勢の街を一望できる素晴らしい展望台があります。そして必見は最上階にある黄金の間。目も眩むような黄金の輝きにびっくりすることと思います。城下町とも言える園内は忍者屋敷やからくり迷路、時代劇の劇場、お化け屋敷など面白い施設がいっぱいで、楽しく過ごせますよ。

40代女性

●●私は、この伊勢安土桃山文化村へ行ったのは、海外から初めてくる知り合いがあり、その家族を伊勢神宮や二見の夫婦岩などへの観光の帰りに立ち寄ったためです。ガイドブックで見て、海外の方にちょうど良いような歴史的な建物やショーなどが楽しめるとしり、ちょうど良いと思いました。実際に行ってみると、本当にリアルな城や町の作りに驚きました。かなり本格派で、歴史好きにはたまりません。実は私が今回お連れしたイギリス人夫婦が信長を勉強してきてくれたので、展示をとても楽しんでもらえました。そして展望台からの景色もとてもきれいで伊勢湾が一望できました。それから楽しい時代劇ショーやアトラクションなどもあり、1日遊べそうなスポットでした。特に忍者ショーのアトラクションが面白かったです。お土産物やさんも充実していて、海外からの観光客にもぴったりでした。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ