桑名石取祭

更新日:2018年12月7日

三重県桑名市で行われる、30台以上の祭車(山車)が太鼓を打ち鳴らしながら歩く“日本一やかましい”祭り。毎年8月の第一土曜の深夜0時から、日曜の深夜に渡り開催されます。祭車に提灯が下がった柱と、鉦(かね)、大太鼓が装備されているのはこの地方ならでは。力強く勇壮な姿で重要無形民俗文化財に指定されている反面、その騒々しさから「天下の奇祭」ともいわれています。

基本情報

読み方 くわないしどりまつり
開催日時 8月第1土曜日と日曜日
開催場所 三重県桑名市本町(春日神社周辺)
電話番号 0594-24-6085(桑名石取祭保存会)
公式サイト http://isidori.jp/
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】桑名駅より徒歩10分
【車】東名阪自動車道「桑名インター」または「桑名東インター」より15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●日本一やかましい祭りと言われていますが、本当にやかましいです。本当に日本一かどうかはわかりませんが、私が今まで行った祭りの中では一番やかましいと思います。毎年8月の第1土・日曜に開催されていて、第1土曜日に変わる瞬間から「叩き出し」と言って春日神社の周りで一斉に太鼓などを叩き始める時は夜中でも大勢の人が見に来るのでとても人が多いです。それでも叩き出し以降に来る人よりは少なく、祭り!という雰囲気がとても感じられるので夜遅い時間ですがおすすめです。屋台もあり土曜のお昼過ぎから出始めて、日曜の夜までやっています。よくあるたこ焼き、お好み焼き、かき氷の他に「たません」と呼ばれる2つに割ったえびせんべいにお好み焼きソースを塗り、鉄板で焼いた目玉焼きを挟んだ食べ物も売られています。駅からも近く、最寄りのJR・近鉄桑名駅から春日神社まで徒歩10分で行くことができるので交通の便も良いです。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●近隣在住ですが、この40年一度も参加したことのないお祭りでした。「日本一うるさい祭り」としてしか認識がなく、地元のTV番組で紹介されているのを見て行った気になっていました。ところが昨年、桑名市内しかもお祭りの中心地で働くことになりなり初めて石取祭を見ることになりました。お祭りが近くなるにつれ盛り上がる町内の人々。日曜(だったと思います)になると、そこかしこから練習する太鼓の音が響いてきて、もう本番?と思う位に賑やかでした。そして、お祭り前夜。私がいた付近では家の前で皆さんが飲み物や食べ物を持ち寄ったり、バーベキューをしたりして盛り上がっていました。老いも若きも本番に向け、町を上げてお祭りを盛り上げるぞ!!という熱気が肌に伝わってきて、見ているだけでもワクワクしました。そして当日、言うまでもなくとってもうるさかったです。でもこれぞ「お祭り」という賑わいを味わえました。屋台で色々な食べ物を味わいながら山車を見るのも楽しいですが、私のお薦めは、あの独特の高揚感・非日常を楽しむ人々の空気感です。天下の奇祭と言われるお祭り、参加して損はないお祭りのひとつです。もし行かれる場合は、JR/近鉄電車を利用されることをお薦めします。その方が絶対に楽だし、楽しめますよ。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ