赤目四十八滝

更新日:2018年12月7日

「赤目四十八滝」は三重県名張市自慢の紅葉名所となっています。夜のライトアップも行っており、緑や赤のイルミネーションが夜の紅葉をいっそう美しく魅せてくれます。マイナスイオンでいっぱいの滝との共演も見物。お子さん連れには散策コース入り口にある「日本サンショウウオセンター」の入場もオススメです。

基本情報

読み方 あかめしじゅうはちたき
住所 三重県名張市赤目町長坂861-1
電話番号 0595-63-3004/日本サンショウウオセンター
公式サイト こちら
例年の見頃 11月上旬~下旬
開園時間 8時30分~17時
紅葉樹の種類 イロハモミジ、カエデ、ヤマザクラなど
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 高校生以上400円 小中学生200円
温泉
駐車場
アクセス 三重交通バス「赤目滝」バス停から徒歩5分(滝入口)

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●赤目四十八滝は三重県屈指の紅葉の名所です。渓谷沿いを少しずつ上っていきながら、さまざまな滝と紅葉が見学できるようなルートが設定されています。先に行けば行くほど標高が上がり、気温が低くなるので、奥に行くほど紅葉の進みが早いです。また、赤目四十八滝全体が渓谷沿いのため、全般的に平地より紅葉の色づきが早く、紅葉時期の見極めが難しく、その年により期間も前後しますが、11月中旬から12月上旬ならば、エリアのどこかで美しい赤いもみじが見られると思います。全長は4kmで、往復3~4時間程度と言われていますが、山登りに慣れない方は全ルート踏破は厳しいと思います。もし四十八滝を奥まで目指すなら、山(岩)登りにあった専用の服装や靴を用意し、早朝からエリアに入り、日暮れ前に戻って来れるよう心掛けた方が良いです。周辺は樹木で覆われていて、夏でもひんやりしているほど涼しい場所なので、紅葉の季節は思っている以上に寒いので、防寒対策もお忘れなく。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ