上田城

更新日:2018年12月7日

甲斐、信濃に広大な勢力を有した武田家の旧臣の豪族・真田昌幸が1583年に千曲川の流れや沼、崖を利用して築城しました。関ヶ原の戦いの前哨戦であった第二次上田合戦を始め、何度も大軍相手にこれを退けました。関ヶ原の戦い後、一度は破却されますが、1626年に上田藩主となった仙石忠政によって再建が始められました。

明治に入り廃城となり、七つあった櫓は一つを残し売却されたましたが、そのうち二つは買い戻され移築復元され、1994年には東虎口櫓門も復元されています。

基本情報

読み方 うえだじょう
別名 尼ヶ淵城 真田城
住所 長野県上田市二の丸2
電話番号 0268-23-5408
公式サイト こちら
城郭構造 梯郭式平城
天守構造 不明
築城主と築城年 真田昌幸 1583年
主な城主 真田氏・仙石氏・松平氏
廃城年 1874年
営業時間 8時30分~17時
定休日 水曜日・祝日の翌日
※8月~10月は無休
入場料 一般250円 高大生180円 小中学生60円 未就学児無料
※上田市在住の小中高生は無料
駐車場 90台以上・無料
アクセス 上田駅から徒歩12分

口コミと評判

20代男性

●●長野県のお城といえば、松本城などが有名でお城好きな人などにも人気があるようですが、私はこの上田城もけっこう好きです。理由というのは桜です。春になると桜の見物で多くの人が訪れますが毎年楽しみのひとつになっています。上田という土地は大きな都市でもありませんが、駅周辺というのはいろいろと建物や商店街もありますし、古い町並みや匂いも感じられるので好きな場所です。この上田城も駅からそんなに離れていないので歩いて花見に訪れる人が多いです。そこそこのちょうどいい大きさで花見にはとても良い場所です。上田は真田幸村などの旗があったり、アニメなどの舞台にもなってるそうでローカルなんだけどいい所です。駅から近いお城なんて最高です。

20代女性

●●かの有名な真田幸村にゆかりのある城跡です。武将人気のおかげで近くの売店にはゲームのキャラグッズも多く置いてありました。春には千本桜祭りが開催されていて、城址の周りの桜を眺めながら散歩できます。ただ、かなり混雑するので、桜が目当てでなければ時期をずらすと空いていていいでしょう。おもてなし武将隊として真田幸村と十勇士たちが門の近くで無料で一緒に写真を撮ってくれたりもしています。敷地内は広く、お堀もしっかりしていて、立派なお城があったことを感じられました。西櫓からは上田の町が一望できます。櫓下には芝生公園があり、春にはピクニックに訪れる人もいるようです。オフシーズンは人も少なく、基本的に入城料はかからないので、ゆっくり観光したい人にはおススメです。

30代男性

●●私は上田城はよく家族と行きます。まず目指すは城門です。春は枝垂桜やソメイヨシノがきれいですが、青々とした葉の頃もさわやかで良いし、秋は紅葉が楽しめます。城門のあたりではシャッターマン(写真撮影のボランティアの方々)に是非写真を撮ってもらいましょう。全員が写れるので記念になります。その後はお堀の周りをぐるっと回って散策します。途中、脇に入ると子ども向けの広めの公園や、孔雀など動物のいる広場があります。その傍の芝生ではお弁当を広げる家族連れも多く見られます。家族でお弁当持参で行くと一日楽しめます。イベントの時期は出店もあり非常ににぎわいます。ひとつ注意すべきは、イベントやお花見の時期は混み合うので、小さい子どもはベビーカーより抱っこひもです。お城なのでやはり地面がでこぼこしていることと、ベビーカーの低さでは砂ぼこりが舞ってしまうからです。おもてなし武将隊の方々がいる日は盛り上がり、とても楽しめます。また、イベント時期を外せばゆったりとした時間の流れます。遊びに行くにはよいお城だと思います。

30代女性

●●桜の時期に行くと、すごくいいです。お城の本丸自体は残っていませんが、お堀や門、外壁などは残っているし敷地はほぼそのまま公園となっています。広い城跡を囲むように桜が咲いており、多少満開シーズンをづれて訪れても何かしらの桜が残っていたりします。外堀から内へはいるところからの桜とお城の外観をまとめてみるのはすごくきれいです。また、甲冑をきたデモ隊がいたりして写真を撮ったりできるし、園内には資料館なども作られています。建物などは、一部が残っているという感じですが散歩がてら城跡をあるき、桜をみるならおすすめです。桜祭りと一緒に、物産展などもやっているようで、この時期の休日は駐車場に困るかもしれませんが、一見の価値ありです。

40代男性

●●謀将として知られる真田昌幸が建築した城です。城としては明治まであったようですが、その後取り壊され、建物としては、櫓が残るのみとなります。ですが、近年に門が復元され、かつて徳川の大軍を二度に渡って撃破した上田城の戦いの様子を想像することができました。現在の上田城は、公園となっており、木々やお堀など自然豊かなかんじとなっています。また、駐車場から大手門までの道に植えられたケヤキ並木がとても情緒あり、秋は場内の紅葉と合わせて色彩豊かな装いとなります。ただ、上田城ということで、真田昌幸や真田幸村ゆかりの品などを期待しますが、それらを連想させるものはほとんどなく、真田氏を目当てに上田城に行くと、肩透かしを喰らうことになるかもしれません。

40代女性

●●旅行の帰りにたまたま上田に寄ることになり、行ってきました。観光用のバスなどに乗れば楽だったのかもしれませんが、平日だったこともあってかちょうど良い時間がなく、徒歩だと駅からけっこうあって、しかも上り坂だったので、途中で不安になりましたが、なんとか無事に着きました。天守閣があるような派手な城跡ではないので、事前に知らないとちょっと拍子抜けするかもしれませんが、歴史は深く、様々な展示や説明もあるので、勉強になります。上田城がどういう経緯(争い)で誰から誰のものになり、どういう経緯でどこまで残されて・・という説明は、歴史に疎い自分には面白かったです。城内は緑がとても多くて気持ちよく、着物を着た観光PR隊のような人たちがいたり、鉄砲を持ってみることもできたりして楽しく過ごせたので、行って良かったと思います。

50代男性

●●かつては往時の櫓が3つだけ残っているひっそりとした城跡でしたが、昨年放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」の効果で近年はにぎわっています。それ以前も真田昌幸が徳川の大軍を二度撃退した城ということで、城好きには人気がありました。城跡は公園としても整備されていて、桜の名所でもあるので春になるとさらににぎわいます。施設内は櫓内の見学を除いて無料で入場できるので気軽に立ち寄ることができます。城自体は3つの櫓のみが現存していて、門は復元です。櫓は明治維新以降民間に払い下げれたものを再び買い戻し移築して現在の場所に戻したものだとのこと。天守閣は元々建築されませんでした。また、城内には、真田、仙石、松平の歴代藩主を祀った真田神社があります。徳川軍を撃退した歴史から、勝負運にご利益とされ、受験生がお守りを求めるなどこちらもにぎわっています。

50代女性

●●真田幸村が築いた城として知られる上田城。城自体は残っていないのですが、そこかしこに、昔ここに城があったことを感じさせる名残があります。とても広い敷地は、春は美しい桜と、秋はこれまたとても美しいけやき並木の紅葉が見られることで有名です。地面に落ちたケヤキや銀杏の葉の絨毯は素晴らしい。夜には紅葉がライトアップもされます。また上田城は一年を通していろんなイベントをしています。けやき並木紅葉祭り甲冑の試着体験があったり、乗馬もできます。武将になった気分が味わえますよ。様々な団体による太鼓サミットも、太鼓好きな方にはたまらないイベントです。長野では松本城も有名ですが、景色や庭の美しさは上田城も負けていません。近くには美味しい蕎麦屋さんもいくつもありますし、秋にはリンゴ狩りができる場所もたくさんあります。美味しいものを食べた後、美しい上田城をのんびりと散策するのが私のお気に入りです。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●大河ドラマ「真田丸」で 今話題沸騰の上田城へ行ってきました。 春真っ盛りの今は「千本桜まつり」が行われていて とてもたくさんの桜を楽しむことができます。 地元特産品の屋台や真田氏にまつわるイベントなどもたくさん行われていて 歴史と自然を存分に楽しむことができました。残念ながら上田城には天守閣はありませんが 歴史を彷彿させる立派な櫓門があり 中には たくさんの木々が生い茂る公園や そして 真田氏ゆかりの神社があり 観光客や地元の人々の憩いの場所となっていました。  秋には 紅葉まつりも行われるので またぜひ遊びに行きたいと思っています。 大河ドラマファンの方には 特に「真田丸大河ドラマ館」は お勧めです。 ドラマの裏側や俳優さんのサイン また衣装なども見ることができて とても楽しむことができると思います。

ページの先頭へ