飯田市美術博物館

更新日:2018年12月7日

飯田生まれの菱田春草の美術作品を所蔵し、飯田の自然など調査研究・展示する施設です。直径12メートル・90名収容のデジタルプラネタリウムも2011年3月にリニューアル。多彩なオリジナル番組と、幼児向けの最新番組などを公開しています。土日祝日は1日5回も上映しているので、いつ行っても楽しめること間違いなしです。

基本情報

読み方 いいだしびじゅつはくぶつかん
住所 長野県飯田市追手町2-655
電話番号 0265-22-8118
公式サイト http://www.iida-museum.org/
ドーム径 12メートル
座席数 / 形 90席 / 不明
機材・機種 コニカミノルタ スーパーメディアグローブⅡ
投影日時 平日:14時30分~・16時~
土日祝春夏休み:10時~・11時30分~・13時~・14時30分~・16時~
観覧料 一般250円 高校生150円 小中学生50円 幼児無料
駐車場 あり・無料
アクセス 飯田駅から徒歩20分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●飯田市美術博物館のプラネタリウムは長野県内最新の投影機が使われています。美しい映像が最大の魅力です。宇宙をテーマにした映像番組だけでなく、美術博物館だけあって、美術作品の映像や南信地域の民俗行事の映像など、様々な映像を楽しむことができます。私は菱田春草や遠山霜月まつりについての番組を観ました。展示室で見る絵画は遠くて細かいところまで見ることが難しいことがありますが、プラネタリウムの中では美しい絵画をとても大きく見ることができます。おまつりの番組では、自分を取り囲む映像と音のおかげで自分もおまつりに参加しているような気分に陥りました。もちろん、宇宙に関する番組もあります。子供向けのキャラクターが出てくる親しみやすい番組や最新の天文学をテーマにした大人向けの番組まで様々な世代が楽しめる工夫がされています。星空好きだけでなく、様々な趣味の人に楽しめるプラネタリウムだと思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ