上田創造館

更新日:2018年12月7日

文化ホールや体育館、民俗資料館、図書室など多彩な機能がある施設で、課外学習に利用されています。4階は天体観測室とプラネタリウムがあります。直径12メートル・120席を設けたプラネタリウムの特徴は、四季の星座の美しさと宇宙へのロマンを投映しているところ。移動望遠鏡や双眼鏡を用いての太陽系の観察なども行えます。

基本情報

読み方 うえだそうぞうかん
住所 長野県上田市上田原1640
電話番号 0268-23-1111
公式サイト こちら
ドーム径 12メートル
座席数 / 形 120席 / 扇形
機材・機種 五藤光学 GX-AT
投影日時 土曜日:13時30分~・15時~
日祝日:11時~・13時30分~・15時~
観覧料 一般260円 高大生210円 小中学生110円
※土曜日は上田市・東御市・長和町・青木村の小中学生とその保護者は無料
駐車場 150台
アクセス 赤坂上駅より徒歩約10分

口コミと評判

20代男性

●●創造館は私が小学校時代の学区内にあったため、放課後に友だちといったり、土日に親と一緒に見にいったりしていました。プラネタリウム自体はさほど大きくはありませんが、寝そべって見れるような座席になっており、友だちと肩を寄せ合って見ていたのを思い出します。創造館のプラネタリムがよかったところは自分の住んでいる地域の風景が半球の縁にその円周に沿ってぐるっと描かれており、いつもの市街地であればその場所での星座や星団の位置は街明かりで見えないのでイメージすることが難しいのですが、ここでは光に妨げられることなく星空を臨むことができたというところです。記憶だとおおよそ二部構成になっており、一部ではその季節ごとの星々の説明、二部ではストーリー形式の星座や銀河にまつわる映像になっていたと思います。値段も一般的なプラネタリムに比べるとさほど高くないところもまた気軽に遊びに行けてよかったのだと思います。プラネタリウムの外には光学を利用したホログラムなどの物理的な原理に基づいたアトラクションもあり、併せて科学の教養になるため子供さんにも、また大人の方々も楽しめるのではないかなと思います。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●上田市創造館のプラネタリウムは隠れた穴場です。私は子ども二人と行きました。座席に座って、始まるまでは東西南北、上田市の様子が投影されています。これはかなり楽しいです。あれが太郎山、あっちが幼稚園のほうでこっちが家のほう…説明しながらも、実は大人のほうがウキウキしてしまいます。時間になると暗くなり、出入りが禁止されます。そしてプラネタリウムの始まりです。はじめに星座の説明がありました。その季節の空にあった星座を説明してくれるので、夜にでも星空を眺めれば、きっとわかりやすいことでしょう。その後はプラネタリウムを使ったお話です。オズの魔法使いなど子どもでもわかるお話です。定期的に内容が変わるので、何度でも楽しめます。子どもは暗くて慣れない時もありましたが、楽しかった!また行きたいと言い、よい経験になったようでした。手軽で楽しいうえに、土曜日や、夏休み中など日によって無料のときもあるので、かなりおススメです。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ