新潟県立自然科学館

更新日:2018年12月7日

自然豊かな新潟の産業や交通の発展についての展示や、太陽光や風力を利用した新エネルギーの屋外展示、歴史ある蒸気機関車や魚沼鉄道などを展示する科学館です。併設のプラネタリウムは、平日1日3回、土日祝日1日6回投影。宮沢賢治作の物語の世界観をそのままに、ドーム全体を使って描かれる一般投影などが見どころです。

基本情報

読み方 にいがたけんりつしぜんかがくかん
住所 新潟県新潟市女池南3-1-1
電話番号 025-283-3331
公式サイト こちら
ドーム径 18メートル
座席数 / 形 不明 / 扇形
機材・機種 五藤光学 クロノスⅡEXハイブリッド
投影日時 10時30分~・11時30分~・12時30分~・13時30分~・14時30分~・15時30分~
観覧料 一般750円 小中学生200円
※入館料(大人550円 小中学生100円)込み
駐車場 250台
アクセス 「野球場・科学館前」バス停より徒歩3分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●子供の時に見たプラネタリウムの素晴らしさを子供たちに知って欲しくて、何十年ぶりに新潟県立自然科学館を訪れました。プラネタリウムは、リクライニングシートに座り思いっきり寝ころぶ形で見ることができました。最初に、一番星から始まり北斗七星、カシオペア座、オリオン座と見ることができました。また、イベントを開催していました。それは、富士山とのコラボレーションです。ダイヤモンド富士、赤富士などの富士山の四季やさまざまな様子を紹介するとともに、流れ星の様子など美しい映像と音楽でとても感動しました。中でも、自分が鳥になったように富士山の周りを一周する映像は忘れられない体験になりました。子供たちにとっても、とても良い体験になったと思います。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●私の実家の近くに新潟県立自然科学博物館があります。なので、幼い頃からこちらの博物館のプラネタリウムを見て育ちました。私が結婚してからも子供と一緒に実家に帰るたびに見に行きます。他のプラネタリウムは見たことがないので、分からないのですがドーム型になっている室内に入り、上映が始まると真っ暗なになってドーム内に、びっしりとつまった星を見ると胸がわくわくします。上映時間が30分から40分くらいなのですが見たことも無いたくさんの星が目の前に広がるので、感動している間に上映が終わってしまいます。土日祝日は上映が6回あるので、小さな子供がいる家族にとっては子供のペースに合わせて、上映を見ることができるのでとてもあり難いです。子供たちに星を見せることによって、星に興味を持ってくれるのでプラネタリウムは素晴らしいと思います。

40代男性

●●私は新潟市内に住んでいて、家の近くにある新潟県立自然科学館というところで何度かプラネタリウムを見たことがあります。この施設は私が小学生のときにオープンしたのですが、当時もプラネタリウムで星座を見ながら、家に帰って星座早見表でも勉強した記憶があります。今、私には小学3年生の娘と小学1年生の息子がいるのですが、二人の子供が保育園に行っていたときも、この新潟県立自然科学館でプラネタリウムを見ました。この施設は子どもに科学を学ばせるための展示類や玩具等があるのですが、プラネタリウムも各上映時間とも人気があります。鳥屋野潟という水辺のほとりにある科学館なのですが、近くには商業施設やスポーツ施設もあるため、プラネタリウムも家族連れやカップルなどで賑わっています。我が家もまた機会があれば再度行ってみたいと思っています。

40代女性

●●新潟県立自然科学館は、科学と自然が融合した体験型博物館で子供にも大人にも楽しめる大人気の新潟県のレジャースポットです。新潟市周辺の小学生なら、遠足や体験学習で一度はおとずれる人気の施設ですが、県外の人は意外とここを知らないと思います。トキの剥製や隕石を触ることができる展示など、体験しながら学べるコーナーやプラネタリウムもあります。このプラネタリウムは、2011年に最新鋭の光学式投映機と全天周デジタル映像システムを導入しリニューアルされています。プログラムは、その日の星空を生解説する「星空さんぽ」と全天周映像番組があり、自然科学館の閉館後に行われるワンコイン(500円)の特別上映が人気です。夏休みにはナイトミュージアムイベントが毎年開催されているので、そこでの特別上映番組も要チェックですよ!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●若い頃は子供達を連れ、今は孫達を連れてよく遊びにいきます。子供達のお気に入りのプラネタリムは、大きなドームの天井です。天井に映る星は、神秘的な輝きを放ち、それはそのまま故郷の星空と同じなのです。リアルタイムな季節の星空を映し出し、星空解説員の方が丁寧に星の解説をしてくれます。新潟では曇りが多くて、特に7月7日の夜晴れることはなく、実際の織姫も彦星も確認したことがありません。星を眺めたくても、雲に覆われ眺めることのできない星空を、ここのプラネタリウムで見ることができます。雲に隠れた星空は、四季ごとに変わってゆくことを解説のおかげで、よく理解できます。冬の星座オリオン座の形を教えてもらい、晴れた夜に実際の夜空に見つけた時は、感激しました。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ