三嶋大社

更新日:2018年12月7日

静岡県三島市自慢の花見スポット、それが「三嶋大社」です。旧官幣大社となっており、1,300年以上の歴史があると言われています。日本の歴史を感じられるスポットでもあり、咲き乱れるシダレザクラやソメイヨシノがさらに雰囲気を演出してくれます。毎年の見ごろは3月下旬頃となっており、夜桜のライトアップも必見。

基本情報

読み方 みしまたいしゃ
住所 静岡県三島市大宮町2-1-5
電話番号 055-975-0172
公式サイト こちら
例年の見頃 3月下旬~4月上旬
桜の本数 200本
主な桜の種類 ソメイヨシノ、シダレザクラほか
桜の名所100選
桜まつり
夜桜・照明
入場料 無料
駐車場
アクセス JR三島駅→徒歩13分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●静岡県の三嶋大社境内の桜は毎年とても綺麗です。桜の時期になると、周辺に露店が多く出るのでお祭りのような雰囲気になります。周辺には三島市の有名なB級グルメが食べられるお店もあるので、そうしたグルメが桜と一緒に楽しめるのがいい所です。桜は、神社に続く道の両側に咲いていてとても綺麗ですが、道幅がとても狭く見物人も写真撮影に足を止めがちなので混み合います。足元は凹凸があるので、ベビーカーや車椅子などでの見学は難しいと思いました。神社の敷地内でシートを置いてのお花見は出来ないようです。お土産と甘味を楽しむお店はありました。ゆっくりと座るベンチなども、ほとんど無かったと思います。また、駐車場は有料なのでそれほど長居は出来ないのかなと思いました。食べ歩きをしながら、桜を見て楽しむといったスタイルのお花見が向いている場所でした。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●三嶋大社の正面にある鳥居をくぐると、目の前に広い池が広がります。その周りを桜の木々が取り巻いており、満開の頃は池の水面に桜の花が映り、それは美しい景色です。また、散りかけの頃は、池の水面が桜の花びらでびっしりと埋め尽くされ、淡いピンク色の池となります。ピンクの花びらが水面でゆらゆらと揺れる光景は、つい長く見とれてしまいます。そして、本殿へとまっすぐに伸びる石畳の道の両脇にも桜の木々が植えられており、参拝へ向かう気分を華やかにしてくれます。また、敷地内にある宝物館の前の広場には、立派な桜の樹木が立ち並んでいます。こうして春は、満開の桜であふれる三嶋大社ですが、お花見の頃は敷地内に数々の屋台も出店し、より一層賑やかになります。その他にも、土産物のショップも充実していて、お花見と同時に観光も楽しめる場所です。また、深みのある草餅にあんをかぶせた名物の『福太郎餅』は、ぜひおすすめです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ