海のはくぶつかん(東海大学海洋科学博物館)

更新日:2018年12月7日

こちらの博物館は、水族館部門、科学博物館部門、機械水族館部門に分かれているので、館内でどこを見ればいいのかわかりやすくなっております。機械水族館部門では、機械で作られた動物たちが、実際に本物の魚と一緒に泳いでいるという、不思議な光景を見ることができ、このメカニマルの解説もされているのでとても興味深いです。

基本情報

読み方 うみのはくぶつかん(とうかいだいがくかいようかがくはくぶつかん)
住所 静岡県静岡市清水区三保2389
電話番号 054-335-7095
公式サイト こちら
営業時間 9時~17時
休館日 火曜日(祝日の場合は開館)
年末
入館料 大人1,500円 中学生以下750円
年間パス 大人3,500円 中学生以下1,750円
駐車場
アクセス JR清水駅からしずてつジャストラインバスで30分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●静岡県の旧清水市(現在は静岡市)にある、東海大学の施設です。場所は世界遺産にもなった三保の松原のほど近くにあるので、県外からお出かけになる場合は、三保の松原に立ち寄った際についでに行くには最適な場所にあります。うみの博物館と言っていますが、私は小さい頃から真面目な水族館だと思っていましたので、行くのが楽しみな場所でした。施設は大きく分けて3つのゾーンに別れています。その一つが、水族館ゾーンで、ここの目玉が、いわゆる水族館にあるような大きな水槽があり、さながら小さな駿河湾になっています。下から見上げるようになっているところもあり、駿河湾はサメが多いので、そのサメを間近に見ることができます。また、近年ブームの深海魚も見ることができます。イルカなどはいませんので、ショーはありません。あくまでも博物館です。でも、ショーなどなくとも見ごたえ十分だと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ