高岡城

更新日:2018年12月7日

富山城に隠居した加賀の前田利長が火災による延焼で消失した富山城の代わりとして1609年に築城しました。当初この地は「関野」と呼ばれていましたが、利長はこれを「高岡」と改め完成前より入城していましたが、1614年に没しました。

翌1615年には一国一城令により廃城となりましたが、廃城後も密かに軍事拠点としての機能は保持されていたと言われています。

基本情報

読み方 たかおかじょう
別名 ×
住所 富山県高岡市古城1-9
電話番号 0766-20-1563
公式サイト こちら
城郭構造 梯郭式平城
天守構造 不明
築城主と築城年 前田利長 1609年
主な城主 前田利長
廃城年 1615年
営業時間 ×
定休日 ×
入場料 ×
駐車場
アクセス 万葉線本丸会館電停より徒歩3分
JR氷見線越中中川駅より徒歩4分
JR北陸本線高岡駅より徒歩15分
「古城公園」バス停または「中川」バス停より徒歩1分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●富山県高岡市にある、高岡城は現在は存在せず、城跡が古城公園となっています。加賀藩の前田利長が1609年に建て、その年から高岡市の歴史が始まりました。現在では城跡の中に、市立動物園や武道場、そして神社があります。多くのイベントの会場にもなっていて、初詣時には屋台が多く出店し多くの人が立ち並びます。春先には公園周りには桜が咲き、市民の花見の主要スポットとなります。この時にも多くの屋台が立ち並び、にぎわいます。また、高岡市は大友家持由来の地でもあります。毎年、恒例となっている家持イベントの一つに、万葉集の読み聞かせを夜通しで行われます。公園の中央部分には、歌を詠むのにふさわしい、昔ながらの造りをした堀があり、きれいな自然に囲まれて、着物着て歌を詠む皆さんを見るのを毎年とても楽しみにしています。ランニングやボール遊びをするスペースも十分で、市民のよりどころとなっています。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●富山県高岡市にあるお城です。現存しないので、城跡という言い方のほうが良さそうです。5年で廃城となっているので、建造物が残っていないのが残念です。城跡全体が公園となっていて、園内の様々な場所に遺構を見ることができます。その最大がお堀でしょうか。築城当時とほとんど変わってないのが特徴のようです。利長さんの時代から続く、歴史の風景をみることができるのではないでしょうか。個人的には、犬走りなどちょっと外れたマイナーなところを歩くのが好きです。公園ということで、市民憩いの場となっていますね。園内には、射水神社や動物園などもあり幅広い年代の人が過ごせる場所だと思います。また、春の桜や秋の紅葉には見応えがあります。特に、春の桜のシーズンは近隣の駐車場がいっぱいになるほどなので、ちょっと離れたところの駐車場を利用したほうが良さそうです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ