黒部市吉田科学館

更新日:2018年12月7日

科学の神秘に触れることを目的に、昭和61年に開館した科学館。館内はプラネタリウムのドームを中心に、実験ができる教室や研修室、会議室を備えています。

プラネタリウムは直径20メートルと大規模で、13500個の恒星を映し出す精細さ。更に宇宙をより壮大に感じることができる「4次元デジタル宇宙ビューワーMitaka」の投影も行っているので必見です。

基本情報

読み方 くろべしよしだかがくかん
住所 富山県黒部市吉田574-1
電話番号 0765-57-0610
公式サイト http://www.kysm.or.jp/
ドーム径 20メートル
座席数 / 形 240席 / 扇形
機材・機種 コニカミノルタ MS-20 AT
投影日時 平日:10時~・11時~・13時30分~・14時30分~
土日祝:10時~・11時~・13時~・14時~・14時30分~・15時30分~
観覧料 一般300円 高大生150円 中学生以下無料
駐車場 80台
アクセス 生地駅より徒歩10分
「吉田科学館前」バス停より徒歩1分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●富山県黒部市にある科学博物館です。4~5年前にデートで行きました。小学生の時に社会見学で行った以来二十数年ぶりの訪問でした。ここにいった理由は、普段の開館時間は1700時までなのですが、週末の夜は特別には癒しの音楽とアロマの香りを加えた大人向けのリラクゼーションプラネタリウムというのをやっていたからです。大人のためといっても子供もいましたけども。プラネタリウムのプログラムに合わせて、ドライアイスの煙がでるのはたまにありますが、それがリラクゼーション音楽とアロマの香りの煙になっていました。椅子のリクライニングもあり、非常にふわふわした、眠いような、気持ちよさがありました。それが終わった後は科学館の外に出て、天体望遠鏡で天体観測会も行われ参加しました。しかもその日は、近くの生地海岸で花火大会もあったので科学館の外から天体観測しつつ、花火も見れて一石三鳥の体験が出来ました。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ