天津司舞

更新日:2018年12月7日

山梨県甲府市古瀬町の天津司神社で舞われる田楽。地元では「オテヅツサン」と呼ばれ親しまれています。等身大の9体の木造人形で田楽を踊ります。中世から伝わるともいわれるこの舞は、元々12体の人形があったとされ、「2体は天に昇り、1体は鏡池に没した」という神話が残っています。国の重要無形民俗文化財に指定。

基本情報

読み方 てんづしまい
開催日時 4月10日前後の日曜日
開催場所 山梨県甲府市小瀬町・下鍛冶屋町
電話番号 055-237-5702(甲府市観光課)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】南甲府駅からタクシーで10分
甲府駅よりタクシーで20分
【バス】甲府駅南口バスターミナルより山梨交通バスで30分
【車】中央自動車道甲府南ICより車で10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ