広島城

更新日:2018年12月7日

戦国時代、中国地方に広大な領土を領有する大大名となった毛利氏が吉田郡山城に変わる居城として、輝元によって1598年に建てられました。秀吉の大阪城の影響を受けたという黒い大天守と二つの小天守を連結させた平城で、日本三大平城にも数えられています。

明治以降も小天守は撤去されましたが大天守は残され、陸軍の軍用地となって軍都広島のシンボルでもありました。しかし、1945年の広島への原爆投下時に天守は自重によって倒壊してしまいました。

1951年に広島国体の開催に合わせ一時期木造で天守が再建されましたが会期後取り壊され、現在の天守は1958年に外観復元されたもので、SRC造りですが最上階は木造になっています。

基本情報

読み方 ひろしまじょう
別名 鯉城・在間城・当麻城
住所 広島県広島市中区基町21-1
電話番号 082-221-7512
公式サイト http://www.rijo-castle.jp/
城郭構造 輪郭式平城
天守構造 複合連結式望楼型5重5階
築城主と築城年 毛利輝元 1589年
主な城主 毛利氏・福島氏・浅野氏
廃城年 1874年
営業時間 9時~18時
※12月~2月は17時まで
※ゴールデンウィークと8月上旬は19時まで
定休日 12月29日~31日
入場料 一般360円 小中高生と65歳以上は180円
駐車場 ×
アクセス 県庁前駅または城北駅から徒歩12分
紙屋町東または紙屋町西電停から徒歩15分
広島駅から徒歩25分
「合同庁舎前」バス停から徒歩8分
「広島バスセンター」バス停から徒歩12分

口コミと評判

20代男性

●●私が通っていた高校の道路を挟んで真向かいにこの城があります。つまり、教室の窓からお城を眺めることができるということで、かなりいい立地に高校があったものだと思うのですが、体育の時間や部活動などでうちの高校の生徒は城のお堀の周りを走らされます。一周が大体1.3kmぐらいで毎日誰かしらがそこを走っていました。お堀の周りには喫煙所みたいなところがあって、よく高校の教師がそこで煙草を吸っていたのを思い出します。校舎内は禁煙ですからね。城の敷地にはたまに右翼の街宣車が止まっていることもあり、よく授業中にその街宣車がお堀の周りを爆音で音楽を流しながら走っており、授業が中断するといったことも多々ありました。お城の中には確か200円ぐらいで入れます。中は普通のお城です。確か大きな太鼓があって、それを鳴らして遊んでいた記憶があります。

●●広島城は広島市の繁華街から近い好アクセスなので、訪れるのに電車や車、バスなど、様々な手段で行けることが魅力です。広島城全域が広島城址公園となっていて、デパートが近くにあるので買い物の拠点や目印としての利用もできます。お城付近の公園はお正月でも人が大勢おり、露店などが並ぶため非常に賑やかです。

日本三大平城に指定されている広島城自体も独自の魅力があり、それほど高くないものの、広島市のビルなどの風景を一望できます。お城とその周辺の公園共に魅力があり、デートの目的地として使用することもおすすめです。観光スポットとしても人気で、他府県から訪れた人、外国人の方などの姿をよく見かけます。付属の博物館は、広島城の歴史や成り立ち、広島とのかかわりなどの事細かな展示が行われており、歴史のロマンを感じる展示物とともに、お城の博物館ならではの風情もあります。

20代女性

●●広島城は広島では有名なお城なのですが、一見地味な雰囲気を感じつつもその施設内の体験コーナーで実に楽しめます。広島城のお勧めの施設は、着物を自由に着て撮影ができるコスプレコーナーです。昔の人が着ていた着物を再現されており、それを客が着て楽しめるのです。子供にはたまらないと思います。私は大人だというのに、少し恥ずかしいなと思いつつもノリで着物を着て撮影したのですが、まるで子供に戻ったかのような楽しさを感じてしまいました。刀や甲冑も当然展示されているのですが、さすがにこれは着用をする事ができず、見るだけでしたが見事な武器や防具には、実際に利用されていたというリアリティを感じ、圧倒される素晴らしさが有りました。

30代男性

●●地元のシンボルともいえる広島城。すぐ横には護国神社もあり、子供のころは節目節目で訪れていました。別名で「鯉城」ともいわれています。この「鯉」は地名由来ともいわれていますが、それが広島東洋カープを代表に、様々な企業名や施設名にも使用されているのでこの点もポイントですね。市内中心部の繁華街からは歩いていける距離で、公共共通機関を使うと逆に時間がかかる場合もあるため、出発地点によっては歩くことを前提にスケジュールを立てるとスムーズかもしれません。広島駅からはタクシーやバス、路面電車といくつかの方法でほど近くまでいく事ができるのも魅力ですね。原爆によって全壊した天守閣で、現在は再建されたものとなりますが、天守閣から広島の三角州に拡がる中心市街地を眺めるのもまた良いです。春先にはお花見の名所として、地元企業の方々や友人グループなど大勢が城址公園に訪れて桜を鑑賞するのが毎年の風物詩として見受けられます。地元に帰った際は近くを通りかかると、ふと目をやってしまいます。広島のアイデンティティの一つですね。

30代女性

●●4歳の娘、2歳の息子を連れて訪れました。残念ながら復元されているのは一部のみですが、広い敷地には城跡がたくさんあり、子供達は走り回って遊んでいました。復元された天守の内部には大人・子供共に楽しめる展示や体験型展示がたくさん。特によろいや兜、着物等を身に着けて写真を撮ることが出来たり、本物の刀を手に取って重さを確かめる事が出来たのが子供達には印象的だったようです。最上階の展望デッキからは、原爆ドームのドーム部分や球場も見ることが出来ました。展示や解説もたくさんあるので大人はじっくりと楽しむことができ、子供達は体験型展示を楽しむことができ、家族連れでも全員がそれぞれ楽しむ事が出来ました。ただし天守内にはお手洗いがないので、小さいお子様連れの方はご注意ください。

40代男性

●●広島観光と言えば、宮島、平和公園、広島城です。私は広島県在住のため、広島城には毎年数回は訪れます。お正月は護国神社への初詣を兼ねて。桜の時期は堀の周りにたくさんの桜の木があり、お花見を満喫します。世界自閉症啓発デーは天守閣がブルーにライトアップされ、とても綺麗なのでなるべく訪れて、写真を撮ります。日曜日に行くと、たまに安芸ひろしま武将隊がイベントをやっており、楽しませてもらっています。堀は結構広く、お城の周りをぐるっと回ると3000歩近く歩けて、私たち夫婦にとっては散歩にちょうど良いです。公園内を5分も歩けば天守閣にたどり着き、上まで登れば広島市内を一望できます。原爆ドームも見えます。料金は大人370円です。私たち夫婦はいつも登るわけではありませんが、登らなくても十分に楽しめます。観光に来られた方はぜひ登ってほしいですね。

40代女性

●●広島観光の一か所として寄りました。山の上に建てられた城しかイメージがなかったので、平城のゆったりした雰囲気もよいなと思いました。お城の中の陳列は鎧や刀、当時の御生活用品などでした。子供達は海外で育っているので、武具などはとても珍しく喜んで見入っていました。中でも、娘(7歳)が一番喜んでいたのは、お姫様の着物を着れたことです。私は侍の袴を貸してもらいました。ちゃんと背景まで用意され、写真を撮るのにぴったり。外国人の旅行者も喜々として写真撮影されていました。天守閣からは市内が見渡せ、真夏でしたが、涼しい風が吹き抜け気持ちよかったです。原爆ドームや資料館を見た後に重たい気持ちで帰るのもしんどいので、広島城で別の時代の雰囲気を味わうのも悪くないと思いました。街中なので近隣の道も整備されていて、キャリーを転がしながら歩くのも苦になりませんでした。できればお城の入口の横に荷物預かりを設置していただければ快適だと思います。

50代男性

●●小さな子供2人と一緒に広島観光をしたときに広島を語るうえで逃すわけにはいかない広島城に観光しに行きました。アクセスですが、私たち家族は広島駅まで新幹線で行き、広島駅から広島名物の一つである路面電車で約10分「紙屋町」で下車し、徒歩で10分ほど歩いたところで壮大な城を目撃し感動しました。広島城の中でも見どころは、ライトアップもされる天守閣でしょうが、表御門や二の丸にも展示物はたくさんあり、五大老のひとりである毛利輝元が築いたとされているだけあり、威厳がありました。私たちは近くのリーガロイヤルホテル広島に宿泊し、33階に「スカイビュッフェレストラン鯉城」とよばれる絶景の撮影ポイント兼食事場所があり、二の丸、本丸、もちろん天守もと郭が見渡せる。ここで昼食をとりました。広島城を見終わったあとは平和記念公園に行きました。広島城は平和記念公園らとともに広島のシンボルということを実感しました。

50代女性

●●広島城は旦那と一緒に行きました。初めての広島旅行で原爆ドームや宮島を満喫したあと時間が少しだけありましたので市内であと観れる観光地はあるかとネットやガイドブックで調べた結果、この広島城がありました。市街地から徒歩圏内であり、むしろ車で来るよりは観光バスや市電で来られた方がいいかもしれません。周りの駐車場、料金結構高いです。夏に行ったのですが、広島城の敷地内には木が沢山あり涼しかったような気がします。また、中はそれほどまで大きな城ではないのですが最上階意外の下の階は広島城が出来るまでの歴史やビデオ、武士が使っていた刀や鎧など飾ってあり、それを持つことや着ることも出来ます。(かなり重いので子供は注意。)観るだけではなく、体験もできるので城マニアはたまらないと思います。また最上階も少し狭いですが広島市の真ん中を一望出来て昼間で夜でも満足できる城だと思います。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●何度か足を運んだことがありますが、昨年訪れたときは外国人観光客がたくさんいて、広島ドームとともに観光する外国人が増えてきているようでした。広島の中心部にあり、路面電車でアクセスしやすく、旅行中の移動日などあまり時間に余裕がないときでも楽しめる場所です。お城の規模としてはさほど大きくはありませんが、周辺は公園として整備されていて歩くだけでもとても心地の良い場所です。天守閣は復元されたものですが、木造の天守閣は歴史を感じるクラシカルな雰囲気で、内部の資料コーナーは子供にも分かりやすい解説がされていてお城にさほど詳しくない人でも楽しめます。天守閣からは市街の風景を一望できて、とてもきれいでした。時間がなくても天守閣の外観を見るだけでも一見の価値があるので、時間がないときは外からでもその姿を見ることをおすすめします。お城にはきれいなお堀もあり、周囲の景色が水面に線対称に映っていてとても絵になる風景でした。

ページの先頭へ