アヲハタ ジャムデッキ

更新日:2018年12月7日

アヲハタはたくさんの種類のジャムを製造・販売している会社です。工場見学では、係員の説明を聞いたり、映像を視聴したりしたのちに看板商品である「アヲハタ55ジャム」の製造工程を見学する内容となっています。原材料となる果物が様々な工程を経てビンに詰められ出荷されていくまでの工程を知ることができます。工場見学中には製品の試食の時間も設けられています。

基本情報

読み方 あをはた じゃむでっき
住所 広島県竹原市忠海中町1-2-43
電話番号 0846-26-1550
公式サイト こちら
見学内容 低糖度ジャムの製造工程
見学料金 無料
見学可能日時 火~土:9時30分~10時30分、13時~15時
見学可能人数 最大80人
対象年齢 特になし(ジャム作り体験は中学生以上)
予約方法 電話
お土産 試食あり
写真撮影 不可
所要時間の目安 90分(ジャム作り体験を希望する場合は150分)
駐車場
アクセス 【電車】JR呉線忠海駅から徒歩5分
【車】山陽自動車道本郷ICから30分
広島空港から35分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●パンに付けて食べると言えば、私の家ではアオハタさんのジャムでした。学校の給食とかにも出たりしてて、とても有名だと思っています。見学するにあたって成り立ちから説明がありました。思ったことある方も多いと思います。なぜ、あんなところに会社があるんだと、私は正直思いました。市内ではなくとも、海沿いに会社を作るなんてと思いました。その理由が会社の成り立ちで分かりました。アオハタと言えば有名なロゴマークですよね。その理由もわかりますよ。そんなこんなんで私には驚きしかなかったです。「え?そうだったの?」と思うばかりでした。そして、実際見学してみるととても大きな工場にびっくりしました。有名なだけあってか迷うくらいの広さでした。高校時代食品でジャムを生産していたのでとても身近に感じられることができました。体験してみてアオハタジャムが愛される理由が分かった気がしました。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●夫婦と小学生の子ども2人との4名で見学に伺いました。まずはじめに驚いたのは、ジャムデッキの美しさです。忠海港のすぐ側にあるのですが、水色の建物と海の青さがマッチして建物を見るだけで気分が盛り上がってきました。予約制で、定刻になるとツアーの始まりです。この日は夏休みだったこともあり、お客さんの多くは小学生連れのファミリー層でした。はじめにアヲハタの歴史やジャム作りの簡単な説明を受けます。その後、ジャム作りの部屋へ移動し、いよいよジャム作りの開始です。事前に説明を受けているのと、器具なども整えられているのでスムーズに作業を行うことができました。ジャム作りですので加熱作業が多いのですが、安全に対する配慮もしっかりされており、小学生でも安心して作業することができました。ジャム完成までの間に、試食タイムもあります。アヲハタの様々な商品を試食することができます。糖分控えめ、瀬戸内限定のもの等、普段口にする機会の少ないものもあり、大人も子どもも楽しめる試食でした。同じ建物内にお土産用のジャムも販売されているのですが、この試食会の後、衝動買いしてしまったのは言うまでもありません。その後は、隣接する工場まで歩いて行き、ジャムができるまでの工程を見学させていただきました。向上見学の時間も見られる工程も、思ったより少ないものでした。「工場見学」ですが、メインは「ジャム作り体験」と捉えた方がよいかと思います。時間は丸半日かかりますので、十分に時間の余裕を持って行かれた方がよいかと思います。ただ工場を見学するだけではなく、手作りジャムが作れるので、お子様でも退屈せずに時間を過ごすことができると思います。手作りの好きな方にはおすすめの向上見学です。私も、また機会がありましたら再びチャレンジしたいと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ