カルビー 広島工場

更新日:2018年12月7日

広島工場では主に「かっぱえびせん」やスナック菓子が製造されています。工場見学では、実際にかっぱえびせんやそのほかのスナック菓子が製造されている工程を見学できる内容となっていて、「やめられない とまらない かっぱえびせん」がどのような作業を経て製品になるのかを学ぶことができます。工場見学ではできたての製品を買える時間も設けられています。

基本情報

読み方 かるびー ひろしまこうじょう
住所 広島県廿日市市木材港北16-9
電話番号 080-1634-5530
公式サイト こちら
見学内容 かっぱえびせんやスナックの製造工程
見学料金 無料
見学可能日時 平日:10時~11時30分、13時30分~15時
見学可能人数 2~45人
対象年齢 小学生以上
予約方法 電話・FAX・インターネット
お土産 試食あり
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 90分
駐車場
アクセス 【電車】JR廿日市駅より徒歩30分
広島電鉄廿日市駅より徒歩30分
【車】山陽自動車道廿日市I.C.より15分

口コミと評判

20代男性

●●カルビーの商品が好きで、地元の仲間と団体で工場見学に行くことができわくわくしていました。「かっぱえびせん」の製造工程と創業した当初の工場の模型が見れて楽しかったです。工場の外も中も清潔にされており、食品の製造業として、最先端を進んでいる気がしました。特に従業員の方々が製造ラインに入室される際の衛星準備室での手洗いやエアーシャワーの様子を見て、これなら子供たちに食べさせても安心だなと実感しました。また、実際に出来立ての「かっぱえびせん」や「さやえんどう」を食べることができ、おいしさの違いを感じることができ、これからもしっかり購入しカルビーファンでいようと思いました。最後に、出口付近で高級な「かっぱえびせん」を販売してもらい、家に帰った後に食べたのですが、普通のかっぱえびせんにはないボリューム感があり、美味しかったです。ただ、この商品はこの工場でないと買えないそうです。

20代女性

●●私は個人的にカルビーさんの商品が好きで、新作が出れば買って食べています。そんな会社に見学に行けたことに感激しました。最初に行ったのはカルビー会社ができるまで、なりたちですね。それから各商品の説明、作り方など教えていただきました。一連の流れや会社を見終わってただ「感動」の言葉しかなかったです。友達と行ったのですが、「凄い凄い」とずっと言っていました。カルビーさんの袋の構造に関しては驚きました。まさかそんなにと思いました。作る工程もとても面白く、あれが全部商品だと思うと、もうよだれが止まりませんでした。地方限定だったり、店舗限定だったり、普段食べ続けている私でも知らないものがありました。私の地元が島根県で近かったにで行ったのですが、遠方の方でも十分楽しめると思います。ぜひ、一度行ってみてほしいです。それと私自身また機会があれば行きたいなと思っています。

30代男性

●●かっぱえびせん好きとしては聖地の広島工場に行くことができ、感激しています。エビが何と贅沢にも4種類も使われているんですね。本当に美味しそうなエビが使われているんだという安心感と、商品の重要な製造工程を知ることができ、よりかっぱえびせんファンになりました。生地の成形はとても早く、機械化されたそのシステムに驚きです。また、乾燥前のかっぱえびせんは意外にも大きく、その状態でも食べてみたいなあと思ってしまうほどです。味付けも非常に大掛かりなドラムが回っていて、手間隙が掛かっているということを知りました。今や国民的スナック菓子のかっぱえびせんの品質の理由を理解でき、これからも食べ続けていきたい商品だと思いました。

30代女性

●●夫婦と小学生の子ども2人で伺いました。自家用車で行ったのですが、廿日市市の工場地帯の中、案内看板などもなく少しわかりにくい場所にありました。(カルビーと書かれた工場が遠くからでも見られるのですが、見学できる工場と、もう一つの工場とが隣接しているのでどちらに行けばよいのか迷ってしまいました。)工場見学自体はとても楽しいものでした。まず、建物内に入ると、かっぱえびせんのキャラクターがお出迎えです。そこで担当の方に記念写真を撮っていただきました。人数が揃うと、スライドアニメでカルビーや商品の歴史などをおもしろおかしく紹介してくださいました。どちらかと言えば子ども向けの内容ですが、大人の方でも楽しめると思います。その次は、工場へ移動し、製品のできる課程をクイズなどを交えながら見学します。途中、できたての「かっぱえびせん」と「さやえんどう」の試食をさせていただきました。できたてのお菓子とはこんなに美味しいものか!と参加者一同驚愕していました。ここでしか食べられない味なので、スナック好きの方にはたまらない経験だと思います。お菓子の製造過程だけではなく、その後の包装・梱包作業も見ることができ興味深い内容でした。小学生の子どもたちも機会で器用に箱詰めされていく様子に目を見張っていました。見学の後にはカルビー商品のお土産をいただきました。商品の販売もしていましたが、種類は少なかったように思います。身近な商品ができるまでの過程を見学することができ、有意義な時間を過ごせました。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ