隠岐島前神楽

更新日:2018年12月7日

隠岐諸島(そのうち、西ノ島、中ノ島、知夫里島)で古くから伝わる神楽。古来より隠岐諸島には、祈祷のための神楽を専門とする5家の「社家」(神楽師)がいましたが、現在は、秋月・石塚の2家のみ。夏まつりで「大神楽」が行われ、巫女が重要な役割を持ち、早めのテンポのお囃子などがこの神楽の特徴です。島根県の無形民俗文化財。

基本情報

読み方 おきどうぜんかぐら
開催日時 7月中旬下旬
開催場所 島根県隠岐諸島(西ノ島・中ノ島・知夫里島)
電話番号 08512-2-0787(隠岐の島町観光協会)
公式サイト ×
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【船舶】七類港からフェリーで3時間

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ