島根県立古代出雲歴史博物館

更新日:2018年12月7日

こちらの博物館では、島根の文化を紹介しており、出雲大社や出雲国風土記、青銅器などに関する資料が展示されています。テーマの中には、出雲大社に関わる謎を重点的に扱っているなど、興味深いコーナーも数多く存在しております。また、神話に関するゾーンを設けていたり、体験型で学ぶことのできるゾーンも設置されています。

基本情報

読み方 しまねけんりつこだいいずもれきしはくぶつかん
住所 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
電話番号 0853-53-8600
公式サイト こちら
営業時間 9時~18時
休館日 毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日)
入館料 大人610円 大学生410円 小中高生200円
年間パス 大人1,500円 大学生1,000円 小中高生500円
駐車場
アクセス 一畑電車「出雲大社前駅」から徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●出雲大社が空中神殿だったという話しをご存知ですか?ここでは、出雲大社から発掘された3本の柱を元に、どのような神殿だったのかを再現した模型が複数展示してあり、どの神殿だったんだろうとわくわくしながら見て回れます。知らず知らずのうちに、自分が支持する神殿模型の説の根拠探しのような目で真剣に展示物を見て回ってしまいました。発見された当時、大ニュースになった加茂岩倉遺跡の銅鐸や荒神谷遺跡の358本すべての銅剣が展示されていて圧倒されます。発掘された当時は日本で発掘された銅剣は300本あまりでしたが、この荒神谷遺跡で358本という大量に発掘されたことは、考古学の世界を騒然とさせました。その錆びついた銅剣が目の前にあることに大興奮でした。出雲=邪馬台国説がないことはない説だという人もいます。邪馬台国とは言わないにしろ、数々の歴史的発見がある出雲って本当に特別な国なのかもしれないと古代に思いを馳せながら見て回るとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●出雲大社のすぐ横にある博物館です。中には島根県にある古代遺跡からの発掘品などが展示されています。その中でも私がすばらしいと思うのは次の3つです。ひとつは加茂岩倉遺跡出土の39個の銅鐸です。個々の銅鐸は袈裟襷文の銅鐸が多く弥生時代中期のものだと言われています。日本で見つかっている銅鐸は約600個くらいと言われていますので1か所で39点も固まって出てきたのはすごいことです。39個の展示は迫力があります。もうひとつは荒神谷中細型銅剣でなんと358本も出てきています。これも壁一面に展示されていて圧巻です。中には作った当時の金色の復元品も展示されていてその煌びやさに驚かされます。そして最後に宇豆柱で最近になって発掘された直径約3mの3本1組の大柱です。出雲大社が古代に高層建物だったとする説を裏付けるものとされています。この3つを観るだけでも出雲付近が古代から栄えていたことがうかがえます。出雲大社に行く時には、忘れずここに立ち寄って古代のロマンを感じてください。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ