鳥取しゃんしゃん祭

更新日:2018年12月7日

鳥取の夏の風物詩。昭和36年(1961)に誕生した商工振興と聖神社・大森神社の例祭を合わせた「鳥取祭」が前身。市内パレードだけでは盛り上がりに欠けると、「因幡の傘踊り」をアレンジして取り入れ、大衆的な祭りにしました。現在では、竹の骨組みに和紙を張り、鈴をつけたしゃんしゃん傘を一回り小さくし、誰でも踊れるようになっています。また、しゃもじ型の板に鈴をつけて踊る「すずっこ」もあり、気軽に踊れる祭りです。

基本情報

読み方 とっとりしゃんしゃんまつり
開催日時 8月中旬の一週間
開催場所 鳥取県鳥取市
電話番号 0857-26-0756(鳥取しゃんしゃん祭振興会)
公式サイト http://tottori-shanshan.jp/
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】鳥取駅から徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●鳥取の夏を彩る傘のお祭りそれが鳥取しゃんしゃん祭りです。鳥取駅前の道路を通行止めにしてたくさんの踊り子さん方が一斉に踊る姿は圧巻です。数曲の音楽をリピートして夕方から夜にかけて踊り続けるためすごくハードだなと思いました。音楽の中にはリズミカルな音楽もあり若い方でもすごく乗りやすいなと感じました。北島三郎さんの歌う曲もあり老若男女誰でも楽しめるお祭りです。屋台など歩道にびっしりと並びそちらの楽しみもあります。会社や地域などいろいろな団体で連を作り参加しているので少数の所や大人数の所など見どころはいくらでもあります。しゃんしゃん祭りの踊りは決められた振り付けを踊る曲と自由に振り付けできる曲と分けれていて様々な踊りを見ることができます。すぐそばでダイナミックな踊りを見ることができるので縁石に腰掛けて見ている方もたくさんいました。翌日には花火大会もあり鳥取の夏はこうして過ぎていくのです。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●元々は雨乞いの祭りであった鳥取しゃんしゃん祭り。毎年お盆にはしゃんしゃんウィークといって1週間程度イベントがあり、しゃんしゃん祭りの次の日は花火大会と順番逆の方がいいのではとも思わなくはないです(笑)。さてしゃんしゃん祭りというのは多くの人が各々で「連」というグループを作り、その連ごとで整列して一斉に傘踊りをしながら駅周辺を回る鳥取市最大のお祭りです。踊る際の音楽は昔はきなんせ節と他数曲も民謡のみでしたが、平成15年からアップテンポな曲も加わり若者も多く参加するようになりました。若者参加の増加に伴ってか衣装も華やかなものが増え、夜の街を彩り、特に鳥取駅前の本通りから見るその光景はとても美しいです。また平成14年には世界最大の傘踊りとしてギネスブックに認定され、今後更なる盛り上がりをみせる祭りであろうと思います。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●鳥取駅前から真っ直ぐ伸びた3つの街道すべてがしゃんしゃん祭の為に通行止めにするという、大掛かりで大規模なお祭りです。「連」と言われる傘踊りのチーム総勢150連がA部門とB部門とに分かれて踊ります。因幡の傘踊りが大衆化にアレンジされ、傘についた鈴が踊りにあわせて「しゃんしゃん」と鳴り見ていてとてもキレイで見ごたえのある踊りです。最近では創作踊りもあり、アレンジを効かせた若い人中心の連が「創作部門」グランプリ連覇中ととにかく熱い!衣装も各連でこだわりがあるので、衣装を見るだけでも楽しいです。平成26年のしゃんしゃん祭では最大の傘踊りとしてギネスに認定された事でも知られています。「傘」と言っても雨傘風ではなく、それぞれの色や形に意味があり鳥取県ならではを表しているそうです。しゃんしゃん一斉踊りの翌日は納涼花火大会が開催されます。千代川(せんだいがわ)が会場ですが、この千代川も鳥取駅から徒歩10分~15分と近く行きやすいです。 ぜひ、鳥取に連泊してしゃんしゃん祭と納涼花火大会両方を楽しんでください!納涼花火大会が始まるまでは漁港で海の幸を堪能するも良し、仁風郭(るろうに剣心のロケ地)を見て鳥取の歴史に触れるのも面白いです。 気を付けないといけないのは「しゃんしゃん祭」の開催日が発表されると、すぐに駅近郊のホテルは満室になりますので3月末ぐらいから公式ホームページをチェックし直ぐにホテルを予約した方が良いですよ!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ