山口宇部空港

更新日:2018年12月7日

山口県南西部の宇部市にある空港で、JAL・ANA・スターフライヤーの3社が羽田行1路線を運航しています。空港へのアクセスは山口市内・下関駅・萩市内からの連絡バスや乗合タクシーがあります。空港内にはココスなどのレストラン3店舗と、やまぐち特産品プラザなどの売店4店舗があります。空港からは、土・日・祝日に山口観光周遊バス「おいでませ山口号」が運行されています。

基本情報

読み方 やまぐちうべくうこう
別称
種別 拠点空港(特定地方管理)
空港コード UBJ / RJDC
住所 山口県宇部市沖宇部625
電話番号 0836-31-2200
公式サイト こちら
ターミナル 国内線・国際線
営業時間 7時30分~21時30分
国際線
免税店
駐車場
滑走路 2500×45
アクセス 各地からバス

口コミと評判

20代男性

●●以前、山口県宇部市に住んでいてこの空港を何度か利用させてもらっていました。空港自体は大きくありませんが駐車場が多いために車で空港に行く人が多いようです。空港のある宇部市には新幹線が通っていないため、山口市の新山口駅か厚狭駅で新幹線からバスに乗り換えるしかありません。在来線なら宇部岬駅および草江駅から徒歩で20.30分かかります。空港の内部ですが国内線と国外線が分かれており、案内の方がしっかりしているため迷う心配はありません。しかし、山口宇部空港は待つ場所が少なく、食事する場所がほとんどないために、私はパンやおにぎりをコンビニで買って持っていき食べていました。もう少し空港内の施設を充実させてくれるとうれしいです。しかし、山口県宇部市は瀬戸内海に面しており気候の変動が少ないためかフライトの遅れをほとんど聞かないため、時間さえ守れば無事にスケジュール通りにフライトできると思います。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●とてもコンパクトにまとめられた空港で、飛行機が離発着する時間帯は人でそこそこ込み合いますが、それ以外の時間の場合は閑散としていて、お土産をゆっくり見たい人にはそういう利用方法もありかと思います。空港施設ビルは新しい方で、とてもきれいな印象であります。空港までのアクセスは各種ありますが、利用時は新山口駅前からのアクセスバスを利用しました。バスで約40分ほどで空港に着くのでとても便利です。それ以外の方法として宇部線の草江駅を利用する方法もありますが、駅から空港までは少し距離があります。空港内には食事処も数軒あり、出発までの時間をゆっくり過ごすことができ、またお土産店も数件あり、山口県内の特産品、お土産なども多数売られています。ここから東京までのフライト時間は約90分ほどで、新幹線を利用するよりは早く着きます。国際線も就航しておりますが、国内線とのビルとは別になっております。

30代女性

●●友人の弟を迎えに行くために山口宇部空港に行きました。山口宇部空港は1500台の無料駐車場を完備しているので、駐車料金を気にすることなく、ゆっくり待つ事が出来ました。しかし山口県で人口が一番多い下関市から遠く、県庁所在地の山口市からも少し離れた場所にあるため、山口県民は山口宇部空港を利用する事がそう多くないと思います。そのためか、せっかく広い無料駐車場があるのに停めている車は多くなかったです。私はそこでは食べなかったですが、2階出発ロビー前にはファミリーレストランのココスがあって、山口宇部空港店だけの特別メニューがあるようです。お土産屋は何店舗かあって、山口県の特産品を売っている店が8店舗と、コンビニがあります。友人は山口銘菓の豆子郎という名前のういろうを買っていました。他の県のういろうとは少し食感が違うのだそうです。大きい空港の割には利用者が少ないのでのんびりとした時間を過ごせました。

40代男性

●●山口市、湯田温泉、下関、そして萩等、山口県の観光を担う空港です。国際線ターミナルも備えた空港ですが空港自体はこじんまりとしております。三階建てビルの二階にはファミレスのココス、山口県の特産品を扱う土産店、ANAフェスタ等があり、食事、お土産購入の面で品数、質とも問題なく、忙しく観光地でお土産等を買うことが出来なくてもこちらで十分に対応できます。私自身は萩に得意先があり、2か月一度のベースで東京から出張に出掛けます、以前はほぼ新幹線を利用していたのですが、あることを知ってから100%航空機利用となりました。それは何と言ってもこのターミナル二階手荷物検査場近くにある「角打鍋島」の存在を知ったからです。実は萩に向かうには、自宅の位置からも新幹線利用の方が明らかに効率が良いのですが、出張終わりに空港でこのお店に立ち寄るが為だけに航空機利用に変えたといっても過言ではありません。お店自体は「へっ?」って感じの、本当に小さいお店なのですが、日本酒大好きの出張族にはにはたまらないお店です。山口と言えば獺祭が有名ですが、このお店ではその獺祭が気軽に味わえます。晩酌セットというものがあり、ワイングラスに入ってくる「獺祭」に獺祭(種類も選べます)のテイストに合った乾きもののあて三種類が付いたセットが、なんとたったの1000円で楽しめます。前日にお客さんと仕事気分で飲む「獺祭」とこの時間に飲む「獺祭」はまるで味が違うように感じます。出張終わりの家に帰るだけ、全てから解放された時間に飲む山口の名酒「獺祭」の味は格別です、たまりません!

40代女性

●●山口宇部空港はこじんまりした空港です。私は山口県出身でこの空港を利用して東京方面に飛ぶことが多いです。以前は北海道便もあったのですが、今はなくなってしまったのが残念です。東京方面には、一日何便もあるので、利用客は多いですが、手荷物を預けるところなどは混み合うことはないので、手続きはスムーズに行うことができます。またいつも手荷物を預けた後は、お土産屋に移動して蒲鉾やフグなど特産品を購入します。山口でしか買えない物が取り揃えてあるので、見ていてとても楽しいです。施設の中はそれほど広くありませんし、ゆっくり時間までお土産屋で過ごしても十分間に合います。また展望台などもあるので、子供連れにも楽しめます。トイレも綺麗ですし、ベビーカーなども利用できるので、小さな子供がいてもゆっくり利用でき大丈夫です。

50代男性

●●山口宇部空港へ行く際の交通機関は基本的にはバスが便利ですが、マイカーで空港に行っても駐車場が広く、しかも無料というのが一番の魅力です。駐車場の監視は実施されていますので、安心して駐車ができます。まさに飛行機へのパークアンドライドといった形です。山口宇部と羽田は1日10往復と意外に本数も多く、便利です。さらに今後は国際線の定期便も設定される動きがあり、大変楽しみです。ターミナルビルは国内線、国際線と別れています。ターミナルビルは比較的新しく、1階が各航空会社のカウンター、及び到着ゲートや各レンタカーのカウンターがあります。2階にお土産やファミリーレストラン、ラウンジと搭乗ゲートがあります。ターミナル自体はコンパクトでわかりやすい動線です。便が到着すると宇部空港を出る路線バスが到着ゲート前にいますので、スムーズな乗降が可能です。

50代女性

●●千葉に住む妹が毎年こちらに帰省するとき、送迎しています。広い無料の駐車場もあるので助かります。玄関口周辺にはバラの季節になると、それはそれは見事なバラ達が出迎えてくれます。宇部空港のバラはその時期になると地元のニュースでも紹介されるほど、数も種類も多くとても綺麗です。空港内は広くてゆったりしていますが、そもそも山口は人口の少ない街なので、人でごった返すことはほぼないです。そのせいか飲食店などの施設は少々寂しい状況ですが、その分静かな時間が流れています。都会の喧騒とは全く無縁で、しかしそれが良い味を出していると、この年になると思います。トイレも、一軒しかないレストランも、混んでる時を見たことがありません。空港の施設としては商売的にはどうなのかなとも思いますが、利用する側としては人が少ない方が楽です。いつ行っても掃除が行き届いていて気持ちの良い空港です。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ