大通公園・札幌駅前通り・南一条通り

昭和56年から毎年開催されている歴史あるお祭りです。通りのすべてが明るい光に包まれていて、大通公園にあるイルミネーションのオブジェは、なんと気温の低さで雪の反射が加わり美しく輝きます。1丁目には「愛のツリー」と呼ばれるツリーもありますので、ぜひそちらで写真を撮ることをオススメいたします。

基本情報

イベント名 さっぽろホワイトイルミネーション
読み方 おおどおりこうえん・さっぽろえきまえどおり・みなみいちじょうどおり
住所 北海道札幌市中央区
大通会場:大通西1~3丁目
札幌駅前通り会場:北4条~南4条
南一条通り会場:南1条西1丁目~3丁目
電話番号 011-281-6400
公式サイト こちら
開催時期 11月下旬~2月中旬
点灯時間 16時30分~22時
電球の数 約45万個
クリスマスツリー
入場料 無料
駐車場
アクセス 地下鉄大通駅から徒歩1分

口コミと評判

20代男性

●●さっぽろホワイトイルミネーションは毎年札幌の大通公園で行われるイベントです。冬になると札幌市民はそろそろイルミネーションの時期だなと楽しみにする方も多いです(特に恋人がいる人)僕も毎年彼女と見に行っていますが、大きな変化はあまりないものの、大通公園全体がきらびやかな光に包まれて、とてもきれいです。オレンジ色の暖かい色が統一されている場所が一番好きですが、カラフルなイルミネーションの場所がありそこも楽しめます。紫色に光るライラック型のイルミネーションは昔から見ています。何か懐かしさを感じます。イルミネーションを見ながら出店で販売されているココアや食べ物を摂取するのがいつものパターンです。北海道の冬はとても寒いので、ココアやホットワインなどの暖かい飲み物や汁物は防寒対策にとても良いと思います。この時期は観光客の方がよくいらっしゃるのですが、寒くて早々に会場をあとにする方が多いので、暖かい格好をしてきた方がよいかと思います。

20代女性

●●家族の結婚式で訪れた際に、ちょうどホワイトイルミネーションが行われていたので行ってみました。大通り公園沿いに様々な形のイルミネーションが飾られています。色遣いも鮮やかで、とてもきれいです。土日でしたのでとても混雑していましたが、公園沿いに点々とライトアップさえている箇所があり、歩きながら見ることができますので人も分散されていました。規模は大きく、さすが北海道だなと感じました。クリスマス前でしたので、ツリーも飾られており素敵なライトアップでした。カップルでも家族でも、楽しめると思います。またクリスマスマーケットも行われていて、温かい飲み物やかわいらしいオーナメントなども購入でき大満足でした。冬には5時ころから暗くなっていますので、すごく冷え込む前に早めの時間帯に訪れると寒さに慣れていない私にはちょうど良かったです。

●●さっぽろホワイトイルミネーションは、昭和52年から開催しているので毎年恒例のイベントでもありながら長く続いている歴史のあるイベントだと思います。北海道民はもちろんのこと日本人・外国人問わず観光客の方もたくさんいらっしゃいます。11月下旬から2月中旬と期間も長くクリスマスだけではない時期にも見ることができます。電球は約45万個使われているようで、晴れている時でもとても綺麗ですが、雪が降るとより一層幻想的な空間になります!私が1番好きなのは大通り公園のテレビ塔から見ると大通りのイルミネーションが上から見渡せるのでまた違った目線で見ることができます!そして出店も出ているのでイルミネーションを眺めながら温かい飲み物を飲めるのも思い出になりますよ。冬の北海道は足元からも冷えるのでカイロなど貼って完全防備で行った方がいいです。

30代男性

●●北海道で一番有名なイルミネーションと言えば、札幌の大通公園を中心に行われるさっぽろホワイトイルミネーションです。11月半ばから始まって、大通公園はクリスマスまで、札幌駅前通りは雪まつりが開催される2月半ばまで、南1条通りは3月半ばまで開催されています。45万個もの電球を使って、雪で真っ白になった札幌を色鮮やかに彩ります。一番力を入れているのは大通公園で、公園全体がイルミネーションが点灯されていて、非常に幻想的な雰囲気になっています。特に雪が降っているときには、電球の光が雪に映って、より幻想性が増していきます。イルミネーションの楽しみ方としては大通公園をゆっくりと歩くのがオーソドックスですが、オススメとしては大通公園の端にあるテレビ塔の展望台です。展望台からは札幌を一望できますし、大通公園のイルミネーションがいかに輝いているかよくわかります。上からイルミネーションを眺めることができるというのはあまりないので、ぜひ楽しんで欲しいです。

30代女性

●●北海道のイルミネーションと言えば、やっぱり政令指定都市の札幌のイルミネーションがきれいです。札幌駅前通り、札幌駅から大通公園までのイルミネーションはホワイトを基調としていて、沢山の木が光輝いているように見えてきれいです。札幌駅から大通までの地下歩道が出来ましたが、この期間は寒いですけど、イルミネーションを見ながら、是非歩いてもらいたいです!また札幌雪まつり期間中にも、大通公園はライトアップ。大通の中心部・駅前通りの周辺は、ライラックやスズランをイメージしたイルミネーション。ただライラックがピンク色に見えるので、初めて見た時は、苺かと思いました。ライラックは、札幌市の木です。近くにはTV搭もあり、ライトアップされているので、より一層きれいです。大通を西側に進めば、青色LEDなどを使った大人っぽいイルミネーションを見ることが出来ます。デートにもお勧めの場所です。

40代男性

●●さっぽろホワイトイルミネーションは毎年11月下旬から2月中旬にかけて開催されるイベントです。会場は大通公園・札幌駅前通り・南一条通りに分かれていますが、ゆっくりイルミネーションを楽しむなら何と言っても大通公園だと思います。ちなみに2015年は大通公園会場は11月20日から12月25日に決まったようです。それぞれの会場で期間は異なるようで、大通公園が一番短いようです。会場のうち、私がもっとも印象に残っているのは大通公園のイルミネーションです。公園全体がとても幻想的な雰囲気に包まれます。18時、19時、20時の各時間帯にはイルミネーションの再点灯があるのでこのタイミングで会場にいると、一層の輝きを味わうことが出来ます。イルミネーションだけでもきれいなのですが、同じ時期に開催されているミュンヘン市と併せると、本当に、「クリスマス」といったイルミネーションとなり、気分は最高潮になります。観光客にとって、この時期でも札幌の寒さは応えますが、ホットワインなどの飲み物であったまったり、ソーセージ等を食べながらこうしたイルミネーションを楽しんでいると寒さなんて忘れてしま鵜くらいです。それくらい幻想的なイルミネーションだと思います。なかなかこの季節に訪れることは少ないのですが、またこのイルミネーションを楽しみたいです。

40代女性

●●日本で最初のイルミネーションでもある『さっぽろホワイトイルミネーション』が初めて開催された昭和56年から、その時期になると毎年必ず見に行ってます。1回目の時は、まだ私は学生で、友人たちと一緒に映画を見に行った帰りにイルミネーションが点灯された大通りに立ち寄りました。現在のように数も多くなくて、凝ったイルミネーションではありませんでしたが、その初めて目にした夜の大通りを照らす眩しさと美しさを今でもはっきりと覚えています。その後、社会人になって大通り沿いの会社に勤めたおかげで、ビルの窓からイルミネーションを上から眺める機会にも恵まれました。北海道の冬の寒い空気の中で見るホワイトイルミネーションは、美しく、どこか神秘的です。最近ではLEDライトが使われていて、優しい青い光が幻想的な世界を作っている「スノークリスタル」や「クリスタル・リバー」がとても印象的でした。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●さっぽろホワイトイルミネーションと言う名前は正直、最近知りましたが、昨年の冬に大通り公園方面に用事があり、たまたま通ったら今までに見たどのイルミネーションよりもキレイでビックリしました。私が観た時には「金のなる木」とでも呼ぶべきかと言う感じの巨大な木のイルミネーションがキレイでした。観光者はお立ち台のような特設ステージのようなところに上がり、そこからだとイルミネーションが一望でき、写真も撮りやすいという場所に行き撮影をしていました。とにかくイルミネーションの範囲が長く広く、流石は北海道!と言う感動でした。ここはデートにはもちろんですが、子どもさんを連れたり家族でも楽しめるところですし、中国からの観光者が多いのでその方々を見ていても飽きないです。またお土産コーナーも充実していて楽しめます。毎年、毎年違うので飽きがきません。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ