北海道立北方民族博物館

更新日:2018年12月7日

北半球の特に緯度の高い地域である北方地域のグリーンランドやスカンジナビア半島諸国、ロシア、北アメリカ大陸の民族や文化などを中心に、調査や研究を行っている博物館です。その成果は博物館内で公開されており、誰でも閲覧可能です。

また、北海道の文化や国際交流などの寄付にも積極的に参加しています。もよおし展やこども博物館があるので、いつ、誰が行っても楽しみながら北方の民俗に関する情報を知ることができます。2005年からは、世界でも珍しい約3万年前の復元したマンモスの展示も開始されました。

基本情報

読み方 ほっかいどうりつほっぽうみんぞくはくぶつかん
住所 北海道網走市潮見309-1
電話番号 0152-45-3888
公式サイト こちら
営業時間 9時30分~16時30分(7月~9月は9時~17時)
休館日 10月~6月の月曜日(祝日の場合は翌平日休館)
年末年始
入館料 大人550円 高大生200円
年間パス
駐車場
アクセス JR網走駅からタクシーで10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●網走市の高台にある道立博物館でとても立派な建物です。内容はかなり充実していて、アイヌ民族から北方民族のルーツ、民族衣装、考古学の調査などかなり興味深かったです。入口にはマンモスがいて迫力がありました。館内は人気が無いのか非常に空いていて自由に見ることが出来ました。日本人のルーツなども解説されていて、とても興味深くじっくり時間をかけて勉強できました。展示物の多さは普通の博物館より多くて全部を見ることが出来ないほどでした。歴史や民族に興味が無ければ面白くなかもしれませんが、好きな人にはたまらなく、時間が足らなくなると思います。北海道の観光中となると時間が無いので時間があれば見に行く価値は十分あると思います。近くに流氷館もありますので、合わせて見ることが出来る立地条件だと思いました。金額的にも550円というのは内容からして安いと思います。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ