北海道鉄道技術館

更新日:2018年12月7日

この博物館は、北海道鉄道の文化や歴史を展示しています。歴史的文化価値の高い鉄道遺産としても認められている、素晴らしい博物館です。館内には、特急気動車「おおぞら」やリゾート列車「アルファコンチネンタルエクスプレス」の運転台などが展示されています。運転体験のできるコーナーもあるので、大変貴重な経験や知識を得ることのできる博物館です。

基本情報

読み方 ほっかいどうてつどうぎじゅつかん
住所 北海道札幌市東区北5条東13丁目(JR北海道苗穂工場内)
電話番号 011-721-6624
公式サイト こちら
営業時間 13時30分~16時
休館日 5月~8月の第1第2第4土曜日以外
9月~4月の第2第4土曜日以外
入館料 無料
年間パス
駐車場
アクセス JR苗穂駅より徒歩20分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●月に2~3回(時期により違う)土曜日に開いています。年に一度秋に開催される苗穂工場一般公開の日も入場できて、私達が行った時は子供や鉄道マニアの人達で賑わっていました。1階にはリゾート列車や旧式の列車の先頭部分が展示されていて運転台に触ることができます。札幌駅近辺を模した大きなジオラマでは運転体験をすることができて人気がありました。列車の先頭にカメラが付いていて、モニター画面で走る際の景色が見られるので面白いです。2階は鉄道の歴史のパネルや部品が展示してあります。技術館のレンガの建物は北海道遺産となっていて歴史を感じさせます。普段は工場の北口の門からしか入れません。JR苗穂駅から行くとぐるっと工場を西に回り込まなければいけないので不便です。門から技術館までは工場内を数分間歩くので鉄道好きならその風景も楽しめると思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ