知床博物館

更新日:2018年12月7日

ここには知床半島の動物や昆虫が多く展示されているので、生き物の生態や知床の歴史がそちらからもうかがえる博物館となっています。また、先史時代のアイヌ民族の資料なども展示されているので、今ではもう見ることのない貴重な資料を閲覧することができます。その他にも、知床と友好都市として関わりを持つ場所などに関する情報も展示されています。

基本情報

読み方 しれとこはくぶつかん
住所 北海道斜里郡斜里町本町49-2
電話番号 0152-23-1256
公式サイト こちら
営業時間 9時~17時
休館日 4月~10月の月曜日(祝日の場合は開館)
11月~3月の月曜日(祝日の場合は翌日も休館)と祝日
年末年始
入館料 大人300円 中学生以下無料
年間パス
駐車場
アクセス JR釧網本線知床斜里駅から徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●知床に向かう途中の斜里町の町内になる博物館です。知床に向かう途中に立ち寄る観光客も少なく、いつも空いています。あまり知られていないですが、穴場スポットだと思っています。施設は古いですが、知床の歴史が詳しく分かり、展示物の多さには驚きます。特に、昔から集めた物でしょう、知床の動物たちの剥製が所狭しと展示されていて、出迎えてくれます。実際、知床に行ったとしても、動物たちにいっぱい会えるわけでは無いので、実感がわきませんが、この博物館に立ち寄ると、動物園より見応えがあり、知床に来たという迫力感を味わえると思います。保護された、オジロワシ、オオジロワシを見ることが出来ます。保護された野生のものですので、動物園とはまた違った迫力があります。大きな声で鳴き、驚きました。知床に入植した人たちの苦労も分かりました。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ