サッポロスターライトドーム

更新日:2018年12月7日

全天周型のデジタルプラネタリウムや、サラウンド音響を備え、コンサートも開催する施設。オリジナルのアニメーション制作や、全天周ビデオの販売も行う制作会社が運営。

プラネタリウムコンサートでは、星空の下でライブの音楽が演奏されます。一般投影では、宮沢賢治原作のアニメをフルドームで上映。迫力の映像に圧倒されます。

基本情報

読み方
住所 北海道札幌市手稲区手稲本町2条4-1-11
電話番号 011-691-2325
公式サイト http://www.ssdome.co.jp/
ドーム径 15メートル
座席数 / 形 160席 / 扇形
機材・機種 コニカミノルタ MS-Sakubougetsu
投影日時 12時40分~・14時~・15時20分~・16時40分~
観覧料 一般800円 高校生500円 中学生以下400円
駐車場
アクセス 手稲駅から徒歩5分
「手稲駅通」バス停から徒歩1分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●サッポロスターライトドームは手稲駅から徒歩5分で、非常にアクセスが良いプラネタリウムです。このプラネタリウムの特徴は、プログラムの制作会社が運営していることです。そのため、とても自由な感じのプラネタリウムになっていて、一般的な星座紹介が続くようなプログラムではありません。私は二度行きましたが、一度目はドーム型の天井に対応したアニメでした。宮沢賢治が原作の「双子の星」をアニメ化したもので、迫力のあるアニメーションでした。二度目は、オーロラを体験するというもので、緑や赤に輝く光のカーテンが天井に映し出されていた。どちらの回もとても丁寧な説明があるので、あまり星座に詳しくない私でも理解しやすかったです。あと、気を付けた方がよいのは、休館日が多くて、しかも不定期だったりするので、ホームページや電話で確認してから行った方がよいです。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●ここのプラネタリウムが良いという噂を聞いて、1人で行ってきました。入館料は900円程度でした。星座にはあまり詳しくはないのですが、説明を聞きながらぼーっと星空を見ているのが好きで、ときどきふらっと出かけるのです。そんなに混んでいなかったので、やや後方のベストポジションを確保することができました。最初のアニメーション部分がぐるぐる回る感じの映像だったので、ちょっと目が回って気持ち悪くなりました。その後、普通の星空観察的な映像と解説で、季節の星空の解説がありました。プラネタリウムによっては難しい用語を使った結構意味のわからない解説が流れる時もありますが、このプラネタリウムの説明は素人向けなのか、とてもわかりやすくて、説明が頭にすっと入っていきやすかったのがよかったです。ここは星空だけじゃなくてアニメを投影したり、星空と合わせてライブをやったりするようなので、次はそれに合わせていってみようと思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ