ハウステンボス

ハウステンボスはオランダの街並みをモチーフとして作られたテーマパークで、総敷地面積は約150ヘクタールもあります。テーマパークとしては日本最大の大きさを誇り、映画やドラマなどといったメディアのロケ地としてもよく使われています。

春秋は花、夏はプール、冬はイルミネーションといった具合に、いつ来ても楽しめる点が特徴的で、日本国内のみならず海外からの来園者もとても多いです。長崎という西日本の中でもかなり西側に位置しているため、特にアジア圏からのアクセスがよく、台湾や中国や韓国などといったアジアからの来園者が目立っています。

そんなハウステンボスの混雑予想と攻略法をご紹介しているのが、こちらのページとなります。

次の3つがメインメニューです。東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンと比較すると、それほどの混雑状況になることはありませんが、なにせ敷地面積がとても広いですので、簡単な攻略法などを知っておくと便利かと思います。

混雑予想カレンダー

まずは混雑予想カレンダーをご紹介したいと思いますが、実はハウステンボスはそれほど混雑しませんので、いつでも割と快適に楽しむことができます。繁忙期となるゴールデンウィークや夏休みなどといった大型連休でも、ほとんど全てのアトラクションは30分も待たずに楽しむことができます。

攻略法

前述の通り、待ち時間が長すぎてアトラクションを楽しめないというケースはほとんどありませんが、敷地が広いことから、近くのアトラクションから回ったりするなどの工夫は必要かもしれません。好きなアトラクションから順番に適当に回っていると、移動距離が長くなって疲れてしまう可能性があります。

なお、攻略法のページでは、ハウステンボスに関する様々な情報を扱っています。無料で楽しめるゾーンとチケットが必要ななるゾーンの違いや、園内外に位置する複数のオフィシャルホテルのご紹介など、色んなコンテンツを用意しておりますので、ぜひ遊びに行く前にチェックしてみてください。

アトラクション

イルミネーションや色とりどりのフラワーガーデンなど、ハウステンボスには様々な魅力がありますが、中でもおすすめなのはやはりアトラクションです。大がかりなセットを組んだシアター型のアトラクションから、ホラー要素の強い絶叫アトラクションまで、実に多種多様なアトラクションが揃っています。

また、大人から子供まで見て学べるミュージアムが充実しているほか、体験型のアクティビティも複数用意されています。なお、ファストパス(東京ディズニーリゾート)やエクスプレスパス(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)などのようなアトラクションの優先搭乗券の類いはありません。

基本情報

読み方 はうすてんぼす
住所 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
電話番号 0570-064-110
公式サイト こちら
営業時間 9時~22時(時期によって異なる)
休園日 ×
入園料 無料
※有料エリアは大人3,600円 中高生2,600円 小学生以下1,400円
年間パス 大人19,000円 高校生以下13,000円
※更新時ならびに長崎県民は割引あり
駐車場
アクセス JRハウステンボス駅から徒歩5分
周辺地図

ハウステンボスの口コミと評判

20代男性

●●私は福岡から初めてハウステンボスへ向かったのですが、電車が博多駅に到着したときから、わくわくが始まります。特急ハウステンボスはカラフルで、内装もきれいなので、見ているだけでテンションが上がります。電車が駅について、降りてみると、レンガ造りの可愛い駅。テーマパークに来た間満載です。駅から出ると、突然橋があって、その向こうにはでっかいお白みたいな建物と山が広がっていて、綺麗です。入園するとそこはもう海外な雰囲気です。博多駅とのギャップが凄くて変な気分になります。町並みが綺麗だし、チューリップが一面に咲いているし、ちょっとした乗り物もあるし、1日中楽しめます。遊園地みたいにどんどん乗り物にのってガンガン遊ぶって言うよりは、町並みや風景を見ながらまったりとすごしたい感じでした。チョコの噴水はチョコ好きにはたまりません。

●●2年前のクリスマスシーズンに行きました。オランダの街が再現されており、まるでオランダに旅行に行った気分になれます。アトラクションも多種多様で、子供から大人まで楽しめるスポットです。体感映像、3Dシアターを堪能するのも良し、アスレチックで汗を流すのも良し、オランダの風景や庭園を散策するのもいいと思います。春はチューリップ、夏はプール、秋から冬にかけては「光の王国」というイルミネーションが開催されました。特にダイナミックな光の滝感動的でした。グルメ面も豊富でオランダを代表する名産品のチーズも味わうことができます。またファーストフードをはじめ、和洋中、様々種類の料理が楽しめます。ご当地バーガーの佐世保バーガーはボリュームがあって絶品でした。季節を問わず、日本にいながらヨーロッパ旅行できるのが最大の醍醐味と思います。

20代女性

●●私は夏に利用しました。グラスやイス等、備品全てが氷で出来たバーを利用し、オレンジジュースを飲みましたが、寒すぎて写真を撮る時以外は貸し出されたコートをぬげませんでした笑なかなか体験出来ないので、とても思い出に残りました!晩御飯はチーズフォンデュを食べたのですが、予約していなかったので30分ほど並びました。パンやソーセージが本格的で、テーマパーク内とは思えない食事でとても満足しています。夜はとにかくイルミネーションが素敵でした!観覧車に乗って、ハウステンボス全体を観ましたが、私は観覧車よりも園内を散歩して見た方が良い様に感じます。夜景は割とスポットがあれば見られますが、灯りの中を歩く事は出来ないからです。出来るだけ多くの方にこの経験をして頂けたらと思います。アトラクションにも乗りましたが、それ以上に食事やイルミネーションの印象が強かったので私としては、ただただ園内での時間を楽しむだけで十分な場所だと思います。

●●長崎県佐世保市のハウステンボスに遊びに行ってきました。以前からずっと行きたかったテーマパークでしたが、今回初めて訪れてみてその魅力をたっぷり堪能してきました。とにかくお楽しみがこれでもかこれでもかとたくさん園内いっぱいに散りばめられていました。一日ではすべて周り尽くせないほどたくさんありました。大人の私でも十分楽しむことができましたが、お子さんはもっともっと楽しいと思います。案の定、家族連れの姿がとても目立ちました。見る、遊ぶ、体験する、本当にたくさんのアトラクションやイベントが用意されていて、たっぷり楽しめること間違いなしのテーマパークです。園内のたくさんのお花もとても綺麗ですし、イルミネーションの季節にはライトアップされた園内もとても美しいと評判です。音楽やショーも楽しめたり、本当に楽しみがたくさん詰まった宝箱のようです。

●●年に何度か訪れますが、季節ごとに様々なイベントが行われていたり、花壇が季節のお花で埋め尽くされていたりするので、いつ行っても楽しく過ごせます。平日に行くと修学旅行の子供たちが大勢いますが、園内が広いので混雑を感じることはありません。連休に行ってもそれほど混雑していることはなく、ほとんどのアトラクションは待ち時間が30分以内で周れますし、ミュージアムや庭園などはゆっくりと自分のペースで楽しむことができます。特に好きな季節は、冬です。世界最大級のイルミネーションが本当に素晴らしく、年を重ねるごとにバージョンアップしているのも魅力の一つだと思います。昼間は園内を散策したりアトラクションで遊んだりして、夜にはイルミネーションでロマンチックに過ごせるので、何度でも訪れたくなる季節です。無料ゾーンもあるので、ほかの場所でデートをした帰りに、ちょっとだけ雰囲気を味わいたいときも利用させてもらっています。

30代男性

●●アクセスは「特急ハウステンボス」でスムーズに行けました。ハウステンボスの第一印象はとにかく広くて、まずどこに行ったらいいか迷いますし、夜のイルミネーションは暗いので小さい子供とかは迷子になると大変なので気を付けたけたほうがよいです。そんなハウステンボスの中で個人的によかったのは、花がパークのあちこちに咲いていて色彩的に綺麗で、歩いて楽しい所です。ただし、乗り物系はちょっと弱いと思いました。あと、スリラーシティーというホラーハウスが集まった場所があるのですが、いろんなタイプのホラーハウスを一度に楽しめるので人にはたまらない、怖いものが大好きな人にお勧めです。また、夜は3Dプロジェクションマッピングとイルミネーションショーが融合した「TFMスーパーイルミネーションショー3D」で、幻想的に夜の世界を彩ってくれるので、ホラーが苦手な人でも楽しめます。

●●敷地が広くてチューリップの季節ではなくてもパーク内の至る所に花が植えられていてキレイです。また、風車があって建物もヨーロッパ風の雰囲気があるので、アトラクションを楽しむの良いけどパーク内歩くだけで、ヨーロッパ小旅行に行ったような気分になれます。一番の見どころの夜のイルミネーションはスケールがとにかくデカくて、全部を回りきるのはかなり大変でした。ただし、イルミネーションの時は、お子さん連れの場合はで迷子ならないように注意が必要です。パーク内がかなり広いので迷子になると大変です。その他、アトラクションで良かったのがスリラーシティーというお化け屋敷が集まったいエリアです。ここは、かなり本格的なものから子供でも楽しめるものまで、様々なお化け屋敷が集まったエリアです。個々の質なら他にもっとすごいのはあるかもしれませんが、これだけバリエーション豊富にお化け屋敷が集まった場所があるテーマパークはおそらく日本にはないと思います。

30代女性

●●本場オランダから取り寄せた赤レンガの敷かれた道や、再現された風車や塔など街並みがとても美しいです。

オランダの作家ディック・ブルーナさんのショップには、ここでしか買えない木靴を履いて首に布を巻いて片手をあげたミッフィーのグッズがあります。オランダ国旗を持ったミッフィーもここにしかありません。ミッフィーが好きな人は、吹き抜けの上の方まで並んだミッフィーや、おともだちのグッズでしあわせになれると思います。

ブルーナさんの黒いクマのキャラクターのグッズも多数ありました。

オランダといえばおなじみのチューリップだけではなく、四季折々の花畑が絵のようで美しいです。花だけでも、一眼レフを持って撮影に来る人は楽しめてしまうと思います。私が行った時には不思議の国のアリスのイメージで再現された広い花畑があり、中を歩くだけでも気分が良かったです。

体験型アトラクションは、シアター型のものがあります。オランダ文化の博物館のような部分もあります。

チョコレートの滝が流れている楽しいチョコレートショップや、本格的なチーズのお店、クッキーやワインなど、それぞれに可愛い建物のお店もあります。

パーク内にホテルがあるので、泊まりがけで楽しめると良いのかもしれません。リーズナブルなレストランやワンハンドフード、海辺のビーチパラソルの下で食べられるようなジェラートやポテトのような軽食店もあります。

ホテルには本格的なレストラン、チャペルやエステなどもあるので、結婚式に使うことも出来ます。地元の人は忘年会や歓迎会を開く場所として使ったり、お土産を買ったりしに行くようです。可愛い猫の形をしたボトルに入った、限定品のワインをいただいたことがあります。

海辺で運河があり、馬が居て、花が咲いているので、ヨーロッパ旅行のような気分です。テディベアや、木靴、民族衣装や古くて大きなオルゴールなど、楽しむことができます。

ある程度の大人が楽しめるという印象が強いですが、近年はゲームやアニメなどとのタイアップも盛んです。ワンピースに出てくる主人公達の乗っているお船の再現モデルに乗れるなどといったイベントが期間限定であるようで、飽きさせない工夫がされています。

冬のイルミネーションや夏の花火、年末のカウントダウン、プロジェクションマッピングなどを合わせた期間限定イベントが多いです。

そして、入場料が高くないということと、年間パスポートが4回以内で元が取れる安さ(長崎県民は更に割引価格)で、乗り物などに乗らない散策のみのチケットと、フルに楽しむチケットがあるなど、行きやすさがあります。

鉄道ではハウステンボス駅に向かう路線があり、博多などからも出ていますが、車両もレトロなオランダ風で可愛いです。バス、高速道路など、どれも長崎空港や福岡方面などから行きやすいです。

レンガの道なので、ピンヒールよりは低めのヒールかスニーカーがオススメです。長崎県に旅行に行くなら、長崎市だけでなく佐世保のハウステンボスも良いと思います。

●●テーマパークというと若い人が中心に楽しまれているイメージがありますが、長崎にあるハウステンボスは他のテーマパークと比べて楽しめる年齢層が広いといった雰囲気を感じます。人気なアニメとのコラボレーションを導入したりと時代の流れに敏感な面もあり、お子さんや若い世代向けのアトラクションも充実していますが、街並みやお花畑など静かな雰囲気で楽しめるコンテンツもたくさん詰まっています。小さいお子さんも飽きさせることなく、おじいちゃんやおばあちゃんも疲れさせずに上手にみんなが満喫できる施設だと思います。また、お出かけの際に人混みに気後れしてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、ハウステンボスは敷地が広大なこともあってか、たくさんの来園者がいても混み合っている感じがあまりしないというのも魅力的な点かと思いました。

●●ここ数年本当に魅力的なテーマパークになってきたのがハウステンボスだと思います。毎年色々新しいことをしているので、ついつい何度も言ってしまいます。幼稚園の子どもがいるのですが、今年は大型のふわふわの遊具があり、それにはまってしまいほとんど丸1日ふわふわ遊具で遊んでいました。ふわふわも数種類あり、小さな子どもでも安心なものや小学生が楽しめるもの、大人も一緒に遊べるものもありました。3Dアートのお部屋もとてもおもしろかったです。ハウステンボスは入場料を払えばどのアトラクションも無料で楽しむことができます。最近ゲームに力を入れているのか、シューティングゲームや釣りゲームなど屋内で遊べる大型ゲームセンターのようなゲームに夫も楽しそうでした。また夜もイルミネーションやプロジェクションマッピングなど楽しめることがたくさんあり、1日では足りないと思います。

40代男性

●●長崎県佐世保市にある、ハウステンボスの感想です。ヨーロッパ、特にオランダをモチーフにしたテーマパークです。テーマパーク内には、ヨーロッパの町並みを再現した建物や、ホテル、別荘があり、数日かけて楽しめる仕組みになっています。一時は経営が苦しかったようですが、HISに経営が変わってからは、好調なようです。イベントが強力で、ワンピースと連携したり、冬場のイルミネーションを実施したり。イルミネーションは特にきれいなので、おススメです。入園料は無料ですが、有料エリアがあり、大人は3600円、中学・高校生は2600円、小学生以下は1,400円となっています。最寄り駅はJRハウステンボス駅となり、徒歩5分でハウステンボスにたどりつくことができます。近隣には佐世保市街があり、九十九島などの観光をあわせると、非常に楽しむことができます。

40代女性

●●ハウステンボス駅という専用の駅があるので、車ではなくても楽に行くことができました。

園内は、オランダの雰囲気がそのまま再現されていて、まるで外国に来たかのような気持ちになりました。広大な敷地を惜しみなく使っており、散策をするだけでも楽しかったです。建物もお花も全てが素敵過ぎました。

テディベア好きの私は、テディベアキングダムでかなり満足できました。子供は、カヌーに乗って大はしゃぎでした。また、人生で初めてのセグウェイも楽しすぎました。見ているよりも、乗った方が楽しいです。こんなことまでできてしまうアミューズメントパークは、他にはなかなかないのではないかと思います。

かなり広いので、アトラクションに乗ったり、何かを見たりなど、計画的に行動をしないとムダな動きが発生してしまうと感じました。でも、人気のアトラクションもそんなに並ぶことなく乗れて、満足できました。

●●一年中イベントをやっているのでいつ行っても楽しめます。夏には色々なタイプのプールが登場するので、子供はもちろんのこと大人も楽しめます。ハウステンボスといえば、イルミネーションが有名です。広い園内が色とりどりのイルミネーションで飾られて圧巻です。園内には大きな運河があり、船に乗ることが出来ますが、昼間と夜間では雰囲気が違うので面白いです。もう一つの目玉がハウステンボス歌劇団で、ここでしか見れない特別感があります。色々なレストランがあるので好きな料理が選べたり、お土産ショップも多いので買い物も楽しめます。周囲にはホテルが沢山あるので、日帰りよりも泊まってのんびりすることをお勧めします。家族連れ、カップル、グループなど幅広い年齢層の人達が楽しめます。楽しみ方が沢山あるので、リピーターが多いことにも納得です。

●●ハウステンボスは恋人同士でも、家族連れでも存分に楽しめるテーマパークです。現在私は2歳と1歳の子育て中ですが、小さな子供を安心して連れていける設備も大きな魅力の一つです。昨年は子供を連れてハウステンボス内のホテルに1泊しました。事前に予約すれば、無料でベビーベッドを借りることができるので、ベッドからの転落を気にせず、ゆっくり休ませることができました。また、ハウステンボス内には3か所の授乳室があるため、授乳中時間には近くの授乳室に入って、時間通りに授乳することができました。授乳のたびにホテルに戻るストレスを感じずに済んだのは大きいです。子どもをベビーカーに乗せて、園内を散策するだけでも十分に景観を楽しめますが、季節ごとに開催されているイベントが豊富なので、何度言っても楽しむことができます。ちなみに、うちの子供はミッフィーグッズのお店でミッフィーとの記念撮影がとても気に入ったようで、また会いに行きたいと話していました。

50代男性

●●ハウステンボスは長崎県佐世保市にあります。一番のネックは交通の不便さではないかと思います。長崎空港からも1時間はかかります。しかし、季節ごとのイベントが豊富でどの季節でも楽しむことができると思います。特にほかの施設と大きく異なる点はアミューズメント施設とアトラクション、そして季節の花の美しさとのコラボレーションだと思います。それと、一日の内、昼間と夜とどちらでも楽しめる点だと思います。夜だけ楽しめるチケットも割安で販売されており、今の季節では花火大会が行われています。冬にはライトアップが見もので東洋一と言われています。年末のカウントダウンショーは素晴らしい盛り上がりです。それだけを楽しみに出かける人も多いようです。また、環境にも配慮した施設で学習の場としても価値があるのではないでしょうか。大人は大人の楽しみ方、子供は子供の楽しみ方ができるテーマパークだと思います。

50代女性

●●九州で今、大人も子供も楽しめる施設の一つに、長崎のハウステンボスが挙げられると思います。数々のアトラクションを取り揃えているため、夏休み等の長期の休みに入ると、かなりの家族連れで園内はにぎわっています。季節ごとに植物の植え替えがなされたり、ビールやワイン、チーズ等のお店も充実しているので、大人も満足できる内容です。地元では、年間パスポートを購入し、園内をお散歩するだけであったり、花火や3Dマッピングといった光のショー等の観賞の目的で足を運ばれる方も少なくはありません。また、3ホテルズといった、伝統格式のある3つのホテルでの滞在は、一夜にしてすごくゴージャスな気分を味わうことができます。わたしはフォレストヴィラというヴィラタイプと、ホテルヨーロッパに宿泊したことがありますが、どちらも本当にいいところで、とくにホテルヨーロッパはアメニティも充実しており、大満足でした。ならでわのおみやげもかなり揃っており、楽しめます。ぜひともオススメしたい場所の一つです!

60代~男性

●●昨年10月、ハウステンボスに2泊で行ってきました。早速、行ってみたところ、1日だけではとても周ることができませんので、入場パスポートも2日分必要となりました。行ってみて、大変良かったとともに、昼間はアトラクション、夜はイルミネーション、運河クルーズ、3Dプロジェクションマッピングと見るものが目白押しで、特に夜のイベントが見逃せません。運河クルーズは船から光と噴水のショーが楽しめ、色と形を変える幻想的なイルミネーションに、観たことのない光景が広がり、3Dプロジェクションマッピングになると、目が錯覚するほど、立体の演出に見応えがあり、どれも迫力があるパフォーマンスが見られ、目移りするほど、楽しかったです。行った後は余韻が残るほど、もう1度行ってみたいと思いました。もう行ける機会は当分の間はないだろうと思いますが、できればまた行ってみたいと思います。

60代~女性

●●2013年の5月にバラの王国というキャッチフレーズにひかれて飛行機で行きました。それまでも何度か訪れたことはありましたが、久しぶりで以前はバラの王国というのもなかったので期待していきました。ハウステンボスに到着するとゲートからも園内すべての壁や運河沿いがバラで飾られておりなんとも乙女チックな雰囲気でした。風車のゲートを抜けると本当にバラの王国でこれでもか、これでもかというくらいのバラのボリュームで圧巻です。ローズウォーク風な場所ではテントを張ってドリンク等を購入できる売店を出していたり、また、ホテルヨーロッパではロビーからバラのお出迎えのような感じで女性は大好きな場所だと思いました。観覧車に乗ると園内が見渡せてバラだらけだというのがうなずけます。夜も運河をボートに乗って夜桜ならぬ夜バラ見学もできて大満足でした。

ページの先頭へ