ハウステンボス6月の混雑予想

ハウステンボスの2019年6月混雑予想カレンダーです。こんな書き方をするのも申し訳ないのですが、6月のハウステンボスはいつ行っても空いています。祝日がないため遠方からの来園者が少ないことや、梅雨の影響で天気が崩れやすいことなどが主な理由です。ただ、とても綺麗なあじさいを見られるのはこの時期だけです。

2018年6月混雑予想カレンダー

A:かなり空いています    B:空いています    C:やや空いています
D:普通です  E:やや混んでいます   S:かなり混んでいます

祝祭日

なし

            1
D
2
D
3
C
4
B
5
B
6
B
7
C
8
D
9
D
10
C
11
B
12
B
13
B
14
C
15
D
16
D
17
C
18
B
19
B
20
B
21
C
22
D
23
D
24
C
25
B
26
B
27
B
28
C
29
D
30
D
31
C
         
5月≪≪ 6月 ≫≫7月

ハウステンボス6月の混雑体験談

●●私は2年前の6月上旬に両親と私の3人で初めてハウステンボスへ行きました。私と母は自宅でも何株かバラを育てており、見頃には遠方のバラ園まで出向くほどのバラ好きです。

ハウステンボスのバラ園はなかなかの規模と聞いていたので時期の終わりとはいえ、少し楽しみにしていたのですが、やはりほどんど散ってしまっていました。しかし、噂通りの規模だったのでぜひまた満開の時期に行ってみたいと思うほどでした。

バラの代わりにアジサイがたくさん咲いており、こちらはとても楽しめました。鉢植えでたくさんのアジサイをあまり見たことがないので新鮮で楽しめました。

平日の、しかも雨の日に行ったので全く混雑していませんでした。この時期は雨がネックですね…。しかし、6月を過ぎると一気に暑くなってテーマパークで遊びまわるのは少々きついので、雨さえ降らなければちょうど良い気候だとは思います。

千葉県に住んでおり、幼いころから幾度となく東京ディズニーリゾートへ行っている私は、実はちょっとハウステンボスを侮っていましたが、行ってみるとガラリとイメージが変わりました。遠いのでなかなか行けませんが、ぜひまた訪れたいと思うテーマパークでした。

●●どこか、海外に行きたいね…。と友人と話はするものの、まとまった休みもなく妄想で終わる日々。近くで海外気分を!と思いついたのがハウステンボスです。当時九州に住んでいた私と友人は夕方仕事を済ませてバスに飛び乗り、いざ現地へ。

到着したころにはすっかり暗くなっていましたが、入場ゲート近くのキラキラ光るイルミネーションが歓迎してくれました。園内のホテルまで車で送迎していただき、遅くまで開いているレストランで遅めのディナーを済ませて就寝。

翌日天気は快晴、平日ということもあり観光客は少なかったため、さまざまなアトラクションをほぼ待ち時間なく楽しみましたが、なかでも思い出に残っているのは、フォトジェニック!アトラクション施設ではなく、園内にある貸衣装屋さんです。

オランダの民族衣装はもちろん、18世紀を思わせる豪華なドレスも色とりどり用意されており、なんとドレスを着たまま園内を散歩できるんです!友人と思い思いのドレスを選び、いざお姫様気分で外へ。お城で写真を撮り合ったり、非日常な空間でテンションは上がりつづけ…気づけばドレスの返却時間。

広い園内で帰り道が分からず慌てる私たちに、素敵な男性スタッフが一言、「お姫様、お困りですか?」お姫様だなんて!にやにやが止まりませんでした(笑)

フォトジェニックまで案内していただき、その間も年配の観光客とすれ違う際には「ばあやです。手を振って差し上げましょう。」子どもが通ると「城のわらべたちです。」はしゃぐ若い高校生たちを見れば「下々の者たちです。」と真面目に言われ、もう、笑いが止まりません。

お姫様気分で見ず知らずの観光客たちに手を振って歩きました。ドレスを脱いでからもお姫様気分が抜けず、またあのお兄さんに会いに行こう!と何度も思い出し笑いをしながら帰路へつきました。ハウステンボスに行かれる際は、ぜひお姫様体験を!おすすめです。

ページの先頭へ