但馬空港

更新日:2018年12月7日

兵庫県北部の豊岡市にある空港で、「コウノトリ但馬空港」という愛称が付けられています。日本エアコミューターのプロペラ機による大阪国際空港行路線が運航されており、所要時間は約30分です。ターミナルには航空関連施設の他、レストラン・貸会議室・兵庫県パスポートセンターがあります。空港の近くには、国産飛行機のYS-11が展示・保管されています。

基本情報

読み方 たじまくうこう(たじまひこうじょう)
別称 但馬飛行場・コウノトリ但馬空港
種別 その他の空港
空港コード TJH / RJBT
住所 兵庫県豊岡市岩井字河谷1598番地の34
電話番号 0796-26-1507
公式サイト こちら
ターミナル 1棟
営業時間 8時30分~18時30分
国際線
免税店
駐車場
滑走路 1200×30
アクセス 各地からバス(豊岡駅から15分)

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●但馬空港は伊丹空港との往復のみしか線がありませんが、祖父母が但馬地方に住んでいますので、頻繁に利用しております。車ですとどうしても2時間以上は軽くかかってしまうのですがやはり飛行機はとても速いです。搭乗時間は25分ととても効率よく移動することができます。車を運転する労力を考えるとどうしても飛行機を利用してしまいますね。高齢なのでなにかあった時にも移動時間が短くなるので安心感があります。利用者数も一日平均100人以下と利用者も少ないのですがなくてはならない飛行場となっております。ただ飛行機も小さいので天候などによっては飛ばない日もありますので、事前に確認が必要なところはあります。しかしこれからもぜひ使い続けていきたい飛行場です。本当に存在に感謝しております。ずっと存続しますよう願っております。

30代女性

●●兵庫県の豊岡市に位置する但馬空港は別名「コウノトリ但馬空港」とも言われております。そんなコウノトリ但馬空港の定期便は、1日に大阪の伊丹空港との往復4便のみです。コウノトリ但馬空港の年間乗降客数は28000人。1日平均では、たった76人です。しかし地元の人にはなくてはならない空港となっています。運営は兵庫県が行っていますが、1日の平均利用者数が76人でも地元で生活する人にとっては大事な空港なので、閉鎖する訳にはいきません。兵庫県としては、大変な苦悩があると推測出来ます。そんなコウノトリ但馬空港を盛り上げる為に、空港を会場にして、夏休み最後の週末に航空イベントが開催されて毎年多くのファミリーが見物に訪れます。その他、ゲーム・演奏会・キャラクターショーなどのイベントが多数開催され、毎年多くの方が来場され盛り上がっております。

40代男性

●●とてもコンパクトな空港です。航空便も離発着便合わせて大阪発着の4便しか飛んでいません。利用客は普段の平日は地元の人の方が多いかもしれません。地元で飛行機利用の補助金が出ている様です。ターミナルもコンパクトで1階に喫茶コーナーと売店があるほかはレストラン等が無く、あとは観光案内とレンタカー取次カウンタを兼ねた窓口があるぐらいです。ターミナルビルの隣には古い飛行機(YS11とあと一機)が展示されており、飛行機の待ち時間に見物が出来ます(入場無料)。ただ、注意点もあり冬場など雲が出やすく天候が安定しない季節には欠航になることもあり、天候に不安がある日は空港に問い合わせてから出発した方が良いです。空港についてから欠航が判明した場合は無料のバスで大阪まで振替輸送されます。また到着後の空港から豊岡中心部行きのバスですが到着便に合わせたバスしか運航していません。そのため、バスに乗り遅れるとタクシーを呼ぶしかなくなるので注意が必要です。

40代女性

●●豊岡には近畿大学付属の短期大学があり、東京から伊丹空港を経由してこちらの但馬空港を行き来するのによく使いました。但馬空港はコウノトリ但馬空港と言われています。かつては多くいた国の天然記念物に指定されているコウノトリが、ここ豊岡の地を最後の生息地にしていることに由来しています。但馬空港は小さな空港ですが、実は東京羽田から乗り継ぎ次第では2時間ちょっとで行ける、超穴場の観光スポットなのです。但馬空港を降りると、繁殖や保護を行うコウノトリの郷はもちろん、とっても情緒ある城崎温泉、食べ物も松葉ガニやわんこそばならぬ出石そば等、かなり充実して楽しめる場所が沢山あります。私のおすすめは、幻ともいわれる但馬牛です。地元の店ではなく東京の有名店でしか食べられないとタクシ―の運転手さんが話してくれました。私は東京からこの但馬牛を買いに、但馬空港を利用し但馬牛専門点を訪れたこともあります。

50代男性

●●コウノトリ但馬空港の愛称があり地元で親しまれているローカル空港です。JALグループによ運航により1日2便、午前と午後便があります。プロペラ機により大阪伊丹空港との間に定期便輸送がされていますが天候が悪ければ運休することもあります。ロビーを含め建物全体はこじんまりとしており、ここが空港とは思えないくらいの感覚になります。東京には大阪伊丹空港で乗り換えればスムースです。スカイダイビングなどの体験できる空港としても知られており、観光スポットの一つでもあるようです。ターミナル自体は航空機の発着以外はひっそりとしており、人は少ないですし、これといって時間を潰すまではいきません。城崎や豊岡、天橋立方面に利用することはできますが、近距離便なのに航空運賃が高いのも特徴ですが、自然環境に恵まれた立地にあるのどかな場所にある空港といえます。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ