姫路科学館

更新日:2018年12月7日

平成5年(1993)に開設し、「アトムの館」の愛称で親しまれている総合科学館。日本最大級となる直径27メートルのドームスクリーンを持つプラネタリウムがあることでも有名です。

平成25年(2013)3月にリニューアルし、全天周デジタルシステムが導入されるなど、より美しく、より大迫力の映像を体験できるようになっています。

基本情報

読み方 ひめじかがくかん
住所 兵庫県姫路市青山1470-15
電話番号 0792-67-3001
公式サイト http://www.city.himeji.lg.jp/atom/
ドーム径 27メートル
座席数 / 形 284席 / 一方向傾斜
機材・機種 コニカミノルタ Geministar 4(ハイブリッド式)
投影日時 平日:11時~・14時5分~・15時10分~・16時15分~
土日祝:11時~・13時~・14時5分~・15時10分~・16時15分~
観覧料 一般500円 小中高生200円 幼児無料
駐車場
アクセス 余部駅より徒歩30分
「星の子館前」バス停より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●関西圏では最大規模のプラネタリウムなので、とにかく心行くまで星空を楽しみたいというときにピッタリです。今までのプラネタリウムも十分素晴らしいものだったのですが、昨年になって大幅にリニューアルされたので、ますます魅力的になりました。私もリニューアル直後に再度訪問してみたのですが、これまで以上に臨場感のあるプラネタリウムの迫力に圧倒されてしまいました。広いスクリーンに最新の映像技術を駆使して投影されるプラネタリウムは、プラネタリウムファンでなくとも一見の価値があります。本格的なプラネタリウムを見たいと思うならば、姫路科学館は本当に一押しですね。まるで実際の星空を眺めているかのような臨場感があります。

30代男性

●●妻と5歳になる息子、3歳の娘を連れて姫路科学館に遊びに行ったときに久し振りにプラネタリウムに入ってみました。それほど広いとは思わないスペースでしたが座席もゆったりしていて過ごしやすい空間でした。ドーム内の夜空を見ながら優しい声での説明もあり、星に対してそれほど興味があったわけでもない私も話に聞き入って楽しめました。自分の住んでいる姫路の夜空が見えて面白かったです。小さな息子と娘も最初は楽しんでくれ感嘆の声をあげてくれていました。集中力が続かなかったみたいで最後までは見ずにプラネタリウムを出ることにはなりましたが。一緒に行った妻はとても気に入ったようで、今度一人で見に来たいと言っていました。私としても楽しめましたし、癒された気分にもなれたし良かったです。あまり混むことも無さそうですしオススメです。

30代女性

●●子供(9歳・3歳)を連れて姫路科学館のプラネタリウムを見に行ってきました。投影は専門の解説員が紹介してくれる「星空案内」と、ドーム全体に映像を映す「全天映画」です。私たちは、「星空案内」を見てきました。地元の今日の夜見れるであろう星空から始まり、宇宙全体のお話を聞かせてくださいました。9歳の子供は星や星座にも興味があるので話に聞き入っていましたが、3歳の子供は暗くなることがまず苦手だったのであまり楽しめなかったかもしれません。でも、途中からは「きらきら、きれいねぇ」と嬉しそうにしていたので連れて行ったことは正解だったかもしれません。ほかにもたくさん小さいお子様もいらしていて、やはり怖がっているお子さんもいらしたのですが、解説員の方の話し方が優しかったり映像がきれいなのでみんな引き込まれていたように思います。大人も子供も楽しめるスポットとしておすすめだと思います。

40代男性

●●子供の頃よく行きましたが数年前にリニューアルオープンしたということで久々に一人で訪れることにしました。中はとても未来的で宇宙船の中にいるような気分になりました。プラネタリウムはとてもカラフルな色使いで見やすく綺麗でした。展示物なども多く、球体状の入れ物や設備が多く未来的なコンセプトにこだわっているんだという印象が伝わってきました。また世界と比較してもとても大きいスクリーンでプラネタリウムを見れるので、その光景に圧巻されました。とても神秘的でまるで自分が宇宙空間にいるかのような錯覚があり、姫路科学館の外に出た後はまるで今まで夢の中にいたような感覚にあり現実感がなく、とても感動的な場所だったんだとしみじみ思いました。

40代女性

●●姫路科学館のプラネタリウムは子供と一緒に何度も利用しています。中は適度な大きさで、シートが座りやすかったです。おすすめは一番後ろの座席です。そんなに混むことはないので、早めに行くと自分好きな席に座れると思います。季節ごとやイベントに合わせてプラネタリウム上映するものを変えています。一日のうちでも、子供向け、大人向けなどいくつかのプログラムを上映していて、毎日どの年代の人でも楽しめると思います。姫路科学館はプラネタリウム以外にも色々な展示があります。宇宙、科学、自然など、階ごとにテーマがあって体験しながら学んで遊べます。小学生ぐらいの子供がとても喜ぶ施設です。幼稚園ぐらいの子供でも、夢中で遊べるスペースもあります。鏡、ボール、風船などを使って自由に遊べます。プラネタリウムの待ち時間や終わった後に、利用できるので便利です。

●●まず始めに、とても大きなドームにびっくりしました。色彩豊かで迫力ある画像、臨場感あふれる音に圧倒されました。これまで、星空だけのプラネタリウムは見たことがありましたが、ドーム型の映像は見たことがなかったので、映画館よりもずっとリアルに迫ってくる感覚がとてもおもしろかったです。ただ、子ども連れで行ったので、8歳と5歳の息子たちには少し怖かったようです。1歳の娘は、リアルな夜空に寝てしまっていました。その日の話が少し難しかったせいもあるかもしれません。宇宙の成り立ちや、これからの地球・宇宙の未来についてというような、大きなテーマでの話だったので。ただ知識を得るだけでなく、宇宙や地球について考えさせられましたし、その神秘性にとても感動しました。大人にとっては非常に興味深い内容でした。今日の星空についてのお話は、とてもわかりやすかったです。ちょうどその日の夜は晴れていて、プラネタリウムで教えて頂いた星座など、すぐ見つけることができました。子どもたちも「見つけた!」と喜んでいました。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ