伊丹市立こども文化科学館

更新日:2018年12月7日

プラネタリウム館、文化センター、児童センターの3館からなる複合施設。特にプラネタリウム館では、一般向け、団体向けの投影として多彩なプログラムが用意されています。また大阪空港を一望する展望台も必見。

そのほかにも、太陽やプラネタリウムを体感できる常設展示室や、季節ごとに企画展が変わる特別展示室など、何度行っても楽しめる施設となっています。

基本情報

読み方 いたみしりつこどもぶんかかがくかん
住所 兵庫県伊丹市桑津3-1-36
電話番号 072-784-1222
公式サイト こちら
ドーム径 14メートル
座席数 / 形 150席 / 扇形
機材・機種 スーパープラネタリウム「MEGASTAR-ⅡB itami」
投影日時 平日:11時15分~・15時30分~
土曜日:11時15分~・13時30分~・15時~・16時15分~
日祝日:10時~・11時15分~・13時30分~・15時~・16時15分~
観覧料 一般400円 中高生200円 小学生以下100円
※展示室観覧料含む
駐車場 ×
アクセス JR宝塚線伊丹駅より徒歩17分
「神津」バス停より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●伊丹市立こども文化科学館のプラネタリウムは、メガスターという最新機器が導入されています。これが導入されている場所として日本最西端だというので行ってみました。今まで見ていた地元のプラネタリウムに比べて星が多くて驚きました。話には聞いていましたが、本当に素人にもわかるくらいの違いなんですね。せっかくの投影機器ですが、通常プログラムの内容が長い時では2カ月くらい同じだそうです。可愛いオリジナルキャラクターが出てくるもので楽しいだけに残念です。これとは別に、土曜日の夕方には、大人向けのプログラムをやっているそうなので時間があれば参加してみたいです。「今夜の星空」の案内をライブでやっているのはとても良かったです。解説員の方の生の説明で、星を身近に感じる事ができました。

30代男性

●●車で行くことも出来ますが、建物が目立たないので、駐車場は少し分かりにくいです。大きな看板を立てて欲しいと思いましたね。建物の中は少し古いことと、プラネタリウムの光がと機械の位置が、少し見にくい感じがしました。全体的に古く、展示品や壁などの老朽化が目立ちました。伊丹市の建物であるのなら、少しは建て替えをする方が良いのでは、と思うほどの老朽化です。伊丹市民の合意が得られるのか、という不安はあるかもしれませんが、世の中の役に立つ施設だと思いますので、支援されることは、不思議ではありません。建物の屋上に行く階段がありますが、屋上に行く理由が分からないほど、建物の造りが気になりました。改善点が多数あるので、早急に改善して行ってもらいたいと、思いました。

30代女性

●●こじんまりとしているもののメガスターが導入されたプラネタリウムです。ただ建物自体が古いため、椅子などギシギシとなかなかの年代物です。投影される星空がとても綺麗で鮮明です。小さな子供が楽しめるプログラムが用意されているのでプラネタリウムデビューにぴったりのプラネタリウムだと思います。子供用のプログラムなので、子供が少々騒いでもお互い様という感じなので、連れて行きやすいプラネタリウムだと思います。絵本と絡めて、小さな子供が集中できる時間が考えられているプログラムで、3歳の息子でも飽きずに最後まで静かに鑑賞することができました。座席は予約制でなく土日にや夏休みなどは満席になるので、早めに並んでおかないといい席に座れないので注意が必要です。プラネタリウムを楽しんだ後は、科学館の展示を楽しめ、宇宙について体験しながら学ぶことができるので、おすすめです。

40代男性

●●伊丹こども文化科学館は知っていなければ車では通り過ぎてしまう外観です。私が伊丹こども文化科学館を知ったのは、夏休みに親戚と自分の子供達のお守りをするため伊丹空港の滑走路の横で飛行機を見ようと思い歩いていました。たまたまプラネタリウムの看板を見つけ子守の時間潰しには良いと思い入館しました。今では夜空を見上げても、街の明かりで星空を観察することも難しくなってきていますし、プラネタリウムでは星空のエピソードなどを解説してくれるので、子供達には良い経験になると思いました。その子供達ですが始まるまでは、それなりにはしゃいでいて手がかかりましたが、館内が暗くなり、プラネタリウムが始まると大人しくなり、最後まで興味津々で見ていました。料金もお手頃で夏の野外で飛行機を見るより快適でお勧めです。皆さんも是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

40代女性

●●児童館と併設されており、科学館かと思うくらいとてもこじんまりとした建物です。しかし、プラネタリウムの投影機は最新のものを使用しているので投影される星の数も多く、より鮮明で見応えのあるものです。その季節に見える星座の話をするだけではなく、地球と太陽の大きさを比較する映像をまじえたり、オリジナルキャラクターが登場して旅をする設定でアニメが流れたりと、小さい子供でも飽きずに最後まで見られるように工夫されているように思います。座席数がかなり少ないので、夏休みや春休みなど込み合う季節にはすぐに満席になってしまうので早めにチケットの購入をお勧めします。駐車場は館には併設されておらず、徒歩3分ほどのところにある伊丹スカイパークでの駐車になります。プラネタリウムを見た帰りに離着陸する飛行機をまじかにみられるのも楽しみの1つではないでしょうか。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●伊丹市立こども文化科学館のプラネタリウムは子供を連れて気軽に行けるプラネタリウムです。まず、入場料が大人400円、中学生200円、小学生以下100円、3歳未満は無料とリーズナブルで、子供が気に入った場合お手軽に何度でも行ける感じです。プラネタリウムの上映時間も50分と長めでたっぷり楽しめます。あまり小さい子供は寝てしまったりしますが。宇宙に関する体験型の展示コーナーもあって、遊び感覚で重力などを体験できます。イベントで実際の天体望遠鏡を使っての天体観測もあって参加したことがあります。雲の影響などもあってなかなか難しいですが、見えたときは感激します。めいっこはこのプラネタリウムのおかげで天体好きになったのかもしれません。小さいときは何度も行って、今は高校生ですが宇宙好きで、地球科学部に入っています。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ