京都府立植物園

更新日:2018年12月7日

2014年に90周年を迎えた「京都府立植物園」。昔から市民に愛されてきた交流スポットでもあります。入園時間は午前9時~午後4時までですが、温室の入室時間は午前10時~午後3時30分までとなっているので注意してください。昼に夜の空間を創り出したナイトフラワーガーデンでは、昼間に夜の花を観賞することができます。

基本情報

読み方 きょうとふりつしょくぶつえん
住所 京都府京都市左京区下鴨半木町
電話番号 075-701-0141
公式サイト こちら
営業時間 9時~16時
休園日 12月28日から1月4日
入園料 大人200円 高校生150円
年間パス 大人1,000円 高校生750円
駐車場
アクセス 北山駅3番出口から徒歩すぐ

混雑予想と攻略法

執筆中です!

口コミと評判

20代男性

●●妻と子供をベビーカーに乗せて行きました。気候が良い日のピクニックには最適だと思います。京都市内であそこまで広い公園は他にないので、自然いっぱいで気持ち良いです。公園に面した北山通は結婚式場などが多く、結婚式の写真の前撮りスポットとしても有名です。入園料が格安なのでお財布にもやさしいので気軽に立ち寄れます。あと一度真冬に訪れたときはほとんど誰もいなかったので独占でよかったです。ただ寒すぎてお弁当広げたりとかはできなく、ほとんど花が枯れていました。ただ京都市内であんなに広い公園は他になく、車も通らないので小さい子供を連れたお散歩などにオススメだと思います。一番の見頃は五月ぐらいでしょうか。気候も良いですし花が咲き乱れて最高です。北山通はおしゃれなランチが食べられるところがたくさんありますし上賀茂神社がすぐ近くなので、この辺り一辺で1日楽しめると思います。

●●京都府立植物園はわたしにとっては近所の植物園として馴染みの深い場所です。幼稚園の遠足や彼女とのデートにも使わせていただきました。中は広々としていて植物園というよりも広い公園のイメージが強いです。ベンチがところどころに置かれていたり、池の前には小屋があったりとくつろげる空間がいくつもあるので公園感覚で来援する人も多いと思います。値段も200円と手頃でふらっと立ち寄ることができます。1000円の年間パスがあればいつでも入れるので、大学時代には年間パスを買ったこともありました。植物の種類も豊富で中にある施設ではなかなかみられない熱帯に生息する植物も飼育していました。京都駅からは遠いですがすぐ近くに地下鉄の駅があり、とてもアクセスしやすい場所にあると思います。最近ではとある有名アプリのモンスターが大量出現するとのことで利用させてもらいました。

20代女性

●●地下鉄の駅からのアクセスもよく、平坦な道ばかりなのでベビーカーで出かけても車いすの高齢者と出かけても快適に過ごせます。トイレなどもバリアフリー仕様のものが園内各所にあったので便利でした。園内にも軽食のとれるところはありますが、地下鉄駅の近くにも飲食店が数々あるので、見学が終わってから食事してもいいし、お弁当などをあらかじめ買っておいて園内の芝生広場などで食べてもピクニック気分も一緒に味わえて楽しいです。特に桜の時期や紅葉の時期は穴場かも知れません。入園料も安価ですし、特に危ない場所もなく広々とした園内なので子供連れで行ってものびのび過ごせます。公式HPで見ごろの花とかも事前にチェックして出かけられるので広い園内でも見逃さずにすみました。ただ温室も含めて閉園時間が遊園地とかのパークに較べるとどうしても早いのでその点だけ注意が必要かもしれません。

●●3歳の子どもとお散歩をするために行きました。入園料は大人200円と安いですが、京都市子育て応援パスポートを使用すると子ども一人に付き、大人の入園料が無料になります。園内は平坦で段差がなく歩道が広いので、子どもがうろちょろしていても気兼ねないです。いくつか遊具があるので、公園としても利用できる植物園です。誰にも迷惑をかける心配がないので、大人も子供もリラックスできます。地下鉄の駅から直結しているのにもかかわらず、花を楽しめる場所、木の緑を楽しめる場所など広大な敷地のため静かでとてものんびりできます。おしゃれなレストランが隣接していますので、お茶を飲みながら休憩することもでき、休日は園の外でワゴンの移動販売もあり、植物園以外も楽しむこともできます。メインの花を楽しめる場所は比較的混んでいることもありますが、京都市内で安く子どもと気軽に行ける唯一の屋外の施設だと思います。

●●とても素敵な場所だと思います。まず入館料が200円とお安いです。気軽に立ち寄ってみようかなと思えるお値段ですが、園内は200円じゃもったいないほどの素敵な空間。四季折々の植物があるのはもちろん、訪れた人が植物も散歩も楽しめるように工夫された園内です。私が個人的に好きなのは夏です。色とりどりの花が咲き乱れ、噴水広場は鮮やかな植物でそこにいるだけで心から元気になれます。フォトジェニックな場所なので撮影を楽しんでいる人もたくさんいますね。芝生の広場では子供たちがのびのびと遊んでいます。お弁当を持ってきてピクニックしている家族ずれやカップルもよく見かけますね。いつ行っても見ごろの植物があり、職員さんが大切に育てているのが伝わってくる温かい植物園です。とても楽しかったので行ったことがない人にはぜひおすすめしたいです。

30代男性

●●京都の北山という閑静な場所に広大な敷地で存在する京都府立植物園は四季折々の花を見ることができ、またきれいな芝生の生えた広場があり、家族連れやカップルで訪れるには最高の場所です。特に桜の季節には数種類の桜を堪能でき、桜の季節のみライトアップもして夜桜も楽しめます。それ以外にも季節ごとに季節に鼻に関するイベントを行っており、訪れるたびに違った体験をすることができます。加えて、広大な敷地には、池があったり噴水があったり寝ころべる芝生があったり、子供が遊ぶ遊具があったりと、花を見るだけでなくゆっくり散策をしたり子供と一緒に遊んだりする場所があり、休日はお弁当を持った家族連れやカップルでにぎわっています。とはいえ、込み合っているわけではなく、人込みを避けてのんびりするにはちょうど良い穴場スポットです。そして、京都市営地下鉄烏丸線北山駅から徒歩1分にあり、100台以上駐車できる駐車場を完備しており、アクセス面でも大変優れています。また、植物園近郊には、東洋亭やマールブランシェや進々堂といった京都の有名なレストランやカフェがあるため、植物園帰りに食事やお茶を楽しむこともできます。

●●10月後半の土曜日に出かけてみました。無論桜の季節ではなく、紅葉にもまだ早い言わばオフシーズンでしたが充分に楽しめました。どのような季節に行っても寂しい景観にならないよう植物の配置に工夫がなされているように見受けられ、木々に囲まれながら広大な敷地をのんびり散策するだけでも行く価値はあるでしょう。行った時期はバラが見頃であったようで、バラ園では世界各国からやってきた多様な品種のバラが咲き誇っていて、気持ちよく鑑賞しながら歩を進めることができました。バラ園の中央にある大きな木には幹から裾を埋めつくすようにつる植物が繁茂しており、あたかも「不思議の国のアリス」の冒頭シーンのようで、楽しい気分になりました。こうしたメインの部分だけではなく、ここには楽しめる場所が多くあります。例えば道からはずれたところに東屋があったり、水琴窟があったりとガイドマップに触れられていないスポットがあるのです。広大な敷地ですので、こうした自分なりのスポットを見つけるために探検してみるのも楽しいかもしれません。また、季節ごと、あるいは不定期で催し物がなされているようで、私が行ったときは菊花展をやっていたり関西菌類談話会との共催できのこ展をやっていたりしてなかなか楽しめました。また季節に関係なく行ってみたいと思わせてくれる植物園での1日でした。

30代女性

●●親のお薦めスポットで紅葉を見に行きました。京都はこの時期車で行くと非常に混むので、電車で行きました。入園料がとても安いですが、広大な敷地に沢山の紅葉があって見応えがあります。カエデやイチョウも沢山あって綺麗ですが、ここには有名なふうの木があります。見に行くと真っ赤で、木が大きいので美しさに圧倒されました。池の周りの紅葉も見頃で、カメラマンが沢山いて撮影をしていました。どんな風に撮っているか、私も真似して映してみました。池の周りの散紅葉も真っ赤で綺麗でした。園内では赤色、黄色、緑色の木がありコントラストが綺麗でした。水車小屋や橋もあったりと予想以上に楽しめました。何かイベントもあったようで子連れも多かったです。植物園と紅葉はなかなか結びつかなかったので、聞いておいて良かったなと思いました。京都と言えばお寺ですが、こんな紅葉も良いなと思いました。

40代男性

●●京都市営地下鉄の北山駅を出てすぐのところにあり、周りにはおしゃれな飲食店・ブティックが立ち並んでいます。入園料は大人200円ですが、70歳以上の高齢者は、年齢を確認できる証明書等があれば無料で入園でき、実際に植物園には高齢者の姿が多いです。ある高齢者の方に話を聞いてみると、近所に住んでいて、無料なので、運動を兼ねてほぼ毎日来ているとのことでした。季節に合った植物を観ることができますが、温室の観覧エリアもあります。このエリアは、別料金ですが、70歳以上の方は、入園と同様に無料で入ることができます。植物園の中央には芝生広場があります。また、この植物園は、バラの展示にも力を入れていて、植物園の南側に様々な種類のバラが植えられています。冬の桜があったりして、若い人も楽しめる植物園になっています。京都市の北部にあるため、冬場は雪が降ったり寒い日が多いですが、春から秋にかけては、家族連れの姿も多く見られます。

●●京都府立植物園は基本は有料ですが、イベントなどがある日は無料になったりします。京都府のサイトでイベントや無料開園日は確認できますので、行く前に事前に調べていけば無料で入園もできますよ。また別途料金がかかるものの、園内には温室もありますので冬場でも安心して楽しめますね。温室内ではなぜか魚が水槽で泳いでいるコーナーもあるので、ちょっとした水族館気分も味わえます。冬といえばこの植物園ではクリスマス時期になると、イルミネーションが飾られます。木々に取り付けられた色とりどりのライトが、夜道を照らしてくれていてかなりきれいですよ。なにより普段は5時に閉園している植物園が、ライトアップを魅せるために夜中にも営業をしているので、かなりの特別感・お得感があります。お金の無い若い頃などは彼女とのデートによく利用させていただきました。

40代女性

●●桜の頃に着物を着て出かけました。温室までの道に桜が満開で、同時に桃の花も満開でした。植物園とは思えない程の桜の木が沢山あって感動しました。ここはとても広大で全部をゆっくり見ていると1日かかります。それでもお花を生かせるように植えられているので、見に行くと綺麗で時間を忘れてしまうほどでした。小さいなお花には蝶々が沢山飛んでいてまるで写真の中のようです。スケッチをしている人も沢山いたので、お花の種類も相当数あると思います。そんなに人が多くなることもないのでゆったりと見れましたし、写真を撮ったり子供と芝生の所で遊んだり出来ました。季節の花をすぐ近くに見れたので、今度は自宅の庭に欲しいなと思ったお花をメモして帰りました。沢山のお花の名前は分からなかったので助かります。京都独特の花もあったりして、知らなかったので勉強になりました。今度は秋に紅葉を見に出かけたいと思いました。

●●京都の北山地区にあり、市内からは少し外れていますが閑静な住宅街でもあり、オシャレなお店もたくさん周りにあります。植物園を楽しんでから周辺のカフェやパン屋さん巡りなどもオススメです。地下鉄の駅からは近く、駅から徒歩で行けるので便利です。一年中楽しめますが、やはり桜の季節が一番好きです。いろいろな種類の桜があり、桜の時期に合わせたイベントもたくさんあります。夜もライトアップされているのでこの時期は日没後も入園可能です。ライトアップは紅葉の季節もあるそうです。桜の季節以外にも季節ごとに様々なイベントが催されているので、ホームページでチェックしてイベントや教室に参加するのもオススメです。普段は入園料がかかりますが、特別な日(秋と母の日、公的な行事等々)には無料開放される日があるのでこちらもホームページなどからチェックしてから行かれると良いと思います。

50代男性

●●京都市の北東部にある京都府立植物園は私のお気に入りの場所です。とても広大な敷地内をのんびりと歩くだけでも気分をリフレッシュさせることが出来て、日常生活での疲れを癒すことが出来ます。私は季節に関係なく、気分が赴いた時に一年に数回、訪れています。特に目当てがあるというわけではありませんが、いつも爽やかな気持ちになることが出来ます。特に、大温室は天井がかなり高く、閉塞感を感じることなく熱帯地方の植物を始め、日本では珍しい数多くの植物を楽しむことが出来ます。また、ナイトフラワーガーデンというスペースでは、夜に開花している花を日中に見ることが出来るようになっていますので、ここはオススメです。閉園が午後4時と少し早いですので、訪れるとするならば、なるべく9時の開園時間に合わせて到着出来るようにすると、一日中、十分楽しめると思います。

50代女性

●●京都の下鴨にありながら広大な敷地を確保して広々としています。樹木も大きく育っておりバランスのとれた落ち着いた雰囲気をもつ植物園です。地下鉄の駅に近いため、広大な敷地ではありますが、ひと通り順路に沿って歩けば元の出入り口、つまり地下鉄の駅近くに戻って来れるため、子ども連れでもそれほどくたびれないでしょう。私が行った頃は、桜に関しては樹齢に達した木から更新が始まり、植樹が行われていました。これから若木が育ち見事な桜並木となることでしょう。各季節ごとに見ごたえのある花木があり、見飽きることがありません。何度もリピートしていますが、これを書いている間もまた行きたくなってきました。広大な敷地でありながらよく整備されており、私自身はそれこそゴミが落ちているのを見たことがありません。それだけ歴史がありプライドをもって管理をされている様子がみてとれます。

60代~男性

●●京都府立植物園に行ったのは、7月上旬の頃でした。少し暑くなりかけていましたが、散策するには良い季節でした。京都の街中にあるのに、入口を一歩入ると、広大な敷地が広がっていることに、とても驚きました。とても静かな環境だったので、とても気持ちに余裕が出てきて、ゆっくりと散策できたのが良かったです。特に良かったのが、熱帯植物が多数ある温室でした。なんだかジャングルに来たような感じがして、とても楽しかったです。普段は見ることのできない珍しい植物がたくさんあったので、時間が経つのも忘れてしまいました。外にはベンチもたくさんあったので、時々休憩をはさめるのも、嬉しかったです。バラが咲いているところもあって、とても綺麗でした。イギリスの庭園風に作られている感じがして、「こんなに凝った作りなんだな~」となんだか感心しました。もう一度行ってみたい植物園のひとつです。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ