醍醐寺

更新日:2018年12月7日

毎年の開花時期は3月下旬頃から4月上旬頃、桜木の本数はおよそ1,000本、ソメイヨシノ・ヤエザクラ・ヒガンザクラ・シダレザクラ・ヤマザクラなどの品種がゆったりと観賞できます。日本のさくら名所100選にも選定。ライトアップはありませんが、4月中旬頃には「豊太閤花見行列」が行われ、多くの花見客で賑わいます。

基本情報

読み方 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
電話番号 075-571-0002
公式サイト こちら
例年の見頃 3月下旬~4月上旬
桜の本数 1000本
主な桜の種類 ヒガンザクラ、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ
桜の名所100選
桜まつり
夜桜・照明
入場料 大人600円 中高校生400円(上醍醐)
駐車場
アクセス 京都市営地下鉄醍醐駅2番出口→徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●今年の4月に京都に桜を見にいってきました。いくつか寺を回ったのですが、中でも一番印象に残っているのが醍醐寺の桜です。醍醐寺は豊臣秀吉が全国から色々な種類の桜を取り寄せて鑑賞していたという寺です。本数もさることながら、多種多様な桜があり、他の場所では味わえないような絶景に圧倒され、とても感動しました。こちらのお寺はとても広大で、いたるところに桜があり、鑑賞しながら気持ちよくお散歩することができました。一緒に行っていた友人は、いろんな角度からずっとカメラで撮影してました(笑)桜の花見シーズンは入館料が高くなるのですが、その価格を払ってでも入る価値は十分にあると思います。ちょっとしたお茶を飲むスペースもあるので、鑑賞しながらゆっくりできたのは最高でした。また花見シーズンに京都に行く機会があれば、行ってみたいと思います。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ