円山公園

更新日:2018年12月7日

見られる主な桜はシダレザクラ・ヤエシダレザクラ・ヤマザクラ・ソメイヨシノ、毎年の開花予想は3月下旬頃から4月上旬頃となっています。京都府京都市の東山区に位置する「円山公園」は夜桜が美しいと評判の桜名所となっています。ライトアップの時間は開花時期に合わせて日没から日を挟んで1時頃まで。

基本情報

読み方 まるやまこうえん
住所 京都府京都市東山区円山町
電話番号 075-561-1350/公益財団法人 京都市都市緑化協会
公式サイト
例年の見頃 3月下旬~4月上旬
桜の本数 680本
主な桜の種類 シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤエシダレザクラ、ヤマザクラ
桜の名所100選
桜まつり
夜桜・照明
入場料 無料
駐車場
アクセス 京阪祇園四条駅→徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●春の京都はどこを見渡しても桜で一色、日本で一番お花見をするのに適した場所だと思います。私は毎年春になると桜を観に1人で京都へいきます。京都の桜はどれも素晴らしい美しさですが、その中でも、円山公園の桜は私の一番のお気に入りです。公園内には茶店が点在していますので、そこでお弁当を購入し、ベンチに座って桜を見ながらお昼ご飯を食べるのが毎年恒例です。人気スポットなので、大人数で利用する際には、早めに場所取りをしておくことをオススメします。そうしないとすぐに埋まってしまうので端っこの方に追いやられてしまいます。円山公園には約680本もの桜が植樹されています。その中でも一際目立つ樹齢80年のしだれ桜は、存在感たっぷりです。夜にはライトアップされるようなのですが、私はお昼間しか行ったことがありません。天気の良い日は青空の下、風に揺られながら咲き誇る姿は京都らしい風情を感じさせます。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●与謝野晶子の「清水へ 祇園をよぎる 桜月夜こよひ逢ふ人 みな美しき」という歌を知ってから、一度はこの歌で歌われている円山公園の夜桜を見たいと思ってきました。それを今年、実現させました。とても素晴らしかったです。

時間もあったので、私は日中も行き、夜も行きました。日中の様子が分かるから、夜の様子が素晴らしく見えたのかなとも思うので、日中も見て、夜も行かれることをお勧めします。日中は周囲の方の顔がよりはっきり見えるので、外国人の方の多さに驚きました。与謝野晶子が見ていた風景とは違うだろうなと思いつつも、新鮮でした。

ちなみに、桜の時期などは特別拝観料をとるところが多い京都において、こちらは日中も、夜も、無料です。旅行中は何かとお金がかかるので、それもまた嬉しかったです。

50代男性

●●京都にはたくさんの花見スポットがありますが、その中でも特に有名な場所が円山公園です。円山公園にはこれまで何度か花見に行きました。円山公園は京都のターミナル、四条河原町から歩いてでも行ける場所にあるため、桜のシーズンになると、とてもたくさんの観光客が押し寄せてきます。外国人の人も多く、国際的な雰囲気も漂っています。公園のスペースは広いのですが、桜の季節は大混雑しています。円山公園の名物はしだれ桜で、独特の美しさがあります。普通の桜よりもやや開花時期が遅くなるので、行くときは桜情報をしっかり調べてから出発するようにしています。園内には売店もたくさんあって、別に花見だからといって買い込んで行かなくても大丈夫です。また、円山公園の隣の八坂神社の前にはコンビニもあるので、こちらでお菓子などを買ってから、丸山公園で花見をしたこともありました。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ