京都・嵐山花灯路

京都・嵐山花灯路は12月中旬に行われるイルミネーションイベントです。嵐山と嵯峨エリアにて開催されています。イルミネーションというとクリスマスや西洋のイメージがありますが、こちらは完全に和の雰囲気を持っていて、他のイルミネーションイベントとはまた異なる景観を楽しむことができます。

基本情報

イベント名 京都・嵐山花灯路
読み方 きょうと・あらしやまはなとうろう
住所 京都府京都市
電話番号 075-212-8173
公式サイト こちら
開催時期 12月中旬
点灯時間 17時~20時30分
電球の数 LED2500基ほか
クリスマスツリー
入場料 無料
駐車場
アクセス 阪急電鉄嵐山駅またはJR嵯峨嵐山駅から徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●私が京都の嵐山でやっている花灯路に行ったのは3年ほど前になります。当時お付き合いしていた彼女と一緒に行きました。全く計画せずに行ったので、道に迷い、駐車場もほとんど空いてなくて、初っ端から苦労しました。もし行く場合は事前に下調べをしてから行くべきだと思いました。花灯路の場所の駐車場に着いたら、ライトアップはすぐ目の前にしており、渡月橋と後ろの山裾がすごくきれいでした。和とイルミネーションが良い感じに組み合わさっていて、渡月橋はすごく幻想的に見えました。その近くで食事をしながら見れる場所があったので、私たちはそこで食事をしました。その店は湯葉を扱うお店で、湯葉料理を食べながらのライトアップを見るのは最高ですのでオススメです。またそこから近くの竹林もライトアアップしていて、ここも幻想的でした。難点を言うとすれば、あまりに綺麗すぎてずっと上ばかりみるので首が痛くなるということです。最近は行けてないので今年は絶対に行こうと思います。

20代女性

●●京都・嵐山花灯路は、阪急梅田駅で熱心に広告をしているため、何年も前から気になっていました。ちょっとしたスペースに、京都らしい灯りをいくつも並べていて、こんなに小さな空間でここまで美しいんだから、実物はもっと凄いんだろうなと思いつつ、なかなか行けていなかったのですが、去年やっと行ってきました。嵐山は梅田から1時間かからずに行けるので、毎年何度も行くのですが、桜や紅葉など、季節の見どころがたくさんあって、冬はその合間になってしまっていました。想像通り、風が強くて、寒かったのですが、温かい抹茶やゆずティ、お汁粉等、他の季節に置いていない商品を揃えている店が多く、新鮮でした。灯りは、クリスマスというより、お正月の前祝いのような和風テイストで、京都らしい仕上がりです。ただし、ご飯屋さんは早く閉まってしまうので、晩御飯を食べてから行くのがおすすめです。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●嵐山の花灯路は、東山の花灯路に比べて比較的空いているような印象でした。やはり、アクセスの問題もあるのかなと思います。比較的空いているとは言っても、短期間なため、その期間に人が集中します。特に竹林を通っている時は、多くの人たちとかたまりながら進んで行きます。日ごろは、お寺や庭園など、17時に閉館するので、遅い時間まで滞在することは少ないと思います。なので、ライトアップの期間はいつもと違う一面が見られます。東山花灯路とは違って、竹林など自然を生かしたものになっているような印象でした。やはり、日ごろと違う一面を見られるの貴重ですし、心に残ります。行ってみてよかったと思えました。しかし、12月なので寒さには勝つことができません。なので、しっかり防寒対策をして行かれると、ライトアップに神経を集中することができると思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●イルミネーションと言えば街路樹などにLED電球などを巻き付けていたりして電飾されているなどのイメージを持たれている方が多いと思いますが、こちらは全く異なるイルミネーションです。名前の通り、道沿いに灯籠をイメージした電飾が置かれており街が明る過ぎない程度にイルミネーションされています。ですからキラキラとした華やかなイメージのイルミネーションではなく、京都や嵐山の街を上品に電飾されていて、普段以上に街全体が風情ある雰囲気に仕上がっていると感じました。きっと誰しもが今まで見たことのないようなイルミネーションなので是非友人などにも勧めたいとも思いました。場所柄坂や細い道も多いので車イスやベビーカーでは少し大変かと思いますが、落ち着いた大人のデートなどにはピッタリのイルミネーションです。夜に京都らしい散策をしたい方やイルミネーションを見たい方にはお勧めです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ