嵐山

更新日:2018年12月7日

京都と言えば「嵐山」!観光場所としても人気の高い嵐山では毎年11月中旬頃から12月上旬頃にかけてカエデやヤマザクラが周辺を染め上げる姿を堪能することができます。標高は主に375m、カップルでボートに乗り、水面に映る紅葉を楽しむのもオススメ。11月上旬頃には「嵐山もみじ祭り」も開催予定となっています。

基本情報

読み方 あらしやま
住所 京都府京都市右京区嵐山
電話番号 075-861-0012/嵐山保勝会
公式サイト
例年の見頃 11月中旬~12月上旬
開園時間 自由散策
紅葉樹の種類 ヤマザクラ、カエデ
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 無料
温泉
駐車場
アクセス 阪急嵐山駅→徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●関西には紅葉の名所が多々ありますが、多くの人が最初に思い浮かぶのは京都の嵐山の紅葉だと思います。JRの京都駅からも各駅停車で15分ほどで行くことができるため、アクセスはとても便利です。大阪梅田からも、乗り換え無しの電車が走ることもあります。紅葉は、嵐山のシンボルである渡月橋から見ると、とっても綺麗です。橋から見るもよし、紅葉を背景にして渡月橋の写真を撮るのもまたよし。いろいろな楽しみ方ができて面白いですよ。橋の近くの河川敷にちょっと座りながら、まったりとゆるやかな川のせせらぎの音を聞きながら紅葉を楽しむのがもっとも贅沢な瞬間だと、私は思います。嵐山は基本的に年中賑わっている一大観光地であるため、グルメもたくさんあります。紅葉のお供には、草団子なんかが似合いそうですが、紅葉の時期は寒いと思うので、渡月橋のほとりにある売店のほくほくの豚まんを片手に楽しむのも良いと思います。

30代女性

●●嵐山で見る紅葉は最高です。まずは渡月橋から見渡せる嵐山の風景が格別です。桂川の水の流れも美しく、その背景の山の紅葉の美しさは語り尽くせないほどです。美しい赤、橙色、黄色は見ていると本当に心が洗われます。木造で趣のある渡月橋と一緒に嵐山の紅葉を写真で取ると秋をとっても満喫した気持ちになれます。また、嵐山を代表する名庭園が天龍寺もまた素敵です。境内から見る庭園の紅葉はまるで一枚の絵画のようです。庭園を歩くと紅葉がはらりと落ちる姿が素敵です。庭園は広く、歩いて行ると写真の中を歩いているような不思議な気持ちになります。庭園の池に映る紅葉の姿もまた格別です。二尊院には紅葉のトンネルがあります!門から本堂へと向かう長い道のりの中紅葉のトンネルをくぐれば別世界です。約200メートルを歩く中で紅葉が散り、赤い絨毯になっている姿もまた素晴らしいです。

40代男性

●●紅葉の名所は、京都府にたくさんあります。京都府は、山が多く、また、世界的な寺院も多いためです。それだけではありません。寒暖の差が大きい場所であり、美しい紅葉になりやすいという特徴もあります。数ある京都の紅葉名所の中でも最も人気のあるのが、嵐山です。紅葉シーズンになると、駐車場まで1,2時間待ちといった事も珍しくありません。渋滞から見える嵐山は、とても綺麗であり、また違った美しさを味わえます。勿論、駐車場に着き徒歩で散策しながら、間近で紅葉を楽しむのもとても綺麗ですけどね。ただ残念なのは、やはり、人が多すぎることです。一度行きましたが、大渋滞と人の多さから、嵐山には、紅葉シーズンに訪れていません。もし再び嵐山に紅葉シーズン訪れるなら、平日を選ぶことでしょう。土日祝日は、本当に人が多いため、せっかくの紅葉も少し楽しめませんでした。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●嵐山へ以前、紅葉見物に訪れたことがあります。その時の美しさは忘れられないものでした。嵐山は山全体の紅葉の色づき方が絶妙で、あのような美しさの山はあまりないのでは、と思いました。渡月橋の周辺の公園のあたりから眺める嵐山がとても美しいです。しかし、このあたりは世界中から観光客が押し寄せてくるので、もの凄く混雑していました。特に紅葉の季節は、都会の繁華街とあまり変わらないくらい人がいます。ここから嵯峨野方面まで足を伸ばせば、さらに紅葉のスポットがたくさんあります。嵐山の紅葉を見ながら、我々はざるそばを食べることにしました。結構いい値段がしましたが、京都で何か食べるとなるとそばや豆腐が合っているような気がして、そういうものを頼むことが多いです。そして、お土産屋さんが立ち並ぶエリアで土産物を色々と見て回り、漬物などを買った後、帰宅の途につきました。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ