源光庵

更新日:2018年12月7日

これぞ京都の秋!紅葉スポットを巡るなら京都がピッタリです。京都府京都市北区自慢の紅葉スポットの1つ「源光庵」では、思わずカメラに収めたくなるような美しいモミジの姿を堪能する事ができます。迷いの窓や悟りの窓より望むモミジや庭園は圧巻の一言。マイカーで来場することはできませんのでご注意を。

基本情報

読み方 げんこうあん
住所 京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
電話番号 075-492-1858
公式サイト
例年の見頃 11月中旬~下旬
開園時間 9~17時
紅葉樹の種類 モミジ
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 拝観400円
温泉
駐車場
アクセス 京都市バス北1系統「鷹峯源光庵前」バス停から徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●京都の紅葉の時期は洛中はたいへん混雑するので、洛北の源光庵で紅葉を観賞しました。京都から市バスで一本で行くことができます。やや時間はかかりましたが、車窓の景色が楽しかったです。こちらは丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」が有名で、それぞれの窓から紅葉を観賞することができます。四角は人間の生涯を、丸は大宇宙を表しているのだそうです。それぞれの窓の前に座って静かに眺めていると、禅の教えを感じることができました。ふたつの窓と同じくらい有名なのが、本堂の血天井です。「伏見城の戦い」で徳川家康の家臣だった鳥居元忠一派が討死した痕跡が残る床板が、供養のために天井におさめられています。少し生々しくて私は怖い気がしましたが、歴史好きな夫は興味深かったようです。こじんまりとした佇まいのお寺ですが、見どころが多く、是非また訪れたいと思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●源光庵は京都盆地の北西の隅っこにある、隠れ家的なお寺です。紅葉の名所と言えば、「全山紅葉」的なパノラマチックで大風景の場所が多いですが、源光庵はその真逆で、こじんまりとした箱庭的紅葉が楽しめる、私の一番好きなお寺です。お堂の座敷にある悟りの窓(丸窓)と迷いの窓(四角窓)から見える一服の絵の様な紅葉が有名なのですが、私がお勧めするのは、紅・緑・白の見事なコントラストです。これらの窓から見えるのは、立派なもみじの木と対になる様に植えられている山茶花の木です。もみじの葉が美しい紅色に輝く時期、常緑樹である山茶花は濃い緑の葉の中に真っ白な花を咲かせます。紅葉の紅、山茶花の葉の緑と花の白。自然が作り出す、人には真似の出来ないこの見事な色彩の競演を是非ご覧い頂きたいのです。参拝者が少ない時には、私は座敷に座り込んで心行く迄その美しさを堪能します。そして紅葉と山茶花の樹間から見える遠景はお手本の様な借景で、そう広くないお庭が雄大な景色の一部となっています。有名な「血塗りの天井」は修学旅行の中学生にも人気なので、お子さん連れでも皆さんで楽しめます。因みに以前は狸の親子が庭にご飯を貰いにやって来ていたそうですが、今はどうなんでしょう?

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ