祇王寺

更新日:2018年12月7日

もう「祇王寺」の紅葉を観賞しましたか?京都府京都市の右京区の中でも人気のある紅葉スポットとなっています。祇王寺をゆっくりと染めるようにカエデなどの紅葉が色づく姿は必見!毎年の観賞シーズンは11月下旬頃から12月上旬頃、満開時期も美しいですが、散る時期の寂しげな景色も風情があります。

基本情報

読み方 ぎおうじ
住所 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
電話番号 075-861-3574
公式サイト こちら
例年の見頃 11月下旬~12月上旬
開園時間 9時~16時30分
紅葉樹の種類 カエデ
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 拝観300円
温泉
駐車場
アクセス JR嵯峨嵐山駅→徒歩25分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●祇王寺は嵐山の奥まった山の裾にある小さなお寺です。ここが京都市内?と疑ってしまう程の山奥の風情で、800年以上昔ではほとんど人も通わない様な山中だっただろうと想像できます。まだ年若い祇王・妓女と仏御前が世を捨て、こんな人里離れた寂しい所に隠棲した本当の訳は知る由もありませんが、彼女達の傷心の深さだけは解る様な気がしました。山の木立と竹藪の濃い緑に抱かれたこじんまりとしたお庭に立つもみじの木は、その見事な紅色を主張し過ぎずまた負けもしない程度に、周囲の緑との素晴らしい調和を楽しませてくれます。良く晴れた秋の日中、林の中の陽だまりの温かさを感じさせる紅葉と苔のお庭には騒がしい夏が終わった後の落ち着いた明るさがあり、その心地良い静けさこそが、世の天上界で繰り広げられた醜く激しい争いに疲れた彼女達が求めたものではないかと、私は感じました。忙しい生活に追われて疲れた心から、こびり付いた汚れの瘡蓋が剥がれ落ちる気持ち良さに浸れる祇王寺の紅葉でした。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ