風俗博物館

更新日:2018年12月7日

こちらでは「源氏物語」の世界を模型や人形で再現されており、この「源氏物語」の世界から、平安時代に関する学習をすることができます。実物大展示室では、実際に当時の着物などを試着できる体験型の学習をすることができ、大変人気です。また、時期によって特別転移が成されていることもあるので、とても興味深いです。

基本情報

読み方 ふうぞくはくぶつかん
住所 京都府京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
電話番号 075-342-5345
公式サイト こちら
営業時間 9時~17時
休館日 日曜日・祝日・お盆期間
6月1日~6月30日
12月1日~1月6日
入館料 大人500円 中高大生300円 小学生200円
年間パス
駐車場
アクセス 地下鉄烏丸線「五条駅」から徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●この風俗博物館、名前は風俗博物館となっていますが、実態は源氏物語博物館です。展示のほぼすべてが源氏物語に関することです。ですのでまず源氏物語を多少なりとも理解してから行くことをお勧めいたします。この博物館では、源氏物語の色々なシーンが人形と家や調度品などで再現されています。源氏物語の主人公である光源氏の邸宅もあります。他にも人形が家の中で囲碁をしてたりすごろくをしてたりしています。源氏物語は平安時代の物語なのですが、その平安時代をよく再現していると思います。人形は小さいミニチュアなのに、非常にこまごまとしたところまで再現されているのです。この人形や家屋敷を作った人の苦労が忍ばれます。結論として、この風俗博物館は京都に来たなら見ておくべき観光スポットのひとつです。ただ、源氏物語を知らないと面白さは半減します。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ