京都市青少年科学センター

更新日:2018年12月7日

身近にある科学の不思議を楽しく学べる施設。充実した展示物の中には、ティラノサウルスの動く復元模型などもあり、その迫力に圧倒されます。また館内にあるプラネタリウムでは、一般向け番組、幼児向け番組、団体向け番組を上映。

特に一般向けのオリジナル番組は、生解説と共に最新の天文情報や季節の星座を楽しめるのでオススメ。

基本情報

読み方 きょうとしせいしょうねんかがくせんたー
住所 京都府京都市伏見区深草池ノ内町13
電話番号 075-642-1601
公式サイト こちら
ドーム径 16メートル
座席数 / 形 225席 / 馬蹄形
機材・機種 コニカミノルタ INFINIUMγ
投影日時 月曜日:13時~・15時45分~
火水金:15時45分~
歩日祝春夏冬休み:11時~・13時~・14時25分~・15時45分~
観覧料 一般500円 中高生200円 小学生100円
※別途入館料(一般500円 中高生200円 小学生100円)が必要
駐車場 30台
アクセス 藤森駅より徒歩6分
竹田駅より徒歩15分
「青少年科学センター前」バス停より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●いろいろな科学の勉強が出来る京都市青少年科学センターですが、その中にあるプラネタリウムもなかなかのものです。私の弟がまだ小さかった頃に家族で訪れたことがあるのですが、子どもでも分かりやすくユニークなプログラムだったので、全員で楽しむことが出来ました。弟は退屈で眠ってしまうのではないかと心配だったのですが、そんなことはまったくなく、むしろこのプラネタリウムをきっかけに宇宙に興味・関心をもったようです。そこまで大規模なプラネタリウムではないのですが、座席の座り心地もよく、落ち着いた気分で星空を眺められるいい施設でした。もう少し平日の投影回数が多ければ、誰でも気軽に楽しみやすくていいのではないかと思います。

30代男性

●●私は小学生の頃に京都青少年科学センターに行きました。そこは恐竜等が展示されてあり、それを実際に見たり触れたりして勉強しました。科学センターにはプラネタリウムもあり、プラネタリウムを見た事がなかったのですごく興奮したのを覚えています。普段星空を見てもあまり星を見る事が出来ないので、大量の星を見た時は本当にビックリしました。他の友達もおそらくプラネタリュウムに行ったのは初めての子が多かったと思うのですが、だんだん暗くなっていって、星の説明が始まると一斉に静かになってみんな説明に聞き入っていました。私も普段の授業ではあまり興味を示さなかったのですが、プラネタリュウムの説明は真剣に聞いていました。その後プラネタリュウムに一時期ハマって、両親にも何回か連れて行ってもらいました。勉強も星のお話は真剣に聞いたし、星の本も買ってもらいました。大人になってから一度姉の子供と一緒に行きましたが、施設は当時とほとんど変わらず、大人でありながらとても楽しめました。自宅からは大量の星空を見る事が出来ないので、こういった施設を利用するのはとても良い事だと思います。プラネタリウムの影響で、今でも星を見るのは大好きです。

30代女性

●●私がプラネタリウムを訪れる目的は大抵、リラックスして眠る為だったりするのですが「京都市青少年科学センター」にあるプラネタリウムでは良い意味で期待を裏切られました。こちらの公式サイトによると一般投影の解説者の方は4名いらっしゃるそうですが、私は関西らしいとても面白い解説をする方にあたり、楽しい時間が過ごす事ができました。星空の解説から始まり、オリジナル番組(こちらも生解説)とあわせて45分のプログラムでした。見学者やその場の雰囲気にあわせて解説はアレンジして下さるそうです。ハイテクを駆使したプラネタリウムも素晴らしいですが、私はこちらのような、生解説の親しみやすい温かみのあるプラネタリウムが好きです。かといって施設自体のクオリティが低いわけではなく、大迫力の星空、素晴らしい音楽、そして思わず引き込まれる面白い解説と、見終わった後は余韻からなかなか抜け出す事ができませんでした。プログラムの初めに京都の夜空が映し出されるのですが、街の明かりで星はあまり見えません。そこで街の明かりを全て消してしまうのですが、その瞬間にあまりに多くの星が瞬くので鳥肌がたちました。実際、京都市内で星空をきれいに見る事は難しいですが、こちらでプラネタリウムを見て以来、見えない星々まで見えるような気がして、自分が住んでいる街の空がかけがえのないものだと感じるようになりました。お子様から大人まで、様々な年代の方が楽しめると思います。また近いうちに訪れたいです。

40代男性

●●いまからもう30年ほど前のことになりますが、私が小学生だった時に社会見学で、京都市青少年科学センターに行きました。行くまではそこに展示されている動く恐竜の模型がとても楽しみでしたが、実際に行ってみてそこのプラネタリウムで見た夜空の美しさが一番印象に残りました。そのプラネタリウムに先日、久しぶりに行きました。小学生の娘が理科の時間に月や星のことを習い、宇宙に興味を示したので妻と三人で行くことにしたのです。ここでは、録音された解説を流すだけではなく、投影された星を見ながら専門家の生の解説を楽しむことが出来ます。娘も妻も、そしてもちろん私も興味津々で楽しむことが出来ました。ちょうど、私たちが行った時期によく観察することが出来る流星群についての解説もあり、宇宙をより一層、身近に感じることが出来ました。季節ごとにいろいろな番組があるようですので、時期を変えてまた、家族で行きたいです。

●●私が小学生の時、両親によく連れていってもらっていました。科学館なので、いろいろな展示物や実験があり、一日中遊べば自然に理科に興味がわきます。プラネタリウムは入場料とは別料金ですが、入場料、プラネタリウムともに、料金は高くありません。普段プラネタリウムは、一般用、幼児でも楽しめる子供用の2つのパターンが上映されています。一般用も小学生でも充分楽しめます。料金も高くないので、1日で2つのパターンを楽しむことも出来ます。私の子どもたちも全員小学生になり、科学センターによく連れていきます。実験や工作、昆虫館の見学など、イベントの時間を確かめながら、プラネタリウムの予約をとり、開館から閉館まで遊ばせます。子どもたちも科学センターが大好きで、休日が雨だったりすると必ず科学センターに連れて行って欲しいと言います。1日中遊んでも遊び足りないのですが、科学センターでは食堂等、食べ物は売っていません。食事を食べるスペースはあるので、お弁当持参で行くのもいいでしょう。お弁当を作るのが面倒ならば、科学センターの近くには食事のできるお店は沢山あります。再入場も可能なので、お昼は近くのお店で食べるのもいいでしょう。

40代女性

●●京都市青少年科学センターは、京都府京都市にあります。京都市でも伏見区と言って、大阪府に近いところです。大阪の京橋から、京都の祇園に向けて走っている京阪電車で藤森という駅で下車します。高速道路づたいにこの京都市青少年科学センターがあるのです。お隣は、藤森中学校です。この科学センターには、京都市の小学生や中学生が、たくさん見学実験できるのです。その中で、プラネタリウムもみることができます。20分程度です。北極星など、星の勉強を始めたばかりの子供にもわかるような説明があります。料金も小学生、中学生は安いです。駐車場は有料です。このプラネタリウムは別料金です。京都市内中心部から近いというアクセスの良さもあり、人では多いです。近くには、スーパーマーケットもあり、少しの時間だけなら、お買い物をして、そこに車を駐車しておいてもいいでしょう。

50代男性

●●私のお気に入りのプラネタリウムは、京都市青少年科学センターのプラネタリウムです。もう数年前のことになりますが、私の娘が小学生だった時に社会科見学で訪れてとても気に入ったようでしたので、その後、家族で出掛けて私もとりこになりました。もちろんプラネタリウム以外にも十分楽しめるのですが、ここのプラネタリウムは私がこれまでに見た中で圧倒的に興味深く、眠気に襲われることなく満喫することが出来ました。なぜなら、ここでは録音された解説の音声が流されるのではなく、天井に映し出される星や星座を見ながら、解説員の方が生で説明を聞かせてくださるからです。ユーモアに溢れたその解説は、好奇心をかきたて興味を引きつけたままにするのに十分でした。今では中学生になった娘もここのプラネタリウムで宇宙に興味を持つようになり、今でも家族で時折出かけては、星や星座の興味深い話しに耳を傾けています。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ