奈良国立博物館

更新日:2018年12月7日

こちらの博物館は、なんと創立110年以上が経つ由緒正しき博物館で、奈良公園に位置しています。こちらに収蔵されているものは、主に仏教に関わる美術品や考古遺品などで、貴重な品々を余すところなく見ることができます。収蔵品は、なんと約3800点に達しており、長い歴史がある素晴らしい博物館です。

基本情報

読み方 ならこくりつはくぶつかん
住所 奈良県奈良市登大路町50番地
電話番号 050-5542-8600
公式サイト こちら
営業時間 9時30分~17時
※4月の最後の金曜日~10月の最後の金曜日の毎週金曜日は19時まで開館
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
1月1日
入館料 大人520円 大学生260円 高校生以下無料
年間パス
駐車場
アクセス 近鉄奈良駅から登大路町を東へ徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●奈良国立博物館は、アクセスがしやすいだけでなくて、東大寺や春日大社からも比較的近い場所にあって、他の観光名所とセットで行きやすいです。建物は、主に東西に別れた新館となら仏像館の二つに別れています。有名な「正倉院展」は新館で行われます。「正倉院展」は、いつも行列ができて込むので、行く日にちと時間は考えたほうがいいですが、毎年出品されるものが変わるので、毎回違う宝物が見れるのが魅力です。新館は、外観は特別オシャレとは思いませんが、水鏡になっていてライトアップされると綺麗です。「一方で、なら仏像館の方は、仏像を数多く展示されているだけでなくて、重要文化財に指定されている洋風の重厚な建物です。また、この博物館は、中庭に八窓庵(はっそうあん)という庭園があって非常に美しいです。その他、外からはわかりづらいですが、地下に巨大なスペースがあって写真の展示や、カフェもあってここも魅力的な空間になっています。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●奈良国立博物館は、毎年10月に行われる正倉院展が、とても魅力的です。正倉院展は、毎年行われていて、小学校・中学校の教科書に乗っている文化財が実際みることができます。実際に現物を見ると感動します。ぜひ見にってほしいです。しかし、休日になると大変混み合うので、できれば平日か、休日なら早めにいくのが最適だと思います。また、奈良公園内にあり、近鉄奈良駅からは、バスがありますが、できれば歩いていってもらいたいです。奈良公園の雰囲気を味わいながら、奈良国立博物館に行くと、より風情があっていいと思います。また、歩くと20分くらいかかります。近所には、大仏殿・興福寺・猿沢池等があり、一緒に見てまわるといいですよ。鹿もいて、鹿を見ながらいくことでより奈良らしさを味わえることができると思います。奈良国立博物館周辺も、公園がきれいに整備されてとてもいいところです。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●奈良国立博物館は由緒ある博物館です。収蔵物が多いので、旧館のレトロな感じの建物には常時仏像が展示されています。展示物の仏像保護のためか、館内は薄暗いです。その薄暗い館内で控え目なライトが仏像たちに当たると、威厳のあるものは、どきりとするぐらいの迫力で迫ってきます。そして、小さな小さな仏像はとても愛らしく話しかけてくるようです。新館の方では、色々な催しをしていますが、なんと言っても有名なのが「正倉院展」です。正倉院に納められた聖武天皇などのゆかりの品が点検を兼ねて毎年異なる品を展示するというものです。現代においてはもう、つくるには困難であろうと思われるあまりにも素晴らしい作品が展示されるということで、日本全国からファンの方がお越しになります。ので、当然入館前からかなりの人が、並びます。旧館と新館は地下で繋がっていて、その間にレストランと博物館のお土産物や奈良の歴史書や仏像等に関する書籍を販売するお店があります。ここには、博物館利用者以外の人も入れるように別に入り口があります。ちょっとした奈良の香りがするプレゼントを買うためだけに利用することもあります。嬉しいことにレストランの横には、ゆったりとしたひとり掛けの椅子が多くありテーブルもあるので、旧館から新館への移動または新館から旧館への移動時に休憩できるので奈良国立博物館は観て・買い物・食事・休憩ができる1日かけてゆっくりできる大好きな博物館です。

ページの先頭へ