造幣局 本局

更新日:2018年12月7日

造幣局は、日本で流通しているコインのお金を製造している場所です。工場見学では、造幣局に関する説明や映像を視聴したのちに、実際に貨幣を製造している工場をガラス越しに見学することができる内容となっています。また、これまでの貨幣の歴史などを学ぶことができる造幣博物館を併設されているので、お金について詳しくなれます。

基本情報

読み方 ぞうへいきょく ほんきょく
住所 大阪府大阪市北区天満1-1-79
電話番号 06-6351-6150
公式サイト こちら
見学内容 貨幣工場
見学料金 無料
見学可能日時 平日:9時~、10時~、10時30分~、13時~、13時30分~、14時30分~
見学可能人数 1~100人
対象年齢 特になし
予約方法 電話
お土産 要問い合わせ
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 90分(60分に短縮することも可能)
駐車場 ×
アクセス 【電車】大阪城北詰駅より徒歩10分
桜ノ宮駅・大阪天満宮駅・南森町駅・天満橋駅・京橋駅より徒歩15分
【バス】大阪市営バスまたは近鉄バス「桜の宮橋」より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●旦那さんの平日の代休に一緒に行きました。やや天候が悪かったせいか待ち時間もなく館内をゆったりと回ることが出来ました。無料で見られるとのことだったので、あまり期待できないかなと思いながら行きましたが、お金の作り方や世界各国さまざまな時代の珍しいお金やコインがきれいなショーケースにたくさん陳列されていて、それらは宝石のように美しく圧巻でした。コイン収集に興味のない人でも、おそらく思わず見入ってしまうほどの景観です。館内には、コインの説明をしてくださる方もいて、コインの魅力をより深く楽しく学ぶことも出来ました。子供が楽しめるような仕組みもありますが、大人も満足できる施設です。見たこともないようなコインや懐かしいコインを眺めていると美術館に行ったような感覚になります。ショーケースの配置も工夫されているようで、見て回るのに時間をかけたくなるような素晴らしい施設でした。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●子ども会で大阪の造幣局に見学に行きました。無料だからか、予約がいっぱいでなかなか取りずらかったです。駅から子どもでも歩ける距離なのでその日はあいにく雨でしたがなんとか行けました。帰る時間の都合でビデオは見ないコースにしました。ずっと女性の方が説明しながら回ってくださいました。遠くて見えないところは、モニターで見れるようになっていました。最近では外国のお金を作っているそうです。カードの普及で一円玉や五円玉が使われなくなり、昨年は記念コインの中に入っている一円と五円だけ生産しただけだそうで、もし、見つけたら貴重なので置いといた方がいいよと教えてくださいました。国民栄誉賞の盾や日本で行われているオリンピックのメダルも造幣局で作られていて、子ども達も興味津々でした。フアイルを1枚ずついただきました。昔のお金も展示されていて懐かしかったです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●職場から造幣局の見学へ行きました。普段からお金を扱っている仕事をしているので、お金ができる工程を見学できることは興味深かったです。お金も工場で作るんだという新鮮な気持ちになりました。そういえば、さびて数字がわからないくらいボロボロになったお金は見かけることはほとんどありません。流通しているお金はどんどん新しいものに交換していることが感じられました。工場見学では、コインを製造している工程を見学できるだけでなく、映像でもいろいろ説明が行われました。質問時間もあり、お金が好きな方は勉強になると思います。身近なお金の歴史についても勉強ができました。そして、無料で見学できるのですごくお得に感じました。偽物が作られないように工場では、精密に作られています。お金について、詳しく勉強が出て来てよかったです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ