大阪市中央卸売市場本場

更新日:2018年12月7日

中央卸売市場本場の見学では、最初に研修室にて解説や注意事項などを確認するガイダンスから始まります。その後果実や野菜の卸売場で「せり」を見学したり、全国から集まってきた野菜や果物が並べられている様子を見学したりします。本場の見学の後は関連等に展示されてある展示物を見て、質疑応答の時間をもって見学コースは終了となります。盛りだくさんの内容なので、市場について詳しく学ぶことができます。

基本情報

読み方 おおさかしちゅうおうおろしうりしじょうほんじょう
住所 大阪府大阪市福島区野田1-1-86
電話番号 06-6469-7955
公式サイト こちら
見学内容 市場の仕組みや競りの様子など
見学料金 無料
見学可能日時 月~土:8時以降
見学可能人数 5~50人
対象年齢 特になし
予約方法 電話・インターネット
お土産 要問い合わせ
写真撮影 可能
所要時間の目安 45分
駐車場
アクセス 【電車】大阪市営地下鉄千日前線玉川駅またはJR西日本大阪環状線野田駅または京阪電鉄中之島線中之島駅より徒歩12分
【車】阪神高速神戸線中之島西出入口よりすぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●市場という場所がどのような場所なのか、知識としては知っていました。でも、初めてその場に行ったらもっと深くしかも楽しく知ることができました。9時始まりの社会見学でったので、ほとんどのせりは終わっていました。でも、果物のせりの本当に最後の部分だけを見ることができました。しかも、せりの席に実際に座らせてもらい、せりでどんなことが行われているのかということ、商品の入った段ボールに書かれている言葉の意味や果物のランクについての話を聞かせてもらいました。そのうえ、お土産に最高級の梨を一人一つずついただきました。果物のせり場の後は、せりの終わった野菜や魚などが大量に積み上げられているところを回り、これが最終的にわたしたちの食卓にやってくるのか・・・と感慨深くなりました。野菜でも魚でもスーパーなどに並んでいるものよりも新鮮で安くその場で買うことができます。無料で試食もさせてくれます。楽しいことおいしいものがたくさんあって、ぜひ行ってもらいたいと思いますが、ここに行くべきだと思う最大の理由は「捨てるものの多さ」を実際に見てほしいからです。ここでは、スーパーに並ぶ前に捨てられる大量の廃棄物がたくさん見ることができます。それをぜひ見てもらいたいです。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●子どものころの社会科見学も面白いものですけれども、大人になってからの社会科見学もなかなか面白いものですよね。私の場合、機会を見つけては社会科見学を行っているんですけれども、観光客として参加するのはもちろんのこと、その土地に住んでいる人にとってもなかなか面白いのでは?と感じた社会科見学について、簡単に紹介しますね。それは、大阪市中央卸売市場本場です。私たちはいつもスーパーマーケットで食料品などを何気なく購入していますが、どのようにして食料品などが入って来て、店頭に並んでいるのかといった物流のことは、本来であれば身近なことのはずなのによくは知りませんよね。大阪市中央卸売市場本場に行くと、そういったことも説明してもらえるので、とても勉強になります。競りの様子もなかなか面白かったです。話には聞いたことがあったんですが、実際に見てみると、その迫力に圧倒されます。大阪市中央卸売市場本場の中は迷ってしまいそうなぐらい広くて、なじみのある食料品もあれば、普通はなかなかお目にかかれないような珍しい商品もあるんですが、そういったお店でお店の人にいろいろと教えてもらいながら直接購入することもできますので、ちょっとお得な社会科見学とも言えるかもしれません。私もいろいろとついつい買ってしまったので、帰りは大荷物になってしまいましたよ。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ